2010年8月31日火曜日

ミドルフィンガー

   中指を立てて相手をけん制する。いわゆる「F〇〇〇 YOU!」のポーズ。アメリカ圏では最低最悪なポーズとされ、コガシラは幼稚園の頃からこのポーズに対する教育を学校で徹底的に受けている。
このポーズをした子供は即、校長室に呼び出され厳しい注意を受ける。場合によっては親も呼び出される。昨夜、私はこのポーズをレストランでやってしまったのでした。

   実は昨日、午後6時頃・・・友人の家に居たコガシラを迎えに行きました。玄関の前にフェンスがあり、そのフェンスを開けようと手をかけるとその裏に蜂がいたらしく、私の中指の先を蜂が刺しました。電流が走ったような激痛があり、気休めでも毒を吸い出し・絞り出し・・・元々虫さされに弱い私は蜂に刺された場合も酷いのです。今回は腫れも少なく痛みもすぐに和らいでいったので過去の経験から病院へ行かなくても大丈夫と判断。家に帰って薬を塗って冷やしていました。腫れは中指の先だけで止まり、痛みも去ったので安心。しかし・・・中指の形が・・・・イチジク浣腸を逆にしたような形になって大笑い。夕飯作りを拒否してレストラン行き案を堂々と出しました。カシラは「病院行った方がいいよ」と言いましたが、お腹がすいていたのでその案を却下。

   「念のために心臓より上に指上げた方がいいよ」と言われ、レストランのテーブルに肘をついて上に上げていたのですが、シップで冷やして固定した中指だけが自然と立ち、他の指は自然と曲がっている。気を抜くとテーブルに肘をついた状態で周囲の方々に「F〇〇〇 YOU!」ポーズを、ぶち撒いている姿勢になってしまう。この手の形はいけないポーズだと3歳の頃から教育を受けている?いえ・・このポーズに関してだけは英才教育的な程に教育を受けているコガシラには蜂にさされた理由より、このポーズに異常なまでに反応し、うっかりそのポーズになってしまう私に即「ママ!指!」と激怒を飛ばすのでした。コガシラにしてはおちおちしていられない状況となり、ご飯を食べている時も私の指をずっと監視しているような状態。ご飯どころじゃなかったかもな・・・お陰で私は周囲の人から軽視される事もなく、インネンをつけられる事もありませんでした。

   しかし・・・今もなお、指の形は逆イチジク浣腸になっていまして、笑いを誘っています。ちょっと可愛いかも?来週は四半世紀ぶりに再会した方と宴会をする予定になっています。当時、旅行代理店でペンを握ったあのシラウオのような指に戻るように治さなきゃ・・・
まぁ~当時は21歳頃のお話なのでシラウオのような指はいささか・・シラス干しのようになっていますが。
逆イチジク浣腸よりはマシだろう・・・と、思うのでした。

2010年8月28日土曜日

帰ってきました。

   火曜の早朝サイパンに帰って来ました。長い夏休みでした・・・・そして暑い夏休みでした。
今頃も日本は暑い日々でしょう。皆様、水分を沢山取って体調管理に心がけて下さい。

   私の実家は日本で暑さの1位2位を記録する岐阜県多治見市のお隣の市。多治見に住んでいる人に言わせれば多治見よりは2・3度気温が低い。と言われますが・・・子供の頃はこんなに暑くなかったのにね。それぞれにそんな話をしています。そもそもどうして多治見市がこんなに暑いのか?と言うと、名古屋のコンクリート熱が濃尾平野に入るようです。山に遮られ熱された空気は多治見市に留まり、異常なまでの暑さになるとゆう事だそうです。

   まぁ~そんな暑い中、高校を卒業して以来、地元に帰らず放浪人生を送っていた私も親孝行?に目覚め?家中の掃除やらを全てやっていました。まるで年末の大掃除のように・・・頸動脈に冷たいタオルを巻いて汗を流して。家は綺麗になったと思うけど、無理もたたり私の背中・肩・首は鉄板のようにガチガチになってしまいました。サイパンに戻ってマッサージに直行。ひいきの中国人の女性は「こってるね」と力いっぱい指圧をしてくれました。今は鉄板状態から脱出していますが、腰・背中・肩・首にゴリゴリがある状態で・・なんとも哀れな女将です。

   帰りの飛行機はとっても快適?サイパン到着1時間前程からシートベルトのサインがしっかり入り、さながら古い遊園地の幼児用ジェットコースター状態。手に汗握った1時間。コガシラはキャホーキャホーと言っていました。「こいつ・・・高校生なのに・・・」案の定、サイパンは雨。タクシーのおじちゃんに迎えに来てもらっていました。荷物が多いから大きな車で来てね。と言ったにも関わらず、おじちゃんは普通車でやって来ました。普段は軽自動車のようなもの。確かに大きい・・・・
連邦法導入後の出入国。記録を登録する為に入国時には手続きがあり(観光客の方はありません)時間がかかったし、荷物検査も段ボール箱全て開けられてチェック!到着から空港を出るまでおよそ1時間かかったから疲れているのに、タクシーに荷物を乗せる事でまた疲れそう・・・・

   スーツケース1個と規定のサイズぎりぎりの段ボール箱3つ。助手席に1個段ボールを置いて私とコガシラの間にスーツケースを置いて、トランクに2つ段ボール入るかな?と頭で軽く計算。しかし、助手席には彼の奥さんが乗っていた。「どうして・・・・」
右往左往しているとおじちゃん「大丈夫だよ。2回に分けるから」とおじちゃん。ってそうゆう事じゃないだろ!コガシラが何とかトランクに荷物を入れ、後部席で私達は荷物を持って乗る事になった。ドライバーのおじちゃんは60代後半。夜中の仕事で奥さんは心配してついてくるようです。美しい夫婦愛だけど、荷物を置いた足が痛い・・・そしてしびれる・・・「サイパンはずっと雨だったのよ」おばちゃんはそう言った。遠回りしているおじちゃん・・・「どうして?バックロードじゃないの?」(近道)「雨で道が良くないから危ないんだよ」とおじちゃん。「そうなんだ・・・」(いや。こっちの足も危ないんだよ)何とか家に到着して、ドアを開けるとカビ臭い。翌日から日本でやったような大掃除をしている今日この頃でございます。

2010年8月4日水曜日

ホームページ更新のお知らせ

いつもより当ホームページのご利用をいただき、誠に有難うございます。本日デザインの変更を済ませましたのでここにご案内いたします。今後ともよろしくお願いします。

オーシャンクラブ
主催者より