2012年3月31日土曜日

韓国料理

   本当は炭が出てきて、テーブルに彫り込んである炉の中でお肉を焼いて食べるのですが、今回はメインが「焼き肉」では無かった為、1人前しか注文しませんでした。1人前で炭を用意してもらうのも気の毒だったので、キッチンで焼いて出してもらいました。これは「豚カルビ」ここのお店の味付けは最高です。お客様が「え!これで1人前?」と運ばれてきた時に声をあげられました。「少ない?」「多いですよぉ~日本だったらこれで2・3人前じゃないかなぁ~」久しく日本の焼き肉を食べていないので忘れてたぁ~ってか、日本に行くとお寿司を食べに行く事の方が多いから、焼き肉って行かないなぁ~
   
   サイパンにはいろんな国から沢山の人達が来ていて、母国料理のレストランを経営している人が多いのです。韓国料理は島のあちこちに多くありましたが、この経済崩壊の中でどんどん閉鎖されて昔程お店はありませんが、ここのレストランはもう随分と前から行くお店の1つです。何が嬉しいかって・・前菜で出される6種類の小鉢?小皿・・・これは当然のように無料で出されるもの。この日はキムチは勿論の事、空芯菜・韓国の薄いさつまあげのようなもの・豆もやし・大根・干ししいたけと豆野菜の炒め物。これをつまんで、お酒を飲んで料理を待っているのです。

   嬉しいのは、焼き肉1皿頼むとそれに「冷麺」か「味噌チゲ」の好きな方がついてくる事。私はいつも「冷麺」をつけてもらっています。←美味しいよ。細麺でスープがちょっと凍っている状態でさっぱりして冷たくて・・因みに「味噌チゲ」は唐辛子が入っているので、辛いです。

   お肉はサラダ菜において生ニンニク・生唐辛子・味噌をのせ巻いて食べます。翌日はすっかりニンニク口臭ですが、ニンニクは好きなので大丈夫。唐辛子も辛味の弱いものを使っているから「カライ!」と思う事はありません。

   でもお肉も美味しいけど、私はここの「イカの炒め物」が大好きです。基本的にイカ好き。タコとイカどっちが好き?と聞かれたら、やっぱりイカ。海の中でイカを見た時に「うまっそ!」と思うぐらいのイカ好き。それが辛い料理となって出てくると、幸せ最高潮!やっぱり安上がりだ・・・基本的にはこれと6種類の前菜と白いご飯があればOK。でも前に食べた、タコ(足が長くて頭の小さいもの。韓国の人に聞いたらそれはイカだと言いましたが、どう見てもタコ)←今度、足の数を数えたいところですが、お皿に盛られてくるのはぶつ切り。冷凍でストアーに売っているけど、料理の仕方知らないし、買ったこともないし・・・
まぁ~食べる側としては、これも美味しかった。

   こちらが今回のメイン。だからお肉は控えたのです。食べきれないし。

このレストランに初めて行った日。サイパンに住む韓国人のファミリー何組かがこれを食べていました。私達は「韓国料理=焼き肉」と思っていたのですが、意外にも韓国の方々ってあまりお肉を食べていないんですよね。気になって何気にチラ見していたら「ラーメン?」と思うような麺を鍋から出して食べているではありませんか・・・お店の人に聞くと「プデチゲってゆうものよ。ソーセージやハムが入っていてラーメンも入れるの」と・・・由緒正しい韓国料理のイメージとは遠い鍋料理でした。味も想像できなくて・・・「そんなものよく食べるよなぁ~」と正直、思っていました。

   その後、日本に帰って姉に話すと(姉は韓国フリーク)「それね、韓国で食べた。めちゃくちゃ美味しいよ。本当は韓国には無かったものらしいけど、駐留しているアメリカ軍の人が韓国の鍋の中にソーセージやハムを入れた事が始まりらしいよ」と言いました。サイパンに帰って、このお店に行った時姉の言葉を思い出し食べてみよう!って事になり、それからこのお店に行く度にこの「プデチゲ」食べています。野菜も沢山入って、ソーセージ・ハムが入って極めつけはチーズですね。これが辛味をマイルドにさせていてコクがあって・・口の中では「カライ!」って感覚は少ないけど、頭の毛穴から汗がじんわり出てくるんです。麺は勿論、インスタントラーメン。麺を固めに茹でて運ばれてきます。それを鍋の中に投入!少し、鍋の具を食べてから入れます。昨夜もカシラが「プデチゲ」と言うと、ママさんが「Kushihataさん、ホントに好きねぇ~」と笑っていました。

   前に麺だけもう少し欲しい時、カシラが日本のラーメン屋にある「カエダマ」とゆうシステムをママさんに教えていました。ママさんはニッコリ笑って「それはいいわね・・韓国にはそうゆうのがないから、知らなかった」と。今では「カエダマ」もOK。でもさすがに、この量ではお腹いっぱいで「カエダマ」まで届かない・・・・

   実は私・・・レストランに行っても食べるより飲む方に進んでしまいますが、ここのレストランだけは飲むのが止まってしまいます。食べる方が先になってしまい、お酒が飲めない・・・実はここのお店のママさん、料理の先生だとか・・・・韓国の友人が教えてくれました。確かにここのレストランのお客さん、サイパンに住んでいる韓国人の方々が多いんですよね。やはり本場の味はその国の人達が1番知っているとゆうか・・・

   このお店のオーナー夫妻もとっても優しくて、私は大好きなお店です。
十五夜の日、ここの奥さんが「お餅を作ったから」と沢山持たせてくれた事がありました。それがまた美味しくて、きなこ・あんこ・何かのジャム・・変わったところでブルーベリーが練り込んであるものとか。行く度に何かサービスしてくれて。昨夜はキムチチジミをサービスしてくれました。美味しかったです。やっぱり、昨夜一緒に行かれたお客様にも満足して頂けたようです。

   私達が住んでいるのは島の真ん中。このお店があるのは島の南。島の半分を移動しなきゃいけないけど、その距離が気にならないぐらい美味しいレストランです。今度、一緒に行きましょ・・・

2012年3月29日木曜日

狂気の沙汰?

狂ってる。最近、サイパン地元新聞を騒がせているのは「警察署長」

何かに関して因縁をつけ、島民にも手錠をちらつかせ「逮捕するぞ」と言うらしい。でもここまでは無理してでも冷静に記事を読めるけど・・・観光ポイントに駐在する2人のガードマンと韓国人ダイビングインストラクターに拳銃を出して「撃ってやろうか・・」とゆうのには驚いた。と、ゆうか「狂気」そのものだと。しかし、この署長は警察学校を出ていないのに警察署長に着任しているとゆう、これまたおかしなお話。誰が指名したんだ?と、言えば当然のごとく「知事」になるわけですよね。お友達なんだろうか?

先日、フィリピンの女性が殺害された事件でも、どうやらこの署長が記録を改ざんしたような事も記事に書いてあった。何?何?

先日、警察署員が署長退任への嘆願書を出したようです。署名した警察官は全体の80%以上だったとゆうから、警察の方々の苦労も大変なものなんだろうと思う。今、署長は休暇をとっているのか?とらされているのか?勤務から外れているらしいけど。サイパン炎上だな・・・これは。

政府も狂気の沙汰。マリファナを合法化しよう!とかサイパンにカジノを作ろう!とか・・・理解に苦しい思考だな。マリファナが合法化され、カジノなんて作ったら・・・アヘンにマフィア、賭博の坩堝 60年代~70年代の香港九龍城塞みたいになってしまうんじゃないか?と思ったりして。(考え過ぎ?)

サイパンで育っている子供の未来を考えた事があるのか?と思う。今日はかなり憤慨している私かも?もうこんなニュースを見て「やる気なし」今夜はぐっすり寝て、明日は忘れよう。あぁ~気分わるっ!

でもそんな署長を放置しなかったサイパン警察官の方々、正義ある行動に敬意を表します。

2012年3月27日火曜日

タポチョ山 3


   蚊取り線香を入れる「豚の蚊やり」ではありません。これ椰子の実で作った「豚の貯金箱」です。貯金箱は豚が基本形なのでしょうか?世界共通していませんか?私的には手前、前列の右の豚が可愛いと思います。1個3ドルです。

   しまった!入れたお金を出す時は、どこから出すんだろう?だって椰子の実で作られているから、出す穴も作らないといけないわけですよね?確認してくるの忘れました。ってゆうか、ここのお店のお姉さん、めちゃくちゃ無愛想だったし・・・・

   よく後になって「しまった!やっぱり買っておけば良かった」なんて思う事ありませんか?実は私・・・この貯金箱がやけにあれから気になっていて昨夜も「3ドルなら買っておけば良かったなぁ~」と後悔していたんです。だけど今また凸凹道を上ってタポチョまで行くまでの気もないし。

   陶器で作られた豚の貯金箱、小さい頃に持っていました。結構、皆さんも持っていたんじゃありません?昔は自分の部屋に「豚の貯金箱」「ペナント」「温度計もしくはカレンダー付きの観光建築物」って定番にありませんでしたか?友達・イトコの部屋に行くと必ずあった「三種の神器」?だったような気がするんだけどなぁ~因みに私のイトコの部屋には「豚の貯金箱」「KYOTOペナント」「日めくり付き東京タワーの置物」がありました。友達の家には「豚の貯金箱」「KYOTOペナント」「温度計付き金閣寺」がありました。私の部屋にはペナントが好きじゃなかったので「豚の貯金箱」「ヒグマが鮭加えている木彫りの置物」がありました。←なんでこれを部屋に飾っておいたのか?今は頭痛がする程理解できませんが・・・・

   やっぱり売って欲しいな・・・温度計付きタポチョ山。

   これ風鈴です。サイパンらしく魚です。この日、タポチョ山は強風でした。微かに聞こえる鈴の音。それも鈍いような音。暑さ倍増!風鈴は「チリンチリン」とゆうのが基本形。「ゴロゴロ」じゃないだろっ!「鳴りゃいいってもんじゃないだろ!」と思いました。風鈴をこよなく愛する日本人のワビサビには到底理解できない風鈴の音。それでもここはサイパンだし、お店のお姉さんは中国人だし・・・これはこれで、風鈴をこよなく愛する日本人も承諾しましょう。何せ、お姉さん・・・無愛想だし。

   ここがお姉さんのお土産屋さん。
タポチョへ行く前にコガシラが「椰子の実、買ってきて」と言いました。「タポチョに行くんだよ。椰子の実なんてないよ・・家の前の椰子の木に登ってそれを食べていて・・・」「僕は椰子の木に登れないよ」「じゃ後で中国人の八百屋さんに行って買ってくるよ・・・」と言い残しタポチョへ行ったのです。この写真の駐車場に入ると真正面にこのお土産屋さんが目に入りました。小さいけどテントの左端にある椰子の実、分かりますか?「えええぇ~!!いつの間に、こんなところにお土産さんができて、椰子の実まで売ってるわけ!」と思ったのです。実はタポチョの麓に住みながら、2年程行っていなかったのです。この2年の間に、このお土産屋さんができ、椰子の実まで売っていたんですね。「なんでコガシラ知っていたんだろう?」←ひょっとして自動車免許を取ってからここに来たんじゃないか?あの車体の低い乗用車で・・・

   そう言えばタポチョ山頂近くに住む友人の家に行った時「道が凸凹だから私の四駆に乗り換えて!貴方の車だと下を擦るから」「分かった、でも大丈夫だよ。僕の車で何度も行った事あるから・・・」と言っていたんです。(それでか・・それでタポチョ山に行けば椰子の実が売っているのを知っているんだ・・あの子は小さい頃から何処かへ買い物へ行くと聞くと、何でもお土産を頼む子だったけど、タポチョに行くと言ったその日もお土産を頼んだのか・・子供だなぁ~」と微笑ましく思った瞬間。でも次に「あれ?あの子、車のマフラーを何処かに落としてきて・・・車が爆音タイプになってしまったけど、ひょっとしたら・・タポチョへ行く道で落としたんじゃないか?バババ・・バカヤロォ~!!」となったわけです。

   だからタポチョへ行く時は車体の高い、四輪駆動車をお薦めします。

話がずれてしまいましたが・・・近年、中国からのチャーター便で多くの中国人観光客がサイパンに来ています。ただ日本の観光客と違うのは、お客さん自身に自由がないとゆう感じです。実際的に内容はよく知りませんが、ツアー全体に観光が組み込まれているような気がします。よく見るのは、四輪駆動車が列をつくり、中国人観光客がそれに乗ってタポチョ山への観光をしている事です。だからこのタポチョ山山頂の駐車場にこのような「お土産屋さん&椰子の実のオアシス」があってもおかしくはないな・・・・

しかし・・・あっぱれ中国人だな。観光客が行く場所に絶対的に入り込み、商売を始める。いつの日か、ダイビングポイント各所でこんな商売を始めるんじゃないか?と思うような勢いです。そうなったら、私も「かき氷屋&タコ焼き屋」始めるか!なんて思ってしまうぐらい、その商売へとゆうか、生き抜く為のド根性には脱帽です。

私が駐車場に車を止めて、山頂に上がる時はお店のお姉さんとご主人らしき2人で店番していたのですが、駐車場に戻った時は無人でした。コガシラに頼まれた椰子の実を買おうとお店に入ると同時に横に止めてあった車からお姉さんが出てきました。それも無愛想で・・・椰子の実を1つ注文すると、お姉さんはこれまた無愛想に椰子の実を取り、木カブに突き刺したナタを取り椰子の実の先を切り落としストローをさして、これまた無愛想に「2ドル」と言われ、お金を出すとさっとお金を受け取り「Thankyou」と言われました。「謝謝」と言い返そうか?お姉さんの無愛想ぶりに対抗しようか?と思う程、血が騒ぎましたが・・絶対に鼻で「フンっ」ってやられる無愛想ぶりが予想できたので、止めました。無愛想もここまでくると楽しいもんですね・・・中途半端じゃないとゆうが良かったかも。ここまでやられると、意外にも頭にこない。もう笑うしかないとゆうか、いつかこのお姉さんと漢字を書いて会話をしたいものだと思いました。この無愛想なお姉さんとそんなコミュニケーションができたら、何か別の達成感があるような気がしてならない暇な私でした。

   360度パノラマ状の絶景・激戦地サイパンの歴史・憎めない無愛想なお姉さんがいるお土産屋さん・・・全てサイパン最高峰のタポチョ山にあります。シリーズ3回でお届けしました「タポチョ山」是非、サイパンにお越しの際には「気が向いたら」行ってみて下さい。絶景を見て、歴史を知り、お姉さんに椰子の実を切ってもらえば、タポチョ山を100%満喫できると思います。因み、椰子の実ジュースは1個2ドルです。

2012年3月26日月曜日

タポチョ山 2

今日はリゾートサイパンの「タポチョ」ではなく、太平洋戦争の激戦地サイパン「タポチョ」を、ちょっと書いてみたいと思います。当然の事ながら、私は戦争を知りません。教科書で習った「太平洋戦争」もあやふやな状態。どこまで正確なのか?それも正直、分かりません。国と国との戦い、両国そろぞれが、自国の正当性を強調する中で事実は一体どこにあるのか?分かりません。ただその中に多くの民間人が犠牲となり、多くの死者が出た事実だけ私は知っているだけです。

   個人的なお話ですが、私が「サイパン戦」を知ったのは小学4年生。夏休みに読書感想文が宿題として出された学年でした。それまでも夏休みの宿題が面倒だった子供なのに、読書感想文が加えられ・・そんな私を祖父が書店に連れて行き「どうしてもこれを読んで欲しい」と買ってくれた本。

「戦火と死の島に生きるー太平洋戦争サイパン島全滅の記録」
出版社:偕成社  1970年発行
著作:管野 静子

強烈的に印象に残った本です。中学になり、従弟にあげてしまったけど・・祖父が亡くなり私がそのサイパンに住み、もう1度読みたい。とサイトで調べたら・・・ありました。涙出ました。早速、購入する事にします。大好きだった祖父が教えてくれた「サイパン」そして「戦争」

   去年はサイパン戦を映画にして上映されましたね。
「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男」
製作:「太平洋の奇跡」製作委員会
配給:東宝
原作:ドン・ジョーンズ

これは「タポチョ山」を舞台に、ゲリラ戦を展開し民間人を守った1人の日本人兵士の実話が映画化になったものです。日本がポツダム宣言を受諾した後も戦い続け、1945年12月1日。タポチョ山を下山しアメリカ軍に降伏したとされるものです。私はこの映画をサイパンで観ました。
日本人兵士「大場 栄」を俳優が演じ、ラストシーンは背筋がゾッとしました。それは敗戦で終わった日本でも堂々と軍歌を唄いながら下山し、その凛とした姿・行動に日本人として誇りを感じた部分でもありました。

   でもサイパンの「タポチョ山」には実際の写真がパネルとなって展示されています。

   それがこのパネル。中央の写真は「大場 栄」(大日本帝国陸軍軍人:最終階級は大尉)がアメリカ軍に降伏し、自身の軍刀を渡している実際の写真です。パネルにはその功績を称える文章が書いてあります。



   この「タポチョ」の山頂にはこのようなパネルが何枚も展示され、激戦地だったサイパンの歴史を知る事もできます。

   この山頂から見える青い海・空は当時の人達にはどんな景色として写っていたのでしょか?パネルを1枚1枚、見て記述を読んで、海や空を見るとふとそんな事を思ったりもします。

   パネル下には当時の戦闘経路のようなものが書かれています。

   私の叔父がサイパンに来た時、バンザイクリフで涙して手を合わせていました。叔父の恩師が玉砕されたサイパン。今も残るアメリカ軍の海からの砲撃痕。「海からこんな所まで飛んで来る玉。でも日本軍の大砲はアメリカ軍のような威力は無かった。そりゃ負けてしまうな・・」今でも覚えている言葉です。その叔父がサイパンに来た時はこのパネルはなく、既に他界してしまった叔父ですが、これを見せてあげたかった・・・と思いました。

   叔父は私に「子供はこのサイパンで生まれ、アメリカの子と机を並べる日がきっと来る。教育の中で戦争を教えられる日がきっと来る。でもそれはもう過去の事なんだよ。子供はそれを超えてその環境の中で立派に育てろよ」そう言ってくれた叔父。正直、子供が小学生になり「アメリカ史」の教科書を持って来た日、私は頭の中にすぐ「太平洋戦争」とゆう文字が浮かび、教科書を見せてもらいました。真珠湾攻撃から突入した太平洋戦争。アメリカ側からどんな内容で書かれているのか?とっても気になりました。日本語から英語に訳すまでの時間がかかった事・日本とアメリカの間には日付変更線がある事、それによって宣戦布告が遅れてアメリカに入り、真珠湾攻撃では多くの犠牲が出た。と書かれていました。
   現在のサイパン。

私達が知っているサイパンには、海からの砲撃もなく、青い海の上を走るレジャーボート。空には色とりどりのパラセーリング。島に響くのは、大砲の音や爆撃音ではなく、風の音と鳥のさえずり。多くの家が建ち、海に沿うように何軒ものリゾートホテルが建ち、コガシラの親友はアメリカ人。一緒に車に乗って学校へ行き、机を並べ、週末は一緒に遊び、同じ部屋で雑魚寝をしている。

   母は「鬼畜米英」を叫び、竹槍を持って学校の運動場で戦闘?訓練をしていた人。「自分の孫がアメリカ国籍を持つなんて、当時思わなかったでしょ?」と聞いた事があります。「思わなかった・・・」そう笑っていました。
そう思うと不思議です。それが時の流れ、戦争は「歴史」となった証拠なのかもしれませんね。
   今もいつ戦争が起こってもおかしくない世界情勢の中。核問題・エネルギー獲得の為の傲慢な行為。領土問題・・平和とは遠い場所にある現在。タポチョ山頂に立つキリストの像は、そんな世界に向かって今日も「平和」を説くように青い空の下、海に向かって世界を見ているような気がします。

2012年3月25日日曜日

タポチョ山 1

目も治ったし、天気も良くなったし、写真を撮りに出掛けようか!と、ゆう事で行ってきました。「タポチョ山」サイパン島の最高峰です。標高は473m、でも世界で1番高い山なんですよ。そもそもサイパンはマリアナ海溝の隆起した部分、マリアナ海溝はおよそ1万メートル。タポチョ山の山底はこの1万メートルの海底にあるわけです。サイパンにある山は山頂部分。だから世界で1番高い山となるんです。

   なんか誕生日が数ヵ月違いの女性が「私は貴方より数ヵ月若いわ」と若さを競いあっている内容と同じようにも思えますが・・・・コガシラが小学5年生の時に「世界で1番高い山はタポチョ山」と言ったので「大丈夫かしら?この子・・・」と。「学校の先生が教えてくれた」とコガシラ。サイパン教育に大きな不安を持ちました。でもちゃんと先生は教科書通りに世界で1番高い山も教えていました。でもタポチョ山がどうして世界1なのか。先生が言われた事をコガシラに聞き、納得。それが上記の内容だったんです。

   クラブハウスがあるのはこのタポチョ山の麓。景色は良いのですが、やはりタポチョ山の山頂から見る360度広がる景色は絶景です。フィリピン海・太平洋・テニアン島。くっきりした日には遠くロタ島も見えるとか言いますが、何度行っても見えた事はありません。多分、双眼鏡が必要なんでしょうね。ガタガタな山道を上がってタポチョ山に行くには、四輪駆動の車が必要です。車体の低い乗用車は底を擦ってしまいます。

   駐車場に車を止めて、階段を上がると・・・それはそれはパノラマ状に絶景が広がります。言葉が出ません。私の腕が悪いのもありますが、一眼レフならもう少し良かったかもしれませんが・・・タポチョ山はサイパン島の中央に位置する場所にあります。写真が良くないけど、ご案内します。

  これは島の南西の方角。はるか沖にはうっすらとテニアン島が見えます。
写真の中央に池のようなものがあるの、分かりますか?ここは「ススペ湖」と言われる淡水の湖とゆうより、池です。島で唯一ここだけ。でもここは私有地なので、無断に入る事はできません。 



   こちらは北東に位置する場所。

この先にはダイビングでも有名な「グロット」があります。昔、大家さんが新聞を持って自慢した事があります。世界の海底洞窟でサイパンのグロットが2位に選ばれた事。1位の海底洞窟はレジャーとして入る事ができない為、人が入る事ができる海底洞窟として世界1だと。サイパンって実は「世界1」が海と山と2つあるんですねぇ~凄いぞ!サイパン・・・

   これは島の南です。遠くに白く広い敷地がありますが、それは滑走路です。小さな海に囲まれたサイパンの玄関です。 







   空がとっても近いです。

手を伸ばせば届くような雲。右端に見えるのは、サイパンの繁華街「ガラパン」にあるホテルです。







   正直言って、ここに来るとカメラをどう撮っていいのか?分からなくなります。どこの部分を中心に置くのか?全く分からなくなる程、視界には大きな空と大きな海が広がり、足元に広がる緑のジャングルが小さく小さく見えます。


そこに立つ自分はもっともっと小さく感じます。自然の大きさを改めて感じる事もあります。長年かかってできた環礁・・・リーフラインが北から南に。大きな雲がすぐ目の前にある。真っ青な海はいつもの景色と違ってとんでもなく広大で、水平線の向こうにも海が広がっている事に気がつきます。


  サイパンにいらしたら、1度「世界で1番高い山?」のタポチョ山に行ってみて下さい。レンタカーを借りられる時は、必ず四輪駆動車を・・・



   しかし・・・「タポチョ」って可愛い名前!タポチョだって・・タポチョだよ。タポチョ・・「タポチョ!」

2012年3月23日金曜日

やっと・・・

自分が思っていたよりも、目の回復に時間がかかりました。これは自分が思っていたよりも、酷く傷つけていたのか?それとも20年前にコンタクトで目を傷つけた時以来の事だったので、20代の時と40代の今、細胞の再生に時間がかかる為なのか?本当のところは分かりませんが、ようやく普段通りの生活ができるようになりました。

   今日ははれて、ブログ用のネタ用に写真を撮りに行こう!と思いきや、昨夜から猫の「ぷくちゃん」が顔を洗いだし「ひょっとして、天気が崩れるのかな?」と思った予感は的中で(猫の顔洗いは天気予報より当たるかも!)朝方降った雨があり、どんより曇った今日。昨日までの晴れのお天気は何処へ?
目が痛い時に雲っていてくれた方が目に楽だったかも?治ったらいきなり曇りださないでよ!2012年、前途多難?

   明日晴れたら、写真を撮りに行こう!目が痛かったので、家から出なかったし・・・

2012年3月21日水曜日

イタイ・・・

しばらくブログを止めてしまいましたね。

土曜、コンタクトレンズで目を傷つけてしまいました。PCの光が目に入るだけでも激痛ぅ~!!って事で・・・こうゆう事は3度目。病院へ行っても、結局は自然治癒。今日からボチボチ行動開始。

2012年3月17日土曜日

やっぱり念力だ!

朝の曇り空が切れて、今は晴れています。風も強いですが、昨日程じゃありません。でも海上は波だっているかな?カシラが帰ってこなきゃ分からないけど・・・でも今までみたいに突風で「ドシャン」「ガシャン」の音は周囲からしなくなっています。やっぱり私の念力だ!朝、体中のパワーを掌に集めて空にかざしたし・・・それから風がおとなしくなったし・・・そうゆう事にしておこう!

   では午後からの念力飛ばし、これから頑張ります。今日も午後から晴れが続いて、突風が吹かなくなるよ!明日は午後からだけど、サイパンに来ていらっしゃる全ての方々の為に念力飛ばそっ!

   良い事をした日のお酒は美味いんです!よし!この勘違いのままの状態のテンションで今夜のお酒を美味しく飲もう!

台風じゃないけど

風ばかりが強い毎日です。常に風が吹いていて、時々モノをなぎ倒すぐらいの突風が吹き、周囲では「ドン」「ガチャーン」なんて音がします。

   カシラ曰く、海上は3mの波。凄い荒れているとか・・・今日もこんな風が強いなら「マニャガハ島」のツアーでも催行が危ぶまれるんじゃないかな?当然、パラセーリングなんて出来ないし。雨は降っていないけど、曇り空で風だけが強い状態。今日のお客さん、大丈夫かな?本当は真っ青な空と太陽・最高な海況でダイビングを楽しんで貰いたいんだけど・・・・

   5時に目が覚めて、寒さと強風の為、ジョギングを中止(情けない)でも、そのパワーを天の神様に・・「どうか風が止みますように」体中のパワーを掌に集めて空にかかげる。気のせいかな?ちょっと風が止んだような気がする。ええええ~空にかざした念力から30分。ほぼ今はそよ風・・・マジで!マジ?と心が騒ぐ・・・今日は風止み念力を1日空に飛ばそうかな。でも本当に風止まったら?と思うと御満悦!でもきっとみんなは言うでしょうね。「偶然」「今日、ちょうど天気予報でも風が止むようになっていたんだよ」ってね。いや!私の念力が通じたんだよ。なんて書いているうちに、また風が?

   しかし寒い!今日は温かい鍋が食べたい。と思うぐらい、寒いです。
長袖来ています。そろそろカシラを起こします。コンロの火で暖をとります。いつもならコーヒーをいれる。その作業が、今は暖をとる為にコーヒーいれよう!とゆう気持ちになっています。さむっ!

2012年3月16日金曜日

チンパンジーはいないけど

何年か前に日本の動物園で、こんなチンパンジーを見ました。そこは広場に数十匹のチンパンジーがいて、掘りがあり脱出できないようになっているのですが、お客さんからは立った位置と平行してチンパンジーが見られるようになっています。小さな小さな可愛いチンパンジーは悪戯好きで、ウロウロしてはじっとしていない。そこに毛も抜けて、皮膚もカサカサな状態の高齢のチンパンジーもいました。小さなチンパンジーは高齢のチンパンジーの所へ行って、手を出してチョッカイかけるのです。嫌がる高齢のチンパンジー。嫌がるのを面白がって、子供はどんどんチョッカイをかけます。最後に、高齢のチンパンジーが悲鳴のような声をあげました。すると、子供のチンパンジーの母親らしきチンパンジーが飛んできて、子供の頭を「パシッ!」と叩きました。そして子供を壁の穴のような所に押し込んで、自らそこに座り反省させていました。「人間みたい・・・」なんて感心していると、視界に違うチンパンジーがお客さんに向かって急に威嚇するような・・・何やら雰囲気があやしくなって・・・私はコガシラの手を引っ張ってその場から離れました。このチンパンジー自分のウ〇チを拾ってお客さんめがけて投げたのです。ネットにウ〇チはあたり、散り・・・私達はセーフでしたが、隣でカメラを構えていたおじさんは被害に・・・動物園に行くとチンパンジーの広場、よく見ていました。コガシラがまだ小さい頃は、日本に帰ると毎回、動物園と水族館へ連れて行きました。今はダイビングもするコガシラなので、水族館は行かないし、動物園も行きません。何故か?と言いますと、サイパンに動物園があるからです。
  コガシラが小さい頃は、絵になっている動物はいなくて、家畜(豚・鶏・アヒル)七面鳥・ヤギ・金魚・亀(淡水)なんてものでした。1匹だけ猛獣とまではゆかないけど・・・それらしきものがいました。係員に「これ何?」と聞くと「WILD CAT」と言っていました。でもそれでも動物園。コガシラはサイパン動物園にもよく行きました。そして代表的だったものは「フルーツこうもり」フルーツを食べるコウモリですが、結構大きなコウモリです。サイパンではもういない、と言われていますが本当のところは分かりません。でも乱獲が原因だったようです。これ、食べるし。私は実際食べた事はないのですが、その料理の写真は見た事があります。毛がついたまま、ココナッツミルクのスープの中で口を開き尖った歯を「がっ!」って感じでむき出しにしていました。姿煮も完璧なる姿煮でした。鍋の蓋とって真っ白のココナッツミルクスープの中で真っ黒なコウモリが「がっ!」っていたら逃げるよ。そもそも、私は魚の活きづくりが船に盛られてきた時には、紙ナプキンを魚の顔にかけて食べる人なんですよ。そんなコウモリが「がっ!」なんて顔をされて歯むき出しにしていたら・・・ゾッとします。

   そんなフルーツコウモリが生きた状態で檻の中にいる(当然)サイパン動物園。受付の横でポップコーンが売られていて、それをコウモリにあげると喜んで食べるんです。日本だと「餌を与えないで下さい」と書いてありますが、係員が「ポップコーンも食べるよ」と教えてくれて・・この辺が日本の動物園と違うところですね。

   もう何年前かな?コガシラが中学生の頃か?小学生の高学年の頃だったと思いますが、猛獣と言われるライオン・虎も動物園にやってきました。グアムの動物園から引き取られたようです。来た頃に見に行きました。虎はもう大きくて怖かったけど、ライオンは大きかったけどまだ「たてがみ」が立派な状態ではありませんでした。子供かな?コガシラはその後、友人達と動物園に行き、このライオンにオシッコかけられたそうです。って事はそうです。かなりの至近距離でライオンを見る事ができるのです。サファリパークとは違った迫力ですよね。

   何年か前にサイパン動物園より北の位置にある場所で、山火事がありました。風向きからして火の進行方向は動物園側。猛獣が火を見て興奮して脱走しやしないか?と一瞬、怖かった夜を思い出します。昔、友人が出社時に車で走っていたら、道路にエミューが立っていたそうです。脱走したんですね。これエミューは笑えたけど、ライオンとか虎じゃ笑えないよね・・

   因みに熊もいます。グリズリーじゃないです。ちょっと小型のくま。日本で例えたら、ツキノワグマ級かな?猿もいます。チンパンジーとかオランウータンとかゴリラとか一般的に知られているような猿ではないのですが、いつもお腹を空かせているようなすばしっこい可愛い猿です。
でも私はチンパンジーが居ればいいなぁ~と思っています。日本の動物園で見た、あのようなドラマをしてくれるんじゃないか?と・・・

   島の小さな小さな動物園、でも内容はダイナミック。
一度、どうですか?島の動物園・・・なかなか面白いかもです。

ちょびっと・・・

昨日から風が強くて、ちびっと肌寒いです。一昨日前までの数日間は初夏を思わせる感じで、日中の気温もグングン上昇!体感温度もグングン上昇!それに合わせるように私の行動のダラダラも上昇!「あぢぃ~」と吠えて、午後3時頃になると西側向きの部屋を避けていました。って言っても、我が家は西向なので東側の場所って?台所とトイレとシャワールームぐらいしかない!そこで1日過ごすのは不可能なので「あぢぃ~」と言いながら西日でサウナ。


   ←こんな感じ。これは午後3時の写真ですが・・・3月12日に撮ったものでございあっす!

   小さくて分からないかもしれませんが、写真右の椰子の葉。キラキラしていませんか?太陽光線が反射してこんな感じです。肉眼ではもっとキラキラしていましたが・・・11月下旬~3月上旬までは南国の冬?みたいになり、このキラキラがないんですよね。太陽光線が弱くなるってゆうか、太陽がやる気ない!ってゆうか・・・

   今日も風が止む気配がないですねぇ~午後からでもいいから、止んで欲しいなぁ~1ヵ月前にひいた風邪、そしてこじらせた風邪、そしてその後、コガシラが貰った胃腸風邪。風邪三昧をさせてもらい、ようやく治ったのですがまだちょっと喉に痛みが微かに残っているみたいなので、今日は1日おとなしくしています。朝からその計画をたてていたので・・・ちょっとサイトで検索したものがあるんです。

   「名古屋めし」ウシシシ・・・私は岐阜県なのですが「名古屋めし」にお世話になったので、懐かしい味です。味噌煮込みうどん・味噌かつ等・・でも実際に家では「赤だし」は使っていなくて、名古屋に行くと食べていたモノだったりします。でも・・私が「名古屋めし」で大好きなのは「あんかけスパゲティ」東海地区の方ならすぐ分かりますよね?それのレシピがサイトで出ていたので作ってみようか・・・と。風が強いし肌寒い今日。なんとなく家でおとなしくしていた方がいいみたい・・・ここでまた風邪ひいたら、洒落になりません。節分の年明けから風邪っぴきなんて・・・あんまりだぁ!

2012年3月13日火曜日

サイパンモヒート

   「あぁ~私の恋は、南の風に乗って走るわ。あぁ~青い風、きって走れ!あの島へ~」

   高校生の頃、よく聞いた「青い珊瑚礁」です。このお酒を飲むとこのフレーズが頭の中をグルグル廻って、お花のイヤリングがにあう、南の島の可愛い女の子になってしまうのです。(頭の中では・・・)「誰か!この暴走を止めて!引きずり下ろして!」

   高校時代のウブな私?が降臨する?いや、憑依する?お酒がこの「モヒート」とっても爽やかで透明感のある味です。さっぱり、すっきり・・この酒豪の私がイチオシのお酒。まったり、ゆっくりのお酒より、さっぱり速効!のお酒を好む私には最高なんです。でも、カウンターに座っているお客さんの前には、このお酒が並んでいるし、女性のお客さんは必ず飲んでいるんですよね。その理由が分かりました・・・

   ここのお店の「モヒート」ちょっとやそっとのモヒートじゃないんです。私は1人暮らしが長かったので、なけなしのお金で居酒屋やバーに行って気に入ったモノは必ず家で同じ味にするまで練習する!とゆう特技を持っています。成果?100%ですよ・・・で、ここのお店の「モヒート」が超気に入って、初めて飲んだ翌々日にはお店でホワイトラムを買って、ミントを買って、ライムが無かったのでローカルレモンで作ったんです。砂糖も少し入れて・・・ラムだってファミリーサイズか?と思うような大きいボトルを買ったんです。ビールが飲みたいカシラですが、完成するまで「モヒートもどき」を飲んでもらって、協力してもらったんです。何度も何度も何杯も何杯も・・・苦節数ヵ月、空けたボトルは・・・・言うのは止めます。しかし!完敗です。できません。お店の「モヒート」ができません。この味が出せない・・どんなに頑張っても出来ませんでした。簡単に真似できる味だったら、みんな飲んでいませんよね。だからこのお店はこのモヒートが人気なんですね・・・

   この「モヒート」を作る男性は元ダイバー・・思い起こせば、20年前、まだ私が南の島のお花のイヤリングがにあうか?どうか?とゆう年齢の頃にお会いした方。真っ黒に日に焼けた素敵な人でした。海の男!とゆうオーラが出まくりの方でした。島のダイバーからも一目置かれた方。やはりその時から信頼を置いていた私。20年経った今でも、その信頼と彼の髪型は変わりません。
   
只今、私の2杯目のモヒートを。
「キューバモヒート」とも言われるようですが、私はあえて・・このお店のモヒートを「サイパンモヒート」と言いたいぐらい美味しいです。惜しげもなく、大きなコップで丁寧に作られるモヒートは1杯7ドル。この味にして7ドルは安い!と思います。是非、サイパンにいらした時はこのお店の「モヒート」飲んで下さい。この男性は「タカさん」とみんなから言われています。女性が1人でいらしても、男性が1人でいらしても・・・包み込むような口調で話してくれて、いつの間にか時間が過ぎてゆく。とっても素敵なお店です。これからサイパンはとっても暑くなります。太陽の下で思い切り遊んで、シャワーして、身軽な格好でこのお店に来て下さい。さっぱりで爽やかな「モヒート」が太陽の熱を下げてくれますよ・・・

   さて・・家に帰ろう・・・「モヒート」は自分で作る事は諦めました。飲みたい時はここに来て飲もう。完敗をタカさんに告げる。

   2杯のモヒートを飲んで外に出て、お店の看板をカメラに。

   「SALTY'S」お店の名前です。このお店は前出のSURF TURFと同じ建物なんですが、向かって左側にあります。

   ガラパンのDFS(免税店)正面玄関に向かって左側に「I LOVE サイパン」とゆうお土産専門店があり、その左の建物。右にSURF TURF。左に「SALTY'S」です。

   看板をカメラで撮っていたのですが、反射でなかなか上手くとれない私。悪戦苦闘をしていると、助太刀してくれたこの男性。実はお店のお客さん。

Thankyou!Wayne・・・

2012年3月12日月曜日

SURF TURF

   ちょっと写真が暗いですね。
これは「お香」です。香りの種類が豊富です。香りは和風ではありません。ココナッツ・ムスク・雨上がりの香りとか、ちょっと面白い香りです。落ち着く香りもありますが、気持ちがポップになるようなワクワクするような、香りもありますよ。私がお気に入りなお香は「BLEND 22」とゆうオリジナルの香りです。このお店にもこの香りが・・・・アロマオイルもありますが、このオイルの香りでお薦めは「OCEAN WIND」「DRAGON'S BLOOD」です。

   Tシャツもオリジナル。ハワイからのTシャツもありますが、サイパンでデザインされ作られたTシャツはデザインがよく入れ換わり、島の人達にも人気です。コガシラもここのブランド好き。
「FOTTEN GAGA」チャモロ語で「西から来た犬達」とゆう意味だそうです。
サイズはアメリカンサイズなので、日本人の方だったら、1つサイズを下げた方が良いかもしれませんね。でも本当は試着するのが1番ですが・・・

   女性用のTシャツもありますが、ここにはビーチサンダル(ハワイのブランドでスコット)もあります。ちょっと重いけど、裏のゴムが絶対に滑らないのでダイバーもよく履いています。20ドルちょっとして高めですが、一度履くともう手放せない。カシラもそれを履きますが、仕事中にビーチサンダルを盗まれる事もあるんです。みんな知っているんですよね。いいものだって・・・だから狙われるんです。それとアクセサリーも豊富です。元気な女性のアクセサリー!って感じで、デザインはとっても大胆ですが、私は好きです。若ければ全部揃えたいぐらい。値段も20ドル前後のものが多いからお手頃かな。遊び感覚でつけたいアクセサリーです。

   若い人に人気なお店で、ローカルの人達も多く来ています。驚くのは、平気で「マリファナ」のポスターとか売っているところですよね。違法ブツのポスターを売るってのも面白い。沢山の小物も売っています。前に私はここで「人魚」のネックレスを買ってつけていた事があります。その時にいらしらお客様が60代~70代の女性の方々。「これ、何処で買ったの?私も欲しいんだけど・・・」と言われ、10名程ご案内した事がありました。凄い勢いでアクセサリーの棚の商品が売れ、人魚のネックレスは完売。Tシャツもかなり購入され、ここの店主のおじさんがビックリ・・・年齢問わず、素敵な商品が見つかるお店です。サイパンにいらしたら、是非・・

   こんな素敵なお兄さんが接客してくれますよ。話したのですが、とっても優しくてナイスガイでした。誰かに似ていませんか?「野球選手のイチローに似てるって言われたことない?」と聞くと「言われた事ないけど、僕は彼みたいにハンサムじゃないよぉ~」と照れていました。
「いやぁ~貴方、とってもかっこいいよ。写真撮らせてよ。日本人の女性のお客さんが増えるかもよ・・・」「えええぇ~・・・・!!」と言いながら、照れてしまうので何度も取り直し。素敵でしょ?彼・・・(若かったらなぁ~)と思う自分でした。彼の名前は「JOEL」夜、このお店にいるようです。私からしてみれば、息子の年上のお友達のような彼ですが・・・Handsomeな男性は幾つになってもワクワクさせてくれるもんです。

   このお店はガラパンにあるDFS(免税店)の正面玄関向かって左側に「I LOVE SAIPAN」とゆうストアーがあります。またこれの正面玄関に向かって左側に3件ぐらいお店が繋がった平屋っぽい長屋のような建物があります。その右側にあるお店「SURF TURF」


   実はちょっと紹介したい商品があったのですが、あいにくその日は完売しているみたいで・・・次回、このお店の看板とその商品を紹介しますね。

2012年3月11日日曜日

1年が経ちましたね。

   1年前の今日、テレビに映る映像を観ながら涙がどんどん出てくるのに、何が起こっているのか?頭の中が整理できないまま呆然とテレビの前で立っていた自分を思い出します。

   今日は日本からの番組をPCを通して受信して、ケーブルを繋いでテレビに映るようにして震災の特別番組を観ていました。気持ち的には呆然とするものはないだろう・・しっかり受け止めて観れるだろう。と思っていましたが、でも1年経っても涙は同じように流れます。

地震発生時の時間に、玄関を出て日本に向かって黙とうをしました。

   改めて、犠牲者の方々のご冥福をお祈り致します。そして被災地の多くの方々が1日も早く、安心して暮らせるように・・・心よりお祈り致します。

この海の向こうの母国日本が安全で豊かであるように、そして人の思いやりが人を救いますように・・・

2012年3月7日水曜日

愚痴になるけど

地元新聞で「公立学校の停電」が決まったようです。対象となる学校は小学校3校・中・高校で数校の6校。ガソリンの値上げに伴い、電力供給が充分にできなくなる。「政府は滞納している電気代を払え!」と怒鳴りたくなる。

   過去に大規模な停電があった時、公立学校が長い間休校になったけど、これで2度目です。私達の生活の中で電力が来なくなって停電生活に陥るのも時間の問題かもしれない。

   しかし・・・学校に電力が供給されないとサイパンの子供達はどうなってしまうんでしょうか。小さいお子さんを持つ人達にとっては「まだまだ子供に英語を・・・」そうゆう気持ちは大きいはず。それなのに、学校に電力を供給できない島の経済や政権体制にこの先の不安を抱かないわけがない。

   先程、近くのストアーに行きました。小学1年生ぐらいかな?坊主頭の可愛い男の子がお母さんと一緒に買い物に来ていました。今日は先生の緊急会議があるのでしょう。公立学校が全て臨時休校になっています。きっとその子も学校が休みになって来ていたのでしょう。元気が良くて、でも暴れる事なくて、目がキラキラしていていろんな商品を見て笑っている。とっても可愛い子でした。「この先はどうなってしまうんだろう?」そう思うと、頭を撫でてあげたくなってしまい、男の子の頭をクルクルっと撫でました。男の子は最初ビックリした顔をしていたけど、私が笑っていると彼もニコッリ笑ってくれたんです。お母さんは私に「ありがとう」と言いました。「可愛い子ですね」そう言うとお母さんは「ありがとう。でもとってもいたずらっ子なのよ。今日は学校が休みでね・・停電の事でね。もうサイパンはダメね」ため息ひとつ・・・
私は返す言葉がありませんでした。何故なら、私達は母国があるから。そんな表情を見てかお母さんは私に「ごめんなさい・・」と言いました。

   その後、養鶏場に行き卵を買いに行く途中・・・民家の前を通りました。トタンの壁の貧しい家の前で子供達が3人、背筋を伸ばしてきちんとした格好でお父さんの話を聞いていました。何を話しているんだろう?お父さんも子供達も真剣な顔をしています。子供達は小学生の中学年ぐらいかな?叱られている様子ではありません。こんな日はやっぱりお父さんも子供達の将来を考えて、何かを話しているんだろうと思ってしまいます。

   今、バックロードの工事をしていますが・・・着工から3・4年は経っているのに全然進んでいない。こんな工事をするよりも、やるべき事があったんじゃないか!と。前の停電の時も島民に恐ろしい負担があって、アメリカから島民を救う為の援助金が出たのに、島民の為には使われる事がありませんでした。数週間前は、生活保護の援助金がアメリカから来たのに4年前からその一部が役員の給与に使われていたとか何とか・・行方が分からないようです。

   今、政府はまたこの状況に陥り・・・罪のなすり合いをしています。
病院も経営破綻し、深刻な状況です。病院とゆう役目をギリギリで果たしているような状態。それは病院としてではなく、医者と看護師と事務員の方々の頑張りで維持できているだけのような・・そんな気がします。

   でも子供達の可能性が育つ学校を政府の曖昧な政策の犠牲となるのは許せないですね。知事も議員も学校を卒業して今の地位に就いたんだから、充分に分かるはずだと思うんですけど・・・

2012年3月6日火曜日

クジラの唄

オブジャンで潜ってきたカシラが。。。「今日、オブジャンでずっとクジラの声がしていたよ。ポイントからずっと沖の場所にクジラがいたと思う。クジラが遊んでいるような・・・そんな声がずっとしていて、このまま沖に行っちゃいたい!と思うぐらいだったよ・・・」

   この時期、もう3月だと終わりに近い頃だと思いますが・・・サイパンの島周辺に親子のクジラが現れます。実際に近い場所で見た事はないのですが、きっとザトウクジラなんじゃないか?とも言われています。

   コガシラが3歳の時、島の北に位置する場所。リーフの外でも岸に近い場所で親子のクジラが泳いでいてその場に居続けたのを肉眼ではっきり見た事があります。時々、潮を吹いたり尾びれを見せたり。感動的でした。そのクジラの親子の前をリーフギリギリの位置で100頭以上のイルカの群れが横切って行ったんです。もう興奮しました。サイパンの海って凄いなぁ~と・・・

   今、こうしてブログを書いている時もクジラはこの島の近くにいるんだな・・・と思うと何か嬉しいです。こんな月夜の晩に、島の近くの場所でクジラが泳いでいるのなら、シュノーケルスタイルで海に飛び込んで泳いでみたいな・・・と思ったりして、幻想的な世界にしばし浸る。そんな感じです。
でも実際には行けないし・・・怖いし。でも想像だけでもかなり神秘的です。

   会いたいな・・・クジラ。

2日サボりました・・・

2012年辰年になって、年女の私は昇り龍のごとくこの1年は舞い上がってやろう!と宣言しました。三日坊主の私がここまで続けたのは今までの人生の中でも数える事ができる偉業?の中の1つでした。が・・・2日間さぼりました。

   実は先週金曜日にコガシラ君、学校を早退してきました。胃腸風邪だったのです。夜中まで吐き続け、看病をしていた私は昨日の午後~やられました。今朝になって胃がまだドーンとしていましたが、コガシラよりも症状が軽く1日で何とかなりそうです。今月になって風邪をぶり返し、それでもって胃腸風邪なんて・・・あんまりだ!と・・・でも胃腸風邪をしたら、元々の風邪が何処かへ行ってしまったんですよね。胃のドーンが無くなれば、2つの風邪が治って良かった、良かった!って事になる。「人生、苦ありて楽あり」だよね!

   じゃ言い訳ブログはここまでにします。しかし・・・不思議なもので、コガシラがあんなに吐いていた時「炭酸ジュースが飲みたい」と言っていましたが、私は「日本のイチゴヨーグルトが食べたい」と言っていたんですよね。
気持ち悪いのに、日本に帰った時にはヨーグルトを沢山買って冷蔵庫に入れる想像さえもしていました。カシラが夜、日本食材を売っているお店に走ってくれて「日本のヨーグルト」を買って来てくれました。「1つしか無かったけど・・イチゴしか無かったけど」と。私はイチゴヨーグルトと限定しなかったのですが、イチゴが来てめちゃくちゃ嬉しかったです。凄く美味しかったです。サイパンに来てこんなに食べ物が美味しい!と思った事、無かったかもしれません・・・

2012年3月3日土曜日

お雛様

今日は女の子のお節句「お雛様」でございます。ええぇ~私達「女の子」のお祭りの日なのです。幾つになっても「女の子」に戻り、お雛様の前で甘酒・お菓子等を食べるのです。(って、やった事ないけど)

   2年前に日本に帰った時、母と押し入れの整理をしました。「そう言えば、この押し入れの大きな箱(確かオルガンを買った時に入ってきた箱)にお雛様があったよね?」と母に言うと「もう何年も前に人形供養をしてくれるお寺に持って行ったよ。でも主役の2人と三人官女はあるよ。それとケースに入ったお人形も数個あるよ」と言われました。

   お雛様は母の嫁入り道具の1つ。だから姉と私のお雛様は母のものだったのです。それで姉と私の誕生にケースに入ったお人形を親戚やら知人やらから貰い、かなりの数のお人形があった記憶。小さい頃はお雛様を出して飾る作業で1日かかったものでした。残ったお人形を数十年ぶりに見ました。確か・・・小学生までは飾っていたような。中学になってからは飾らなかったかな。高校を卒業してすぐに地元を離れ、現在に至っているので、実家で暮らす事はそれ以来なくてお雛様の事はすっかり忘れていたわけです。でも母は毎年ではないけど、メインのお雛様は出していたと言っていました。

   小さい頃は近所の子のお雛様を見に行くのも楽しみでしたが、私のお雛様は母の嫁入り道具。友達のお雛様は友達が生まれた時のお雛様。顔も大きさも違い、友達のお雛様の方が豪華に見えました。でも母が持ってきたお雛様は美人系・友達のお雛様は可愛い系。小さいながらもそれは分かっていたんですよね。お雛様を出している期間に祖母と母が「からすみ」とゆう長いお餅のようなものを米の粉を使って作ってくれました。そして五目御飯・お吸い物。雛菓子・・・それをお人形の前に運ぶのは私と姉の役目でした。

   近所に1人とっても仲良しの1つの上のMちゃんが住んでいました。
彼女は小さい頃から「男になりたい女の子」で、スカートを履いた事もなく行動もいつも男っぽくて・・・現在は作家さんですが、今もそれは変わらなくて彼女のブログには自身の事をカミングアウトして、堂々と胸張って生きている素敵な人です。

   私は小さい頃から彼女が大好きで、いつも一緒に遊んでいたのですが、天才とまで言われた彼女の遊び方は子供の遊び+天才要素が入ったもので、将来 食糧危機がくるから食べ物を確保した方が良い。と言われ、お米やらチーズを土に埋めたり、いつか日本円が変わる、その時に私達の子孫が今のお金を発見したら凄い事になる。と言われ、お小遣いを土に埋めました。(翌日、私が全て掘り起こしネコババしたのですが。2年前に彼女に正直に話して謝罪済み)聖書を読んでいた彼女、イエス・キリストを教えてもらった小学生低学年、お風呂に使う小さな薪をクロスして釘をうち「十字架」と言って何個も作り、祖父が釘を抜いてはお風呂の薪に使い「もう止めてくれ」と笑った事も。そんな遊びを私に教えた彼女。

   そんな彼女が突然、何を思ったのか?魂の話になったのがこの「お雛様」シーズン。「髪が伸びる人形もいる。夜になると泣く人形もいる」彼女はそんな事を言いました。(彼女は全ての分野に極めて高度な興味と知識を持っていました)特にカルト的な部分は大好きだったような・・・

   彼女が家に来た時に私に囁きました。「よっちゃん(私の呼び名)のお雛様、夜中に動くかもしれないよ。人形と人形の間を測っておいてさぁ~明日また測るんだよ。その数字が違えば、動いているって事だよ」

   マジで人形と人形の間隔を全て測ったんです。私がメジャーで測り、彼女が記入する。これを真剣に黙々とやったわけです。でも私って昔から、熱しやすくて冷めやすい性格。上から三人官女までは正確に測っていたんですよ。でも5人ばやしにくると、もう面倒になっちゃって。所詮、子供だから発想があっても集中力なんて持続しない。特に私は元々「集中力」を発揮するのは、テレビでやっていたウルトラマンを観る以外は無かった子供だし・・・

   彼女は翌日も家に来て「よっちゃん、お雛様が夜中に動いていたか?測り直してみよう」と言ったのです。元々、いい加減にやっている私。まさか来るとは思っていなかった彼女。当然・・・昨日と今日の人形と人形の間隔の数字は違います。「やっぱりそうだったか・・・」彼女は納得したような顔をしてお雛様を見ました。「よっちゃん、このお雛様、酷い事をしたら祟りがあるから大事にした方がいいよ」彼女は怖い顔をして言いました。私はすっかり彼女に洗脳され、自分がいい加減に測った事さえ忘れて「家のお雛様は魂が入っていて動く」と・・・それからお雛様の顔を見るのが怖くなったのです。我が家では2階の部屋にお雛様を飾っていたので、それ以来1人で2階に行けなくなってしまいました。

   Mちゃん・・・ごめんね。土に埋めたお金を掘り起こした事もお雛様の事も。2年前、Mちゃんは私がお金を掘り起こしたのは大笑いして許してくれたけど、その後Mちゃんのブログを読んだ時、「私のお小遣いをネコババした幼馴染の・・・」ってしっかり私の事が書いてあったよね。
だから今回は、お雛様の事Mちゃんには黙っていようと思うの。でもね、最初にMちゃんが「人形が動いているかもしれない!測ろう!」と言った時、凄く面白そうで興味深々だったけど、やっているうちに退屈で面白くなくて、いい加減に言っていたんだよ。だから翌日、数字が違うのは当然の事。でもMちゃんの真剣な表情を見て「めちゃくちゃに測った」って言えなかったの。ひょっとしてずっと信じてる?うちのお雛様が動いたって・・・・

   でもいつか・・・お雛様でスイッチをONにすると5人ばやしが演奏をして、三人官女が踊る。そんな雛段があったら面白いかも?


   今日はサイパンの話題じゃないけど、何となく「お雛様気分」で・・こんな事を書いてしまいました。

2012年3月2日金曜日

猫と氷水

   一昨日から風邪が強いものの、陽射しはだんだん夏を思わせる光になってきました。3月に入ると「あっ!」と、ゆう間に南国の初夏から真夏へと一気に駆け上がるように気温もグンっと上がってきます。それは人間の私達も「あぢぃ~」とゆう言葉がつい出てしまうのですが、猫や犬は毛を羽織っている分、もっと「あぢぃ~!!」と思うのが早いかもしれません。案の定、今夜は久しぶりに風が止まった夜。

   我が家の猫の福呼ちゃん(ふくこ。コールネーム:プクちゃん)も今夜は「あぢぃ~!!」らしく、氷水に興味を持ち、何度も手を入れては冷たさに驚き?手を振り払い、何とか氷を取ろうと挑戦。とっても楽しそうでした。

   ここで一句・・・

「南国の猫が喜ぶ氷水」    by女将

2012年3月1日木曜日

宣言撤回

昨夜「風邪だから明日のブログは休みますねぇ~」と書いたものの、寝る前に飲んだ薬が効果抜群で・・・今、元気。海で泳ぐ事もできる感じ。ダイビングは耳抜きが難しいかな?と思うので行かない!ぐらい回復しました。
でもその薬とゆうのが、アメリカから来ているものですがカプセルの大きさが「ナツメ」を一回り小さくしたぐらいのサイズで大きいんです。そして2カプセル飲むんですよ。飲む時、喉に引っ掛からないか?と慎重になります。
あ!1個ずつ飲めばいいのか・・・今、気がついた。

   カシラが近くのストアーで風邪薬を買って来てくれました。
風邪&咳用のもの。何種類かあった中でみんな見せてもらってカウンターで成分を見ていたらしいのです。そこに店主(韓国人のおじさん)が何かもめているのか?と思って出てきたらしいのです。
「実はうちのかみさんが、風邪をひいてなかなか治らないんだよね。元気なんだけど、咳が止まらず・・・ここ2・3日ちょっと喉が痛いとか鼻づまりがって言っているから、ぶり返したかもしれないんだよね」とカシラが言うと店主は「彼女、大丈夫か・・・そうゆう時は朝鮮人参を食べた方がいいよ」と。カシラは数年前にこのお店で小さな朝鮮人参が丸ごと入った栄養ドリンクを店主に勧められた事がありました(カシラが風邪をひいた時)それを思い出して「あの朝鮮人参入りのドリンク?前買って食べたんだけど、何か変だったよ」と言うと店主は「あんなもん食べるもんじゃない・・あれはダメだよ」と言ったそうな・・・(何なんだよ!食えって言ったじゃんか・・・それで食べたら何か変だったから吐きだしたのに・・・)と思ったそうだけど、止めたそうな。いい加減だなぁ~

   そう言えば、ここの店主。前に犬を飼っていた時にドッグフードを買いに行ったら「犬飼ってるの?」と言われ「うん」「食べた事ある?」と聞いた。「何を?」「犬を・・・」「ないよ」「韓国人は食べるんだよね。俺は食べた事はないけど、犬は飼うものであって、食べるもんじゃない」と力説していた店主。面白い人なんです・・・

   数年前に店主が私をつかまえて「ちょっと聞いてくれる?」と怒っている。「どうしたの?」と聞くと「信じられないよ。中国人の観光客。タポチョ山に来てここに寄ってくれるのは有難いんだけど、トイレの中にトイレットペーパーを突っ込んだんだよ。それで詰まってしまって、配管工事だよ。さっき床のコンクリートを割って配管から詰まったペーパー出したら、ロールごと1個出てきたよ。信じられないだろ・・・それにさ、商品が並べてあるでしょ。手にとって見るのはいいよ。でも全ての商品表向きに並べてあるでしょ、それをみんな裏にしていくんだよ・・・それで監視カメラを入れたんだよ」と。全部を話終えも怒りの興奮は冷めず・・・・私はずっと聞かされていたわけですが・・・

   何はともあれ・・・そのおじさんの「朝鮮人参」試してみたいような気もするけど、サイパンじゃ手に入らないでしょ。粉末とかはあるけど。韓国レストランで「サンゲタン」でも食べに行くしかないかな・・・