2012年5月30日水曜日

煮ても焼いても食えないヤツ

サイパン産の「鯵」でございます。
お近くのストアーで買ったものなので「冷凍」ですが、鮮度はバッチリです。でも屋外でアイスボックスに入れて魚を売っているお店?露天商では「冷凍でない鯵」も買う事ができます。以前買った事がありますが、冷凍物よりもやや高めです。でもこの冷凍物でもこれだけ約10匹ぐらいかな?入っていて3ドル70セント。

でも生の鯵を買って「たたき」にしたところ、かなり水気が多い肉質。塩焼きにしたところ、パサパサ。煮つけにしたところ、ちょっと生臭い。(生姜もいれたんだけどなぁ~)やっぱりサイパンの海水ってのは魚にもダイバーにも温かくて、鯵も癒されてしまうのかなぁ~?「ホワホワ~ン」って感じ?←変な表現!

でもそれはそれで、サイパンには独自の料理方があるんです。やっぱりその海の魚に合った料理です。

鯵のボディに少し切れめを入れて、塩・コショウを少々。そして小麦粉。
そのまま油で揚げる。いわば・・・素揚げ!ローカルの方はこれがめちゃくちゃ上手で、骨までイケるんじゃないか?と思う程、香ばしく揚げます。
アチキは目指そう!ローカル素揚げ!を試みるのですが、ダメですねぇ~
でもそれなりにカリッとは出来ますよ。

人間界の中でも「あいつは煮ても焼いても食えないヤツ」とかゆう言葉がありますが、魚の世界にも・・・でもそんなヤツは揚げてみましょう!
人もそうです。そんな人は持ち「あげて」みましょう。きっと美味しい味を出すんじゃないか?と・・・でも調子ぶっこいたら?お任せします。因みにアチキは眼中に入らなくなってしまいます。お・と・なぁ~!!ナンチャッテネ!実は大暴れ「あいつはやる。絶対に噛みつく」と姉の保証付き。
って、何の話しだぁ?ストレス溜まってるなぁ~

酒でも飲もう!酒のおつまみは?サイパン鯵の素揚げです。←今夜。
明日の私?多分、再起不能。

2012年5月28日月曜日

解放されたね

高温多湿の毎日から解放された今日。空はまだちょっと元気ない青だけど、明日には完璧にサイパンは南国復帰するんじゃないか?と思われます。

アチキは高温は耐えられるけど、多湿だけは昔から大の苦手で・・・毛穴が全開し顔からカビが生えてきそうな「じっとり感」はマジ勘弁です。

って、日本もこれから「梅雨」なんですよね。

今日は久しぶりの窓全開掃除に入っています。ただあぢぃ~!!

そう言えば・・・この高温多湿の状況で、午後7時頃には「羽あり」が飛びまくっています。恐ろしい程に・・・・ガラパン地区はよく分かりませんが、我が家の周辺は「羽あり」の襲撃にあっていました。土曜は特に酷かったです。吹雪のようになっています。ちょっと外に出るだけでもシャツに中に飛び込んでくるぐらいです。翌朝、羽ありの羽が玄関いっぱいに落ちていて、ゴマのようなボディだけが無数に落ちています。多分、羽が取れてしまうと死んでしまうんでしょうかね?羽だけが取れたらただの「あり」になるって事はないんですね。

実は、昔・・・こんな事は無かったんですよ。こんなに羽ありの襲撃にあう事は無かったんです。これにはある説があるようです。ジャングルの中の倒れた樹木にこの虫は発生するようです。しかし「台風」によってこの樹木にいる虫も飛ばされる。残った少ない羽ありがこの季節に飛ぶ事はあっても、こんな大量発生は無かったのです。昔、サイパンより南の海上で台風が発生しサイパン周辺を通過していたのですが、近年はサイパン上空で雲が発生して少しだけ天気が崩れ、その雲はサイパンとフィリピンの間で台風となり、フィリピンに行ったり、日本に行ったりしているのです。

それでサイパンにはこの数年、台風の上陸がなくこのような虫が大量に発生し、このシーズンの日没後・・・吹雪のような状態で羽ありが飛ぶらしいのです。でもこの羽ありの襲撃もおよそ1週間程です。もうちょっとあるかな?ずっと続くものではありませんが・・・雨季に入った頃に少しの間だけ。でも窓も開けられない、外には出られないです。およそ30分間ぐらい飛び続けます。

虫とりのタモをすっと横に流したら、何千とゆう羽ありが確実に入る数ですよ・・気持ちわるっ!って少し慣れてしまいましたが・・・慣れとは恐ろしいもんです。

しかし。。先日の「トロピカルストーム」日本で言えば「小型台風」全く台風ではない普通の雨のお天気だったのですが、なんと台風2号だったんですね・・実は台風って1月にも発生したりするんですよね。サイパンで12月に台風が来たこともあったし、1月に影響を受けた事もありました。今の時期に「台風2号」とゆうのは・・・今年は台風の発生数が少ないんじゃないか?と思っています・・・何だかいつもの年と違うと嫌な感じですね。このまま台風の少ない年であるように願いますが・・・

2012年5月26日土曜日

不快指数99.9%

サイパンで言う「トロピカルストーム」日本では「台風(小型)」は何の被害を出す事もなく、荒れ狂うわけでもなく、少しの風と時々の雨をサイパンに与えて去って行きました。しかし空に広がる灰色の空は立派で「みせかけの嵐」とゆう感じでしたが、しつこい・・・今も灰色の空でございます。時々、青い空を見せてくれる雲の隙間はあるものの、雨を時々降らせているので、高温多湿のサイパン・・・

   こんな日はビールも美味しくないし、晴れていた時に買ったスイカ(買った日の翌日から天気崩れたし)は冷蔵庫に入ったまま。ビールもスイカもやっぱり暑い日に喉を通したくなるものです。

   ふむ・・・湿度との戦いは二日酔いにはキツイ・・・そんな事もあり、不快な今を過ごしています。昨夜、あんなに飲まなきゃ良かった・・

2012年5月22日火曜日

って、台風かい!

今日から「すこぶる天気が悪い」と前出のブログが書きました。が・・・
これは「台風」でした。サイパンでは「トロピカルストーム」です。

この表記に関しては日本とサイパンの違いがあり、昔は「トロピカルストーム」は「熱帯性低気圧」と日本でも言っていたようですが、現在は「台風」とされているようです。サイパンで言う「トロピカルストーム」は「弱い台風」とゆう事なのかな?

でも現在グアム・ロタには<警戒>が入っていて、テニアン・サイパンは<注意>

24時間以内に、警戒注意が警報に変わるようですが、ここにもまた種類がありまして「トロピカルストーム コンディション」だと学校はお休みにはなりません。でもこれが「タイフーン コンディション」になるとⅢ・Ⅱ・Ⅰと段階があり、タイフーンコンディションⅠの場合は学校も役所もお店も全て休みになり自宅待機。家から1歩たりとも外に出ちゃなんねぇ~とゆうものを知事がだします。でも今回は「トロピカルストーム コンディション」になるみたいですね・・・Typhoonとは何処にも書かれていません。

進路予想をみますと、これはサイパン方面にご丁寧にも来てくれるようで(来なくていいのに)「注意」から「警戒」に変わる事は間違いないでしょう。

もっともサイパンに接近するのは明後日です。

でも便利な世の中になったものです。私がサイパンに来た20年前はまだインターネットがない時代。台風情報は航空会社が本社から送ってくる台風の衛星写真と気象庁が発表した情報。それを航空会社からFAXされてくるので、それを見ながらお客様に説明をしていました。FAXでも朝1の情報として出されるのみでした。今じゃチョンとキーボードを叩けば、アクチュアルな情報が取れる。停電になってしまったら同じ事ですが・・・

これからお天気も酷くなってくるでしょう。停電もあるやもしれません。
サイパンの電力会社、根性ないし・・・あぁ~ヤダ!台風なんて。

因みにこのトロピカルストームは「サンヴー」とゆうお名前だそうです。
(マカオの言葉でサンゴって意味だそうです)マカオの言葉?ってポルトガル語って事でしょうか・・サンヴーね・・・

雨ゆえに


実は昨日からお天気良くないんですよね・・・夕方になって水平線上の雲が切れてこんな夕日を見せてくれたのですが・・・

日本にいた頃は夕日が綺麗だと「明日は晴れる!」とか思っていたのに、サイパンじゃ夕日が綺麗でも「明日は晴れる」とは確実には言えない。今日は朝から雨です。スコールじゃなくて、雨です。空には青いものがないです。グレーです。うううぅ~何だか普通に雨降っているお天気ですが、時々激しく降ります。でもこのお天気だって今はこうでも1日中続くのか?と言いますとそうとは言い切れず。。何って言ってもサイパンの天気予報は「晴れのち、曇り、雨」「雨のち曇り、晴れ」なんて全部の状態が出てくるからです。今日は「曇りのち雨、きっと晴れ」みたいに発表されているんじゃないか?と・・これはアバウトではなく、事実のお天気なんです。

こんな時は外に出られる事もなく、話題は何にしようか?と、しばし考えるのですが・・・

一昨日の夜からコガシラの友人を預かっています。お母さんがハワイの病院に入院。お父さんが月曜の夜中便でハワイへ・・・一昨日の夜はカルボナーラを作り、昨夜はハンバーグを作り、試験的に「お味噌汁」を作りました。アメリカ人ではありますが、意外にもお味噌汁が大好きだとゆう事が分かり、なんだ・・なんだ・・お味噌汁かけご飯でもOKって事?って手抜きを考え始めたアチキ・・・

しかし・・よ~く考えてみれば、お父さんいつサイパンに帰って来るの?
彼のお父さんから「宜しくお願いします」のご挨拶の電話は頂いたものの、帰国日を聞くのも忘れたけど、お父さんも言うのを忘れている。
「まぁ~いいや・・・いつかは帰ってくる」困った時はお互い様。でも
期限を知らないでお預かりしているってゆうのも笑った・・・

今朝はサンドイッチを作ったんです。ハムとレタスと夕べの残りモノのツナを入れました。冷蔵庫の中にある醤油を見た時、こんな事を思い出しました。

サイパンに来た頃、超ビックリしたローカルの方々のご飯の食べ方でした。
白いご飯に醤油をかけてタバスコをかけて食べる。受け入れる事ができない食事でした。「ええええぇ~!!」醤油をかけて食べるのは分かるけど、タバスコって何だよぉ・・・でも食べてみると意外にイケル。でも夏のご飯だと思う。日本にお住まいの方々も暑くなったら、お皿に入れたご飯に醤油とタバスコをお好みでかけてみて下さい。イケルかも・・・これはお茶碗でやると味が違ってしまうんです。お皿にご飯を入れて、スクランブルエッグ・スパム(ハムの缶詰)でやると美味しいです。沖縄にも「ポーク玉子」ってあるんですよね。スパム&スクランブルエッグ?あれと全く同じですが、ご飯は醤油&タバスコ。ここが沖縄と違うところです。

ん・・・雨はまだ止みそうにないなぁ~早く晴れろ!

2012年5月20日日曜日

砕ける波・・

遠い海鳴りのように聞こえた言葉・・・・

お客様A「サイパンにどれくらいいらっしゃるんですか?」
アチキ 「20年です。本当は2年のはずだったのんですけどね、0が付いてしまいました・・・」

お客様B「じゃ僕達が生まれた頃にサイパンにいらっしゃったんですね」
(え?何か聞こえたような。今、生まれた時って言われたよね?)自問自答を数秒間してみる。
アチキ「え?お幾つなんですか?」←聞かなきゃいいものを・・・・

お客様B「22~23歳です。僕ら・・・」
(なんだ・・生まれた時じゃないじゃん。2歳とか3歳だったじゃん。脅かすでねぇ~ぞ!コラッ!)

お客様C「失礼ですが、お幾つですか?」
アチキ「聞きたいですか?怖いよ・・・」
お客様B「いえ・・そんな・・・失礼な事は・・・・」
アチキ「47歳。今年の8月で48歳」

全員で「うそぉ~そんなふうには見えない。もっと若いと思っていました」
(世渡り上手いな・・・でもそんな風には見えない?もっと若い?って事は実際はおばさんって事かい?)

アチキ「すみませんね。今日は暑いので短パンで、ご迷惑ですか?」
お客様D「いいえ・・いいえ・・とんでもない」

その後、考えてみた・・・彼らが2歳・3歳の頃、私はサイパンに来たんです。その2・3歳だった彼らは社会人になっていて、サイパンに来ているんです。その間、幼稚園~ずっと時は進んでいて、彼らは社会人。2・3歳だった子がこれから幼稚園!とゆう時期に私はサイパンに来た。
うまく言えないけど、岩にぶつかり砕け散る波・・・そんな気がする。

2012年5月19日土曜日

いい夜でした・・・・

 サイパンのいたる所でこんなものを見ていたこの週。「何だろう?」なんて思っていた頃、カシラがお客様をお迎えに行く前に立ち寄ったガソリンスタンド。警察官に会ったようです。「今夜、BBQをするから来てくれよ!」と・・「分かった!でも7時~7時30分頃にしか行けないけど・・・」「大丈夫!待ってるから」とゆう会話があったようです。カシラから連絡があり「今夜BBQに行くから、準備しておいて」私はイカを買いに行きました。どうしてイカなのか?「イカの唐揚げ」を持って行くのです。必ず何かを持って行く。ビールなりジュースなり・・・アチキは「イカの唐揚げ」を山盛り作りました。疲れたぁ~
 ←カシラと警察官。みんな制服から着替えてラフな格好でBBQパーティーに参加。制服着ていたら凄い怖い!腰には拳銃つけているんだし。キリッとしているし・・でも良かった。ラフな格好をしていてくれて。彼はどこのセクションかな?彼とはチラッと話しただけだけど・・・
自宅で「イカの唐揚げ」を作っている時、既にビール3本を飲んでいた私。パーティー会場となった野外のある場所ではまた「これでもか!」状態でビールを渡され既に酔っているし・・・それに前の晩は一睡もしていなかったし、午後から海へ行っていたし(約4時間)暑かったし、喉乾いていたし、イカの唐揚げ作ってるし・・・ビール美味しいし・・酔っ払っていてすみません。

アチキ(真ん中)←当然?とオレンジのシャツを着ている男性は港湾警官。因みに右の男性も港湾警官。みんな港湾警官、警察官なのでした。左の男性は以前、彼の住む地区のパーティー(ご近所会)にもお誘いの電話をくれた方で、サイパン警察の方とゆうより友達になっている人で・・・アチキよりも4つ年下だったりして・・・

ちょっと気になっている事を聞いてしまいました。
先日、アメリカ軍と日本の自衛隊の合同演習場としてテニアンが決まり、自衛隊の駐屯地がテニアンに建設されるとゆう軍事ニュース。サイパンでも既に知られているわけですが・・・軍の敷地となるテニアンはダイビングにも影響が出てくるんだろうか?とゆう疑問は勿論ですが、地元の人達はこれをどう受け止めているんだろうか?とゆう疑問。港湾警察の方々の仕事にも何らかの変化が出てくるんだろうか?とゆう疑問。

「地元の人達は歓迎しているよ。軍からのお金も入ってくるし、テニアンはもう医療関係がダメなんだけど、その部分もフォローできるみたいだし。僕達の仕事にも何かとゆう影響はでないし大丈夫」と・・・

写真には載っていないけど、ハワイのアメリカ海軍基地から視察に来ていた男性を紹介されました。陽気な方でしたが・・・
「普天間」とゆう言葉が出ました。「沖縄の普天間でしょ・・日本でも大きな問題になっているけど」←私はこの問題に関して沖縄の親友から沖縄にとってアメリカ軍の基地がどのような存在であるのか、彼女個人の意見は聞いているので、沖縄の方々の意見は重要なので海軍の方と話した時も「普天間」を避けました。でも先日15日に「沖縄返還40年」を迎えたから、それに関して27年前に沖縄出身の親友から聞いた話しをしました。

親友が「私、5歳の頃までUSドルを使っていて、駄菓子屋へ行けばドルでお菓子を買っていたんだけど、日本円に変わり、今まで買っていたお菓子が持っている円の範囲で買えるのかどうか?子供達はみんな混乱していて、お店のおばちゃんに聞きながら買ったよ」と言っていたのです。それは当時、沖縄返還とゆう言葉を漠然と知っていただけの私には襲撃的な話しで、サイパンに来て20年。サイパンと沖縄は縁が深いだけに彼女の話も合わせて「沖縄返還」とゆう歴史がリアルになっていた事もあり、そんな話しをしたのです。一緒に聞いていたローカルの警察官、彼も「沖縄返還」「普天間」とゆう言葉に敏感な方でしたが「その話し、初めて聞いたよ。知らなかった」と言っていました。

港湾警察官のパーティー・・・行ってみると日本人はカシラと私だけ。3人ぐらいのアメリカ人は居ましたが。カシラの友人である警察官はUS NAUIのイントラ。ひょんな事でカシラがイントラでもあり、コースディレクターだとゆう事を知って意気投合。警察官も新人警察官に海洋トレーニングをしているようで、カシラに相談したりしていて、仕事に熱い人なのです。


先月だったかな?サイパン警察署長問題もあり、退任要求の署名が80%以上集まり・・・警察学校も出ていない人を警察署長に任命したのはサイパン政府。この署長は「カロリニアン系」だとか・・サイパンには「チャモロ」と言われる人達と「カロリニアン」と言われる人達で地元人とされています。でも本来は「チャモロ」と言われる人達の島だったのです。現在の知事が「カロリニアン」血統主義を強く言っていますが、何世紀も遡れば「カロリニアン」は外から来た部族。そしてスペイン・ドイツ・日本・国連・アメリカと続く統治時代があり、現在はアメリカ連邦法導入でアメリカに。州には属さないグアムと同じ扱いの自治区になるのかなぁ~・・・

でも話していると、サイパンって島はアメリカでもなく北マリアナ諸島の行政の島。地元の方の島。写真に載っている人達の島なんですよね。テニアンの日米合同演習場がアメリカ・日本の防衛として果たされるのであれば、マリアナ諸島には経済として潤滑油になれば・・・何としてでも良い結果をもたらすものであって欲しいと願います。

個人的な感情ですが・・・第二次世界大戦の激戦地サイパン。テニアンの飛行場から飛び立ったアメリカ軍の戦闘機は広島・長崎に原爆を投下しました。そのテニアンで日米合同の軍の演習地ができる。これが時の流れなんですね。今も領海侵犯とか言葉が出て、領土・領海争いをしている。その為に軍が活発化している。世界経済がもたらす裏にエネルギー取得の為の国同士の争いがある。太平洋戦争の理由と同じ?その為にマラッカ海峡が閉鎖され、それが原因で勃発した戦争なら・・・今は核を保有する国にもある。もう同じ過ちを繰り返さないで欲しいと思います。

昨夜は地元の人達の思いや現実の動き、いろんな意味で改めてリゾート地のサイパンではない顔を知った夜になりました。有意義な夜だったと思います。「サイパンに来て良かったな」そんな事を思いました。
他界した祖父が戦争の話しをよくしてくれました。サイパンとゆう場所を教えてくれました。祖父の思いが分かったような気がしました。サイパン・普天間・軍事・沖縄返還・サイパン経済・サイパンの将来。そして地元の人達の思い・・・いろんな話題がありました。

サイパン警察の方々も沢山の苦労がありますが、矛盾している政府の元で立派に任務を遂行している人達です。その中には生活もあり、苦渋の選択でもあるけど、先を思うと・・・とゆう意見もありました。それはカシラの友人でもある警官だったのですが「アメリカが必ず救済処置をしてくれるから、それまで大変だけど頑張れ」とゆうカシラの言葉にうなずいていました。

太平洋に浮かぶ小さな島が変わろうとしている。警察官としてではなく、地元の方々の生活や将来も変わろうとしている。どうかこの地元の人達が救われる先があるように・・・経済破綻したサイパンに住む外国人の私はそんな事を思います。それはやっぱりこの島とこの島の人達が大好きだからなんだと思います。いい夜でした・・・

2012年5月17日木曜日

暑さゆえに

「暑いよね、毎日」「ホント、暑いね」「今年はいつもより暑くない?」「うん、そんな気がする」これ最近、人に会うと必ず挨拶のように交わされる言葉です。外に出ると「茹だる」と言っていた私。昨日ついに言ってしまいました。「溶ける」と・・・・

「溶ける」と言えばアイスクリーム・・
「かき氷」派の私なのにあまりの暑さに買ってしまいました。

日本のアイスクリームサイズからしてみると、バケツのようなサイズですが、これは当たり前のサイズで本当にバケツ入りのアイスクリームもあります。

サイパン、現在アイスクリームがバカ売れです。何と言っても「暑い」からです。

昨夜、一緒に食事をした人も「今年っていつもより暑くない?」と言いました。「暑いよ」「やっぱり・・みんなそう言っているよね」やっぱり、この頃のサイパンの日常会話にこれは欠かせない。なんて思っていたら、今日のニュースで「太陽でスーパーフレアが起こる可能性がある」とか読みました。電磁波に影響があるとか・・・難しい事は分からないけど。

今夜はゆっくりアイスクリームを食べて体を冷やそう!

でもこの暑さでコガシラとお友達。ついにやられたのか?学校帰りに友達の家で「ケーキ」を焼いているらしい。17歳のBOYSが一体何をしているのか?さっぱり分からない。今、コガシラが「これから、ネイサンとハンターがそっちに行くから、卵2つ渡して、あるよね?卵・・」と電話をしてきました。学校帰りに友達の家で18歳~16歳の少年5人が「ケーキ作り」をしている・・・理解できない。友達の家でゲームやっている!とか、繁華街に出て買い物しているとかなら理解できるが・・・どうしてケーキ焼いてるの?この暑さは少年達の行動もおかしくしてしまう。一体、何のケーキを焼いているんだろう?

サイパン、とっても暑いです。少年達の行動もある意味、熱いです。
今、少年2人が卵を取りに来ました。笑ってしまいました・・・「何のケーキ作ってるの?」と聞くと「ブラウニーだよ」と・・チョコレート味の甘い甘いケーキです。この暑い中でもそんなものが食べられるなんて、若さだよなぁ~ニコニコ笑顔で卵を持って行きました。私的には今夜、冷たいそうめんでも食べたい気分なんだけど・・・暑いよ。

2012年5月15日火曜日

Blue・ブルー・ぶる~

サイパンの海はBlue 空はブルー・・・アチキも「ぶる~」

五月病?なんて思って、五月病ってものを検索したら「学校を卒業して会社に入社した新入社員によく起こる現象」みたいに書いてありました。

新入社員なんてアチキは二十数年前に経験済み。じゃ一体この「ぶる~」はどこからきているのか?思い当たらない・・・でもこの「五月病」って新入社員に限らず、あるんじゃないか?と思うんですけど・・・

まぁ~こんな時は体を動かすのが1番なんですが、初雷からどんより曇った日も多く、湿度が高く呼吸困難になりそうな程に空気が重かったので、きっとこのせいで「ぶる~」になっていたのかな?

気象状況と人間の体は関係があるみたいだし・・・

今日はスッキリ晴れているけど、やっぱりちょっと「ぶる~」湿度が高いからかな?体中に湿気取りを巻きたいぐらいに湿度にやられています。

2012年5月11日金曜日

島だより

2012年5月10日
午後12:07 「ドーン」とゆう音が空から聞こえました。しばらくしてまた「ゴロゴロ」とゆう音。

そうです、雷です。初雷です。
サイパンは雨季に入りました。

毎年5月になると「雷」が・・・
そしてスコールのシーズンになるんです。雷の音が雨季に入った事を知らせると言っても過言ではないでしょうね。

今日も東の空がどんより曇り始め、西側は青い空が広がっています。これから雷が少し鳴るかもしれません。

今までに酷い雷は1度だけ。それまで私が知る範囲では海の沖でゴロゴロしているか?真上でゴロゴロしている音だけの雷。

でもこの1度だけ経験した凄い雷はめちゃくちゃ怖かったです。今から8年程前かなぁ~・・・

コガシラ君を迎えに学校へ。テニアン方面が真っ黒な空でいっぱい。稲妻が雲から地面めがけて落ちているんですよね。「この雲、サイパンに来る!」と思い、コガシラを車に乗せ急いで帰ってきたつもりですが、途中で雲に追いつかれてしまい・・・土砂降り+稲妻。空から降る爆弾を避けるように運転して(アクション映画みたいでしょ?)ってのは大袈裟だけど、前方に横にガンガン落ちてくる。怖かったですよ・・

車から家に入る時も、ほんの少しの距離でも怖かったんです。雷が落ちて来るんじゃないか?って・・コガシラを囲むようにして玄関までの数歩。甥が来ていたので、甥が玄関のドアを開けてくれました。

「怖かったよ」甥の顔が安心した表情になる。窓から外を見ると、雷がそこらじゅうに落ちるんです。コガシラと甥を部屋の中央に寄せて、私は電化製品のコンセントを抜きました。これも正直、怖い作業でした。カシラは海に行っていたのですが、時間的にはもうエキジットしている時間。海の中にいるって事はないだろう・・

子供達も引きつった顔をしているので、冷凍庫からアイスクリームを出して食べさようと台所に向かう時、凄い音がした瞬間に電気ブレーカーから真っ青な光が部屋を横切るように私の前を走っていったのです。雷が落ちたんですよね。多分・・・家の屋根にある何かに・・それが室内のブレーカーから入ってきたんだと思います。でもその時は既に電力会社が全島の電気を切っていた為、雷の電気だったと思います。あと2歩ぐらい先に進んでいたら、私直撃を受けて死んでいたかもしれない。と思うとガタガタ足が震えました。心臓バコバコ・・アイスを取ってすぐにブレーカーのない子供達がいる部屋に行き、一緒に中央で固まっていました。雨の量も凄かったけど、それに負けずと落ちる雷。爆撃にあっているようでした。現在22歳の甥が今でも話すぐらいです。

カシラが帰ってきた音にホッとしました。

その後、友人達の話によると・・共働きの家はコンセントを外す作業ができなかった為に冷蔵庫・テレビ・電子レンジを全てとり変えた。と言っていました。違う人の家では家中の電球の殆どが割れて、冷蔵庫がダメになったとか・・2度とあんな雷来て欲しくないです。

でもそれ以前もそれ以後も酷い雷はありません。

今年もサイパン、例年通り5月の雷。雨季に入りました。

2012年5月9日水曜日

大敵!汗の匂いと加齢臭

サイパンにもありましたよぉ~実は3月上旬か?2月下旬の頃かな?見ていたんですよね。何度も手にとって買おうか?止めようか?と悩んでいたブツだったんです。

昨日、インターネットの記事でこれが日本で大人気!1ヵ月半で完売した。と書いてあるのを読んで「やっぱり買おう!」と思い、本日買ってきました。サイパンでは2本入りで売っています。

これ洗濯をする時に入れると長時間、衣服に香りがつく顆粒。日本の写真には2種類あったのですが、サイパンではこの1つの香りしかありません。香りは「FRESH」だそうです。元々甘い香りは好きじゃないし、ガラに合わないので「FRESH」でいいんですけど・・・

日本は「脱臭」とゆうのが定番だったような・・最近は「香り」重視の傾向にあるようですね。甥もサイパンに遊びに来ると、柔軟剤を背負って日本に帰っていたぐらいだし、サイパンのお土産よ!と言って、渡したアメリカ製の固形石鹸。バカ受けで「また買って来て!」と言われ、私はこの近年、石鹸と柔軟剤を背負って日本に帰っていました。確かに・・・日本の固形石鹸、香りがイマイチ!ボディーソープは香りはいろいろあるけど、やはりアメリカと比べると香りの種類は少ないです。ただ、アメリカのボディーソープは泡切れが悪いので、そこを何とかして欲しいとゆうか、日本のボディソープにもっといろんな香りがあるといいなぁ~と・・・
数年前に日本で買ったボディーソープ。「ラムネの香り」が好きだったんですけど「夏みかん」も好きだったですねぇ~

アメリカでは「脱臭」とゆうよりも「香りをつける」とゆう思考のようで、柔軟剤も洗濯洗剤も食器洗い洗剤も固形石鹸もシャンプーも全てにおいて香りの種類が豊富なんですよね。またネーミングが凄いし・・「タヒチアンなんとか」「ニュージーランドなんとか」「ハワイアンなんとか」って。因みに私が好きな食器洗い洗剤は「ハワイアン パイナップルの香り」で洗濯洗剤は「オーシャンブリーズ」で柔軟剤は「タヒチアン フォール」でございます。みんな南系じゃん!ハハハ・・・

さて・・どうしてアチキがこんな「香り」に拘るのか?

臭いんですよね。息子は汗臭いし、カシラは加齢臭だし・・息子はランチ後に体育があって、何マイルも走っているんです。それでもって、暑い毎日ですからね、汗の量が半端じゃないんです。それでもって肉好きだし。チーズ大好きだし。放課後も友達とバスケをやって来るので・・着替えも持って行っているんですが、全て汗だく。1晩置いたシャツ。洗濯籠から出す時、嘔吐しそうです。苦しいです。カシラの服・コガシラの服・・・回収時、凄く嫌です。洗濯バサミで鼻をつまんだところ、鼻が痛いのでダイビング用マスクをかけて回収します。鼻が塞がれるし、まだゴムの匂いを嗅いでいた方がマシ・・・最近は海でも入ってきたの?と思う程の汗を吸っているシャツと短パン。「洗濯籠に入れないで!バケツにお水をいれて、洗濯物を入れておいて!」と叫びます。一度、酢を入れて洗濯機回してやろうか!と思った程です。なんとなく匂いが消えるかな?と思ったけど、臭い匂いに酸っぱい匂いが混ざったら?私、洗濯機の前で気絶している・・・

昔、友人が言っていたんですよね。「最近、息子の汗臭いのが強くなって洗濯機の蓋を開けた時、うっ!って吐きそうになるんだよね。だからさ・・洗濯機の中に入れておかないで!って言ったのよ」と・・・
現在、私はその匂いにうろたえています。

明日からの洗濯が楽しみです。回収時だけ、マスクをかけて洗濯機に入れてこの香りの粒を入れて・・・洗濯モノを干す時はいい香りに包まれている!
ってなウマイ事になればいいけど、この香りの粒を持ってしてもダメなら、どうしたらいいの?

カシラの加齢臭はカレー粉を振りかけてみる。「脂は油で流せ」じゃないけど、「加齢臭はカレーで流せ」ダメかな?

2012年5月7日月曜日

単純な私達のお月見

満月大好きなアチキとした事が・・・昨夜が満月だったようですね。でも一昨日が満月だと思い込んでいて、インターネットのニュースサイトで「5月の満月はいつもの満月より14%大きくて、30%明るい」と書いてあり、満月でもない一昨日の月(左側写真)を見てカシラと「そう言われれば、14%大きい気がする。いつもより30%明るいような気がする。ほぉ~」と感心して見ていました。お恥ずかしい・・・・

   昨夜、シャワーをしていて窓から見えた月がどうしても、どう見ても満月。「あれ?今日が満月だったっけ?」とコガシラに言うと「そうだよ」「知ってる?5月の満月って14%大き・・」「知ってるよ。大きくて、明るいでしょ」サラリと言われてしまいました。えらそぉ~に!「あんたさ、何さまのつもりよ」「はぁ?海(カイ)様」と言い返してきた。昔、私の姪も姉にそれを言ったらしく、姉は怒っていたけど・・・気持ち分かる。私が小さい頃、母親にそんな事を言われた時、心では思っていても?絶対に口にはしなかったものなのに・・・・これからコガシラの鼻っぱしをバキバキに折ってやろう!と決めました。
おっと!話が脱線・・・

   でもサイパンって月の光を遮るネオンはないし、そのままの明るさが強烈にサイパン全部を照らすので、満月の前夜・5月の満月以外でもめちゃくちゃ明るいんですよね。夜、車のヘッドライトを消して運転した方が遠くまで見通せるんですよね。でもこれを公にやると無灯火運転で警察につかまるので、家が近くなったわき道に入ったところでやる事がありますが・・・何せ、水平線まではっきり見えてしまいますから・・・

今度の満月は30%の明るさじゃないけど、14%の大きさじゃないけど、サイパンの満月はとっても綺麗です。だから一晩中、外に椅子を置いて蚊取り線香に囲まれて水平線に満月が沈むまで見ていようかな・・一度、これをしてみたいです。なんて言いながら、野宿状態で寝てしまうのがオチ?
20年以上前、友人と酔って某駅の自転車置き場で寝ていて、目を覚ました時に雀が・・・・その日から無防備な事はしない!と頑なに決めていたのに。満月の灯りがその気にさせる・・・でもやるなら、我が家の前でやろう!と思う。「昔の経験が教訓となる」って事でしょうか。

目の災難 3

2度ある事は3度ある。全くその通りでございました。でも4度目はないでしょう。また目の災難です。

昨夜、寝る前に猫のプクちゃんに顔を寄せてキャーキャー言っていた時に、プクちゃんは何を考えたのか?私の目をめがけて「猫パンチ!」元々、猫パンチが大好きなプクちゃん。この気が強いところと血の気が多いところは私そっくりではございますが・・・

運良く眼球に爪が入る事は無かったのですが(しかしあと2mmで眼球)
眼球の下、しかも内側に傷。しばらく目が痛くて開けられず「痛いよぉ~」と足をバタバタ。涙が出てきてティッシュで押さえていたのです。痛みが少し楽になってティッシュを取ると、血が・・・これこそ正真正銘「血の涙」
一瞬だけ私は何処かの国の「血の涙を流す 聖母マリア像」怪奇現象みたい。「おおぉ~」

因みに我が家の猫の「福呼(ふくこ)ちゃん」最近、男の子だと分かりまして、改名致しました。「福助」君です。どうぞ、宜しく!やっぱり「福」は外せない・・・

2012年5月6日日曜日

火打ち石 2

「火打ち石」をお土産に下さったお客様から情報を頂きました。

http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/ky-bunkazai/kyoudo/index.htm

上記URLをご覧下さい。ここで購入できるそうです。

「江戸東京博物館」にも販売しているようです。

情報のご提供:「かねやん」さん  有難うございました。

2012年5月3日木曜日

粋じゃ~ございませんか・・・

これ・・憧れていたんですよね。やりたかったんですよね・・・

   お客様から頂きました。「火打ち石」

カシラとコガシラを玄関に立たせて、背中に「パシッ!」と散らす火花。
今日1日の無事を祈り「お前さん!行っといで!しっかり稼いで来るんだよ!」「コガシラ!ちゃんと勉強して立派な人間になって、母ちゃんを楽にさせておくれ!」と欲深い女将に逆らう事もできず、2人は気合いを入れて仕事に学校に出掛けて行く。いいですねぇ~・・女将はその後、ソファで横になりながら時代劇を見てもっと火花が飛ぶような火打ち石の使い方を研究する。

でも・・・ホントに鮮やかに火花が散るんですよね。説明書を読んでいると「昔から、浄化させるおまじない」と。もうすっかりツボに入っています。今年は「浄化強化年」としているので、これをすると家の空気も一瞬にして変わるような神聖な気持ちになります。

それに初めて知りましたが、この「火打ち石」なるものは、とってもいい香りがします。和のお香のような、安らぐ香りです。石は見た事もないような綺麗な半透明。調べてみると硬質な岩石だとか。でも種類が分からない。

サイパンの中で「火打ち石」を打って、家族を送り出している家なんて我が家だけかも?いたとしても、そうはいないだろう・・・やはりこれをすると、どうしても欲しくなるのが「神棚」そのうち日本から運んで来るんじゃないか?と思う程、熱が入っています。そのうち神棚の下には火鉢を置いてしまうかも・・・

でもカシラと喧嘩したらどうなるのでしょうか?

女将は目から火花を散らしながら、カシラの頭上で何度も何度も火打ち石を「パシッ!パシッ!」と擦らせて、火花を散らす。Wの火花を浴びるのです。それもグッスリ眠っている丑三つ時に。因みに前にも書きましたように、火打ち石は「浄化のおまじない」決して藁人形のように使ってはならぬものでございます。
でも、カシラの頭に無数の焦げ痕がありました時には「やったな」と思って頂いてOKでございます。

今、ふと思ったのですが・・・
私が外出する時、誰がやってくれるの?

2012年5月1日火曜日

和桜VS南洋桜

 先日、お客様から「桜だより」を頂きました。毎年のように送って下さる「桜」の写真を見て、日本に思いを馳せる春。サイパンにも「火炎樹」と言われる花があります。左の写真はその木と花ですが、実はまだ車が直らなくて、外に出られません。だから自宅からちょっと遠くに見える木を撮ってみました。

本当はこんな木ではないんですよ。日本の桜の木に似ているんです。どうして花がまばらで、飛び出したように咲いているのか?と言いますと、戦争中に巻かれた種のせいらしいのです。この木も実はその犠牲になっているものです。その種とゆうのは、早い発育と繁殖力でツタを伸ばして他の木等にからみつき、覆ってしまうらしいのです。アメリカ軍が撒いたと言われていますが、ジャングル戦では有効だったとか・・・実際にその記述を読んだわけではないのですが、そんな事を聞いた事があります。

   その繁殖力は今でも留まる事を知らず、ジャングルに入ると実際にツタがからまった木々をよく見ます。種が風に乗って民家の庭や花壇にも落ちるので、私も抜いては捨てていますが・・・このツタが上記写真の「火炎樹」の木にも巻きついて、こんな状態になっているんですよね。

   車が直ったら、サイパンの幹線「ビーチロード」海沿いにある「火炎樹」の並木道、写真に撮ってきますね。でもまだ満開状態ではなく、所々にちょっと咲いている状態。時期的にはまだ早いかな?青い海に沿い真っ赤な花。なかなか画になります。
   近くにあった「火炎樹」木はまだまだ小さいのですが、花は大きな木と同じように咲いていました。

戦前、サイパンは日本の統治にあり多くの日本人が住んでいました。この「火炎樹」を「南洋桜」と呼び、日本に思いを馳せたと聞いています。
桜とは全く異なる花ですが、木が似ているし、花が咲く時期が同じような事から「南洋桜」と言われたとか・・・

   日本の桜は淡いピンクで愛らしく咲き、散る時は花ビラをヒラヒラ舞い落とし情緒たっぷりですが。サイパンの桜は真っ赤で大胆で、散る時は花ビラをドン!と落とすか花丸ごとゴボッ!と落とすのです。ここに情緒とゆうものは感じる事ができません。でも「あんた、弾けてるね」と思えます。奥ゆかしさはありません。淡いピンクな和風美人VS真っ赤な太陽を連想させるサイパン美人。貴方はどっちが好きですか?

   20年程、桜を見ていませんが・・お客様から桜の写真を頂く度に脳裏に過るのは、幼い頃に遊んだ場所。小さな田舎町、2両編成のローカル線の発着駅がありました。(現在はバスの発着駅になっています)でもその頃と変わらないのがその駅の横にあった桜の木。その木の下には小さなお稲荷様の祠がありました。大きな桜の木が花を満開にさせると、木の横にある小さな坂道の上を花が覆い、桜のトンネルができます。花が散る頃、春の風に乗って花ビラが舞い落ちて・・・ずっと遊んでいました。夏、日本に帰りその場所を通ると葉が生い茂っていて蝉がうるさい程に鳴いています。お稲荷様の祠も昔と変わらず、桜の木も変わっていません。何だかホッとする場所です。が・・・

   大人になって、その桜の木の下で「かくれんぼ」をした女の子は、お酒の味を覚え「桜」=「花見」となり・・・桜が咲く場所に一升瓶を抱え出没し狂喜乱舞。数々の失敗を持つ経験の持ち主となり、世間に公表する事はしなくても(実はできない)桜の花びらが舞い落ちる中、意識が落ちてゆく・・・来年は「花見はしない」と毎年のように頑なに誓い、翌年の「桜開花予想」「桜前線」なんて言葉を耳にすると、酒屋さんに並ぶ一升瓶の前に立つ。やっぱり桜の下では、日本酒ですかね・・・桜の木の本数に負けないぐらいの一升瓶が並ぶ。画になりますねぇ~因みに私1人じゃないですよ。悪友と酒飲みの友人と私の人生を狂わせる親友と横にいた知らない人達と。みんなでね・・・

   因みに花見じゃなくとも、私は「日本酒禁止令」をカシラから出されています。でも居酒屋さんで「日本酒、飲みたいな」と言うと「いいよ」と言ってくれますが、カシラのお酒が進まない。そして追加注文をすると、緊張した目をされます。カシラは日本酒を飲んだ時の私をよ~く知っています。イタイ程知っています。

   「南洋桜」の下で飲むのなら、日本酒ではなく冷たくしたテキーラかな?サイパンレモンを絞って手の甲につけ、塩を少し乗せてテキーラを一気に飲んで、ガバッ!とサイパンレモン塩を舐める。

   あぁ~今日は桜に因み、美しいブログにしようと思いましたが、桜のように可憐で奥ゆかしい女なら、美しくできたでしょうけど・・

   でも戦前にもインターネットとゆうものがあって、移民した多くの日本人が日本の桜を画像で見る事ができたら、サイパンの「火炎樹」はどうゆうものになっていたんでしょうね?「南洋桜」と言われたのかな?便利な世の中になったものです。