2012年7月11日水曜日

焚き火塾

   
   近頃、日本では「焚き火」ができないんですよね。
昔はそこら中で焚き火をしていましたが・・わぁ~年代感じるな・・・
でも小さい頃は庭でゴミを燃やしたり、枯葉を燃やしたり、そんな家ばかりだった私の田舎。焚き火の中でおばあちゃんが投入する「さつまいも」
実は私、以前にもお話しましたが・・・この「さつまいも」が苦手なんです。小さい頃のオヤツはいつも「さつまいも」焚き火をしない日には蒸かしたさつまいも。おじいちゃんが焚き火をしていると、そこに投げ込まれた「焼き芋」その通りの「さつまいもづくし」

ある時は「焚き火」を恨んだ事もあります。これさえなければ・・・
台所のコンロにある蒸かし器を憎んだ事があります。これさえなければ・・

しかし、今となっては・・・「焼き芋」食べたい!と思う。だからお客様に聞いてみたんです。「今は焚き火はできないけど、車で焼き芋売りに来るんですか?」と・・「そう言えば、最近見ないなぁ~でもこの間、スーパーに焼き芋を作る機械があって、そこから買うってゆうのがあったよ」と、言われました。時の流れと共に消されてゆく昭和の良き時代・・・・

そんな事もあり、サイパン オーシャンクラブは「とことん遊びを追及しよう!」とダイビングもいろんな事をしてきました。大人が子供に返って遊ぶ事。トコトン遊ぶ事。それを見た子供達が「トコトン」とゆう事を身につけて欲しい。遊ぶ事もトコトンする。仕事もトコトンする。人生全て「トコトンで楽しもう!メリハリをつけよう!」と立派な課題を掲げ、たちあげた
「焚き火塾」実態はやはり「トコトン」で・・・「日本では出来ない焚き火をトコトン楽しもう!トコトン食べよう!トコトン飲もう!」と・・何故か子供に見せるはずの「トコトン」と、何かに熱中して熱くなれる若者へ送るはずの「トコトン」とは少し趣旨がずれたものの・・・「焚き火塾」は今も行われています。

今日のメニューはダッチオーブンを使った「鶏の丸焼き」
写真のように作ります。でも・・これは待つ事、2時間。待っている時間はあつまみを食べながら、飲む。ひたすら飲む。横で焼かれる鶏肉の「ジュー」とゆう音と焚き火の香り。そして水平線に沈むオレンジ色の太陽・・
満たされるんですよね。ほんわかしてくるんですよね・・・太陽が沈み、月が東の空に上がった頃・・・既に火からおろしてしばらくそのままにした料理、鶏の丸焼きを食べるんです。


   焼き上がり直後の鶏の丸焼き・・・でもまたここで蓋をして、しばらく蒸す感じ?で仕上げます。そうする事で骨までナイフで簡単に切れてしまう程の柔らかさになり、ジュージーなお肉になるんです。

ジャガイモをオーブンの下に敷き詰めて、これでもか!とゆう量のニンニクを鶏のお腹に詰めて焼き上げたものです。蓋の上に置いた炭で鶏肉の表面もいい感じの焦げ目がついて・・・・

もう・・・めちゃくちゃ美味しいです。形を残しても、指で軽く押さえるとグニャとなるニンニクをナイフで潰し、鶏肉と一緒に食べるんです。多分、1人1匹はいけるんじゃないか?と思うぐらい、柔らかくジューシーであっさりして・・・とにかくウ・マ・イ!

昨日「焚き火塾」に入塾された女性のお客様も大感激でした。ワインがすすんでいましたね・・・その後、ビールも飲みましたね・・・よく飲んで、よく食べましたね・・・これが「人生のトコトン」です。

たまにはいいんじゃないですか?楽しいだけの「トコトン」も・・・・

4 件のコメント:

焚き火塾長 さんのコメント...

ダッチオーブンでの焚き火塾、予測できればこの時まで滞在を延ばしたかった、帰ってしまったのが残念です。

先日は出すぎた発言をしてしまい自己削除を行った私です。うー太郎さんからはComebackとのお言葉をいただきましたが、恥知らずの政治家とは違うぞという安っぽいプライドで自己謹慎をしておりました。

女将 さんのコメント...

一緒に「焚き火塾」したかったですね。
実はお客様と一緒に行くはずだったバーが現在はお休み中で・・それなら「まったり飲める場所!」とゆう事になり、カシラが「ゆっくり飲んでよ。俺がご飯作るから」と今まで聞いた事もない事を言い、料理が全くできない人の料理なんて・・90%以上の猜疑心でしたが、ダッチオーブンを出したので安心して任せました。多分、鶏の丸焼きをカシラに作らせたら、サイパン狭しと言えど「右に出るものはいない」とゆうぐらいの数を今まで作ったカシラですからね・・・

ひょんな事から開催された「焚き火塾」
塾長!次回は是非、長期滞在を・・
こうゆう「はぁっぷにんぐ」も起こったりしますゆえに・・・

うー太郎 さんのコメント...

焚き火塾長さん、welcome home !!

股旅 さんのコメント...

最近やってないなあ、焚き火。。。

最近食べてないなあ、かしらのこれ。
塾長いつの間にかサイパンへ行っていたのですね。

私はすっかりフェイスブックの住人になってサイパンの写真を眺めては、行ったつもりになっています。