2012年7月22日日曜日

有難うございました。

長い間、お世話になりました。明日、日本に帰ります。カシラはサイパンに残ります。今後ともオーシャンクラブを宜しくお願い致します。


個人的なお話ですが・・・サイパン20年。来た当初は何もない島でした。日本の食材も簡単には手に入らず、信号もなく、道も凸凹道。何もない島だったけど、心が満たされた島でもありました。

時間の経過と共に日本食材も簡単に手に入るようになり、道も舗装され、信号も付き、不自由なものはないけど満たされるものが少なくなりました。

今、振り返ってみると・・・私個人的には20年前の素朴なサイパンが好きです。92年11月に段ボール箱4つとスーツケース一緒に花の甘い香りがする空港に到着したのは午後6時30分。既に辺りは夜で、ネオンのない静かな島が寂しく感じました。翌朝、鶏の声に飛び起きて・・・リビングに出ると眩しいぐらいの陽の光が部屋に射しこんで、台所の窓から遠くに真っ青な海が見えました。これから始まるサイパンの生活にワクワクしました。

でも現実は厳しい事も多くありました。予告無しで突然停電。何かの修理を依頼しても業者が来ない。(アイランドタイムだそうです)断水。台風時の恐ろしさ・・・今となっては鍛えられたものとなりましたが。

サイパンに住む人達もいろんな人がいました。日本人の中でも、人生の一瞬を南のリゾート地で暮らしたい。遊び心満開で夜な夜な遊び、仕事中に居眠りする会社の後輩もいました。生活の為にとりあえずは仕事をするか!とゆう感覚で仕事をする人。仕事がしたくて来ました!と目を輝かせ、遊びは何処へ?と思うぐらい、真剣に仕事をしていた人。

私は仕事をして、休みはまったり過ごし「どんな国籍の人でも膝を抱えて泣いている人がいたら、大丈夫ですか?と声がかけられる人になりたい」と思って来ました。それは自分が苦しい時、親友がしてくれた事だったからです。彼女が教えてくれた優しさを、このサイパンで・・・

でも現実は私が膝を抱えて泣いている状況になり、大事なものを守ろうとすればするほど、自分が陥る環境になって、私は「パニック障害」を起こしました。全ては周囲にいた複雑な人間模様です。異常な世界でした。

自分を見失い、傷つけなくてもいい人を傷つけた。後悔があるのなら、それです。でも自分的には思い残す事のないサイパンの20年です。
例え結果がどんなものであろうとも・・・

総合的に今思えるのは、人に何かをして貰ったら「感謝を忘れず、ありがとう」だし、人に何かをしてしまったら「心の底から、ごめんなさい」
幼稚園以前から教わるものです。これは世界共通。お菓子を子供にあげた時、親は「有難うって言いなさい」と子供に言わせて教えます。
慣れ合った関係でもこれは同じ。「ありがとう」「ごめんなさい」これが崩れてしまうと人の心は崩れてしまう事。

大人になると雑音が入ってしまって、言う前に言い訳してしまう事が多くなる。でも素直に「ありがとう」「ごめんなさい」が言えたら・・・そう思いました。とっても単純な事。大事なものは傍にある。当たり前だと思っているソレが大事なものだったりします。私はそう思っています。

どうかソレを大事にして下さい。大切にして下さい。

それを守る為に闘う勇気も持って下さい。それは相手と闘う前に自分と闘う事だと・・・私はサイパンでそう思いました。

本当に皆様、長い間・・・有難うございました。いつかサイパンでお会いできる日を夢みています。

感謝・・・・

追伸:友人がこんな言葉をくれました。私はそれを掲げて日本に帰ります。

「義を見てせざるは勇なりきり」
正しい行いをする勇気。真の心の強さ・・・・・

                         串畑 芳子

4 件のコメント:

股旅 さんのコメント...

長い間サイパンで生活してきて、明日から日本での生活を再開するのですね。なんとも言葉が見つかりません。
女将さんの手料理、ほんとに美味しかったです。決め細やかに旅人をもてなしてくださり、安心してサイパンへ出掛けることが出来ていました。感謝の言葉でいっぱいです。
コガシラの将来を思い、以前から悩まれてましたよね。
とうとうこの時がきたのかと先日日記を読んで動揺しました。
また近いうちに逢えることを期待しています。
また一緒にダイヤモンド中華でお食事しましょう!

女将 さんのコメント...

お久しぶりです。股旅さん・・・
コメント有難うございます。こちらも感謝の気持ちでいっぱいです。

振り返れば、股旅さん二世も誕生し、女将は叔母になった気持ちでした。本当に長い間有難うございました。いろんな事が頭をグルグル周っています。

サイパン初の「北島ツアー」紅一点でしたよね。あれから各ショップさんも北島をされているようですが、本当はオーシャンクラブでそれでもって股旅さんが初メンバーの中にいらっしゃったんですよね。帰島された翌日、居酒屋で大宴会がありましたよね。私の誇りです。

あれから十数年・・長い月日が経ったように思えますが、港に到着されたみんなの達成感の笑顔を見たのはついこの間の事のように思えます。

必ずまた会いましょうね。ダイヤモンド中華へまた行きましょう。

本当に有難うございました。
怒涛の鋼牛さんにも宜しくお伝え下さい。え?鋼牛さんでしたよね?鷲?最後まで落ちる女将でした。

  感謝。

股旅 さんのコメント...

女将さん。。。

鋼の猛牛だって。。。

相変わらずで嬉しいです。どうぞそのままでいてください。

女将 さんのコメント...

やっぱり・・最後までやりましたね・・・
でもこのツッコミ久しぶりで嬉しいです。

オーシャンクラブの「ボケ&ツッコミ」またやりましょうね・・・

股旅さんも、どうぞそのままで・・・