2009年9月28日月曜日

超・早かった1カ月

   気がつけばもう9月も終わりですね・・・今年の9月は活気のあるサイパンでした。
18・7年前と比べれば比較できない程、静かになってしまったサイパンですが、不況・航空会社の撤退・インフルエンザといろんな苦境がある中で、この9月の賑わいはやはり嬉しいものでした。日本から1番近い海外リゾート!が戻ったような気がしました。

   どうやら明日の夜~明後日の日中にかけてトロピカルストームが・・・昼間の情報ではグアムに直撃の位置だったようですが、少しずれて南へと進路を変えているようです。直撃は免れましたが、雲が大きい為にサイパンも風・雨の影響は強く受ける模様・・・・日本の気象庁はどのように発表しているのか分かりませんが、サイパンではまだ台風とは名付けられていません。ちょっと天気予報が気になる数日です。

2009年9月15日火曜日

昨日よりも荒れてるのに・・・

   昨夜は台風による風が強くなって、夜中中ずっと台風シャッターはガタガタ音をたてて・・・でも爆睡していました。「明日は学校ない」とコガシラは友達とチャットで話しながら盛り上がっていました。しかし!今朝のローカル天気予報で「タイフーン コンディションⅢ」が発表されて、学校へ行くことに・・・その落胆ときたら、私が子供時代に経験した時と同じものだったと思います。

   でも雨・風は昨日午前11:30に出た「タイフーンコンディションⅠ」より全然酷く外に出るのが怖い状況です。日本の気象庁なら「警報」を出す状態なのに・・・学校からは事前に「タイフーン コンディションⅡかⅠなら休校します」と連絡があっただけに、いきなりの「ⅠからⅢ」の変更には正直驚きました。この天気で「Ⅲ?」

   クラブハウスの横にある芝生の広場に大きな木があります。今朝起きてみると、幹が折れて木の半分が無くなってしまった状態。夜中に吹き荒れた風はすさまじいものだったと思います。
今も雨と風が凄い状況です。学校、切り上げられるんじゃないか?と思うぐらいだけど「今迎えに来て!」と言われても、学校までの距離の運転が怖い・・・大丈夫かな?子供たち・・・・

2009年9月14日月曜日

台風のEYE?

   午後からダイビングはキャンセル。ボートは既に昨日の段階で陸にあげられていました。

   久しぶりにサイパンを襲った台風。今朝はうす曇りで風もあまりなく、雨もない。そんな天気だったけど、政府が発表した警戒宣言は「トロピカルストーム コンディション1」しかし!午前11:30に「トロピカルストーム」から「タイフーン コンディション1」に知事が引き上げました。トロピカルストームは「熱帯低気圧」のようなランクなのですが、時には台風なみなこともあるし・・・この差がよく分かりません。ただ政府関係・学校等は「タイフーン コンディション1」がつけば全て休みとなります。

   今日午後6時の台風予想位置はマリアナ諸島、北緯16.8度 東経146.8度です。因みにサイパンの位置は北緯15度 東経145度・・・近いですね。午後6時30分に曇った空から晴れ間が見えました。雨と風があるために外には出られず、室内のメバリした窓から空を撮りました。これは「台風のメ?」かしら・・・予想の中心気圧は980hpa・・でも明日は965hpaまで落ちる予想なので、怖いですね・・・
でも明日の方が雨風が強いと思われます。

   だんだん風が強くなってきました。停電になる前にシャワーしておきます。念の為、クーラーボックスに2つのお湯が溜めてあるのですが・・・

   ローカルの天気予報では水曜まで雨が続き、木曜は風だけになり金曜からはまた晴れる・・そんな予報が出ています。明日はコガシラの学校も無いと思われます。コガシラは嬉しさのあまり、今日に限って学校から戻りすぐに宿題をして、何か勉強をしていました。普段もこうゆう生活してくれよ!

   明日もし停電になったらブログ書けないので・・・ごめんなさい。

2009年9月13日日曜日

台風やって来る・・

   今夜~明日にかけて風が強まり、予報では火曜日に雨・風がピークとなるようです。
もう4・5年ほどでしょうか、サイパンに台風が来ていなかったので準備にてんやわんやの状態です。台風がサイパンに上陸するわけではありませんが、暴風圏内には入るような感じです。

   今?「嵐の前の静けさ・・・」とゆうものです。午前からそよそよしていた風はお昼になってやや「風が吹いてる」とゆう感じになり、夕方にはピタリと止み、とっても静かです。お客様に「台風」をお伝えするのは本当に嫌な気分です。でもまだ明日の午前はどんな海況なのか?今の段階では分からないから・・・

   私はドアや窓のメバリ用のテープを買いに行きました。あと電池と・・・お店のドアには「台風準備セール」とゆう紙が貼ってありました。台風用の備品をスタッフが並べているところでした・・・

   台風の進路が変わればいいな・・・

2009年9月12日土曜日

女将、朝から格闘する

   宿敵なのです。毎朝・・・どこからともなく現れ、自由気ままにこの周辺を散策する。散策するだけなら見逃してやってもいいが、時にはガン飛ばしてくる。襲ってくることもないが、その姿・形の存在そのものが強烈なのです。鶏冠がないよう見える。顔から頭のてっぺんまで赤く、横から垂れ下がったようなロングな毛。鶏の種に属するものとは思えない変なヤツ。ある時には早朝から、ある時はコガシラを学校へ送って帰って来た時間にこれは出現するのです。無視しておけばまたどこかへ行ってしまうけど、無視できないその容姿に時には追ってみたくもなる。

   昔、ネイビーヒルとゆう場所に住んでいた時・・・
さわやかな朝日が入る家だったにも関わらず、周辺にいる鶏の声がうるさかった。窓を開けると家の周りには鶏が十数羽歩きまわっていた。朝5時ともなればやたら騒ぎだす。痛い思いをしたが、慣れてしまえばこの声がないと逆に「あれ?」とも思ってしまう。
でも十数年、鶏の声も姿も近くになかっただけに・・・今はかなりの抵抗を感じています。だからなるべく居つかないように追いやっているのです。しかし、敵はそんな事をもろともせず・・・毎朝やってくるのです。どうやら性格が悪いようで、やたら我が家の前に出没するのです。愛犬サブは車の下で寝ているし・・・働いてくれよ!と思うけど、サブは鶏に興味がないのか?それともあまりの厳つい容姿に恐れを感じ見て見ないふり?触らぬ神ならぬ、触らぬ鶏に・・・とゆうつもりでいるのか?時には鶏が近づいてくると、サブはその場を立ち去ることも少なくない。私が追い払うとまたサブはその場に戻ってくるケースもある。サブに語った・・・「少しは吠えてよ」サブ:無反応・・・

 コガシラの友人は豪邸に住んでいるが、やはり周囲に鶏が多い。主である父親は毎朝のように子供に「茂みの中に行って卵を拾ってきなさい」と言うらしい。どこかで飼われている鶏なのか?野生の鶏なのか?それは分からないらしいけど、確実に彼の家の鶏ではないようです。コガシラの友人は卵を探して見つけると食べているらしい。凄い・・・時に野良犬がやってきて、この卵を奪うそうで野良犬と彼の卵争奪戦が繰り広げられているらしい。

   私も気持ちを切り替えて、コガシラに「卵探して・・・」と言えばいいだろうが、やはり何となく有精卵を割ってみたら、凄いのが出てきた・・・と勝手に想像してしまうと、その指令は出せない。どうせ台所で割るのは私なのだから・・・悲鳴と同時に一生卵を食することはなくなるだろう・・・

   今日は朝から天気も良く・・・暑くなるような1日。朝、6時にベッドから出て2階の窓から外を見た。
海も落ち着いている。水平線を見ると空と海の境界線がはっきりと見える。そして真っ白な入道雲が真っ青な空に広がっている。「今日も1日、暑くなるな・・・」カシラが水着に着替えながらそう言った。
今は雨季、久しぶりに朝から好天気・・・いい気分であった。が・・・視界の底辺あたりでうごめく物体。ヤツが来た・・・「ふっ・・・」

2009年9月10日木曜日

貴重なお店なの。ここは・・PART1

   前にも紹介したお店。
Sea Shell Pink 創業は1982年。ただの1982年じゃないですよ。現在45歳の私が高校3年生だった1982年。と言えば「ぎょ!」と長い長い年月だと思いませんか?ここの店主は日本人女性。1982年からずっとサイパンと共に生きている人なのです。
私がこの島に来たのは92年。彼女がこの島に来たのは82年。この10年でサイパンは大きく変わったと彼女は言います。私が来た頃も今のサイパンとでは全く違っているのに、80年代は本当に何もない島だったそうです。生活してゆく上で厳しい事も沢山あったと思います。でもその強さを優しさに変え、持ち前の前向きな姿勢と陽気で明るい性格・・・だからこそ、彼女が作るアロハは元気で気品のある素敵なアロハになっているのです。写真のアロハを見て下さい。特にボタンの部分。裾の左右の柄がちゃんと合っています。近くで見ると一寸のくるいもなく柄がバチッ!と合っているのです。アロハプリントの服ならアロハじゃなくて、こうゆう作業をしているアロハこそが本物のアロハなのです。私もアロハが好きなので、よくアロハを見ているのですが、なかなか柄をちゃんと合わせているアロハにお目にかかれていません。
日本からサイパンに来てこのお店のアロハを何十着も買って帰られるリピーターの方もいらっしゃいます。そして某有名ガイドブックの出版社の方々も大好きなお店で、いつもこのお店の掲載枠は大きく用意されるのです。

   上記写真は典型的なアロハシャツの型。
でも私は基本的にアロハプリントが好きってこともあり、何でもアロハプリント!って事で、エプロンも作ってみました。
あえてポリエステルの入った生地を選び、水仕事用に・・・丈を長くしてもらいました。我が儘言い放題だけど、店主(通称:ミヤちゃん)は快く相談に乗って「これが似合うんじゃない?ちょっとあててみて・・・」と反物状態で巻いてある生地をあててくれる。「いいね」
って即行に決まってしまう。
ちゃんと好みの色を伝えれば、用途に応じて柄がちゃんと綺麗に出るように、それでもって仰々しくないモノを選んでくれる。

   実はダイビングのお客様を見ていると、特に女性の方。
濡れた水着の上にTシャツを着られていますが、濡れた水着の上からはやはりシャツも濡れてしまいます。海に囲まれた島の風は潮風。サラッと乾くこともない。でもエプロンのような生地でダイビング用の服としてパーカーのようなものでも、タンクトップ系でも半袖・長袖のような袖ありのようなものと、下に同じ生地で短パンだったりスカートだったりして1枚作れば便利だろうな・・・と思うこともあります。濡れてもすぐ乾くし、ホテルに戻ってクーラーの効いている部屋で干しておけばすぐに乾くし、ベランダに干しておいてもスコールにあたらなければこれまたすぐ乾き、翌日のダイビングにはサラッとした状態で着てゆけます。何よりもこれ1枚、専用で作っておけば荷物も少なくてすむし・・・柄だって可愛いですよね。ってことで、私は現在スカートを作っています。

   ちょっと買い物に出る時は、こんな服も着ています。
下には白系のパンツを着て・・・20数年前の誕生日。友人から麻のタンクトップを貰いました。ゆったりと着られて、裾丈が長い。凄く気に入って完全に着崩してしまいました。1年前、写真の整理をしていると、そのタンクトップを着た写真が出てきました。
これ良かったなぁ~と思った瞬間に、Sea Shell Pink・・・
「実物はあるの?」と聞かれ「ないよ」「どんな感じだった?」と絵を描いていると・・・「前はどんな形がいい?Vそれとも丸めな感じ?」
「まるめだった」「じゃこんな感じね。丈はどれぐらい?」とどんどん好きだったタンクトップの形になってゆく・・・「いいねぇ~」
即行で作ってもらいました。それが上の写真・・・

   下のタンクトップは2枚目。今度は首周りをVにしてもらいました。「亀のプリントあるよ」と出してきてくれました。亀はHONUと言われハワイでは守り神だとか。サイパンでも亀を大事にしているからいいのだ・・  
 

http://www.saipan-press.com/shop/seashellpink/index.html 日本からメールオーダーすることもできます。

サイパンに到着されてからは、ホテルの電話で323-8181へ。最初は英語で出ますが、英語が苦手な方でも焦らずゆっくり「ジャパニーズ スタッフプリーズ」か「ミヤちゃん プリーズ」でOKです。もし彼女がいない場合は「ピックアップサービス プリーズ」と言って下さい。ホテル・部屋番号・お客様のお名前を聞きます。スタッフがミヤちゃんに連絡を取ってくれます。

他にもアクセサリーや鞄もありますよ。私のお勧めNO1のお店でした・・・

2009年9月3日木曜日

はまった・・・

   これ・・・エゴマってゆうんですか?ゴマの葉と言う人もいれば、エゴマと言う人も。私はエゴマと言っていますが・・・日本では(私の地元では)この葉を見かけることはありませんが、ある所にはあるらしいです。

   韓国人経営の焼き肉屋さんはサイパンに多くありますが、焼き肉を頼むとサンチュと言われるレタス菜のようなものとこのエゴマと生のニンニクと唐辛子がついてきます。サンチュの上にエゴマを重ね、味噌を塗ってニンニクのスライスと唐辛子を乗せお肉を乗せて巻いて食べる。エゴマは「毒消し」とも言われ、この食べ方は何か理にかなっているような気もします。

でもエゴマの葉はその食べ方だけではなく、これを漬けて1枚1枚を暖かいご飯を巻いて(味付けのりを食べるみたいに)食べると超美味しいです。ただ香りが強いのでダメな人はダメかもしれませんが・・・韓国系のマーケットでこのエゴマを漬けたパックを買って食べたところ美味しかったので「これは絶対に韓国人に聞けば作り方を知っているだろう・・・」と思い、韓国人の知人に聞いてみました。彼女はレシピを渡してくれました。材料はエゴマ・ゴマ油・醤油・砂糖・水・ニンニク・小口切りのネギ・唐辛子。でもその分量を想像するに、味が濃くて塩辛そうだったので、自分で分量を変えてみました。使う材料を変えず、味を薄くしてみたとゆうわけです。
①鍋に醤油と水、砂糖・ニンニクスライスを入れて沸騰させます。
②水を切ったエゴマの葉を2・3枚入れて①に香り付けをします。
③ネギを入れて最後にゴマ油を入れます。
④香り付けに入れたエゴマを鍋からだし、タッパに入れたエゴマの葉の上から熱いままかけます。
すぐに蓋をすると熱でしんなりしてきます。1時間ぐらいしたら葉をひっくり返し、重ねた葉の間にも液を入れるようにしてまた蓋をします。冷めたら冷蔵庫へ・・・
これが、我が家ではヒットになりました。でもカシラはあまり香りの強いものを好まないので、コガシラのようにバクバクとまではいきませんが、何故かオニギリにしてこの葉を巻いて海苔を巻けばいくつでも食べられるそうです。ご飯にしみ込むこの液体と海苔が絶妙にマッチするそうですが・・・

   このエゴマは韓国系のマーケットで売っています。安いマーケットでは約50枚はあるかな?それで2ドル弱で売っています。最近、これをずっと作っていて無くなったらまた漬ける。をやっています。
かなりはまっています。

   今日は朝から天気は良くありません。ずっと曇っていましたが、午前9時30分頃から雨が降り出しています。昨日修理依頼をした車、結局直らず・・・レンタカーを借りています。週明けには何とかなるだろうと思いますが、愛車は四輪駆動。レンタカーはそうじゃないので雨が降ったら出掛けないようにしています。サイパンの道路は珊瑚が混じった砂が入っています。雨が降り出した頃、止んだ頃が1番滑りやすいのです・・・こわっ!

2009年9月2日水曜日

不便なんですよ

   昨日は1日雨。今日は曇り・・・私の心も雨。とゆうのも、ここ数日間に何となく車のエンジンがいつもと違うような気がしていました。サイパンは交通手段が自分の車しかないから、毎日必ず乗るし生活してゆく上で重要なもの。愛車のチェッロキーに乗り続けて14年・・・ここ数年の間ではハンドルから伝わる振動やエンジンをかけた時の一瞬、エンジン音で「あれ?ちょっとおかしい・・チェックしてもらわないと・・・」と80%以上の確率で車の異常さを的中させていました。一昨日「なんか変だな・・・見てもらわないと・・・」と。そして昨日、エンジンをかけた時に動くことは動くけど、最終的なエンジンスタートができない状態で故障。カシラは「ここのガソリンは精製が悪いから、エンジンにガソリンを送るパイプかポンプが詰まっているような状態だと思うんだよね。そうだったら部品交換になるだろうけど」と言いました。しかし!ここで問題。私の愛車はチェロッキー・・・買った頃にはクライスラーの代理店があったけど、今はありません。部品を手に入れることも困難・・・でも部品屋もあるので、そこで純正ではないけど部品を手に入れることはできますが・・・何と言ってもこの島、そうゆうモノが随時ストックしてあるとは限らない。
生活においてとっても重要なモノだから、せめてそうゆうモノはちゃんとしておいて欲しいと願うのだが・・
やっぱり無理だったりする。「無いモノは無い」とゆう開き直り姿勢で「アメリカから取り寄せても3週間~1カ月はかかるよ」と平気で言ってくる。それでも商売が成り立っているのだから恐ろしい・・日本じゃ考えられない需要と供給のシステムなのです。

   いつも出している修理工場に聞いてみると2・3日は忙しくて手がつけられない状況のようです。
みんな車が必要だから、みんな緊急だからゴネ押しする事もできず・・・今日は違う人に来てもらっての修理となります。何と言っても車が動かせないので自宅の駐車場での手術となるわけです。

   直ってくれ・・・でないと、1歩たりとも外へ出られない・・・・ストレス溜まって暴れてしまう。