2008年5月31日土曜日

なんてこったい・・

   来月4日からコガシラは夏休み。1日は日曜だし2日の月曜のピクニックをすっ飛ばし、3日の半日リクリエーション(お遊び)をすっ飛ばし(5月末頃からもうお勉強はなし)日本に帰って、杉山清貴のライブへ行く予定だった。が・・私の予定はもろくも崩れ(ちょっと用事ができてしまったので・・・)来年を楽しみにする覚悟。そうゆう事に関してはやけに諦めが早い。それも20年近く涙を飲んだ経験からのことだと思っていますが・・・楽しみは先にあればワクワクするし・・・・しかし最近は年に1度見られるようになっていたので去年・今年と行けないとゆうのはやけに中途半端な状態で心は日本のライブ会場だったりもします。そんな私に追い打ちをかけるような停電

   また停電の話で恐縮ですが、今度ばかりは電信柱のスイッチを長い長い棒でOFFにしている男性に一言文句!と勇んで家を出て50m程先の電信柱に一直線。でもそこに辿りつく前に電力会社のスタッフはそそくさと車に乗って何処かへ行ってしまいました。2時間後しかここには戻って来ません。

   この頃の停電、午後2時~4時。午後6時~8時の2回。この家は西に面しているので午後2時になると陽射しが直接部屋に入ってきます。1日の中で部屋の気温がグッと上がる時間。そんな時に停電を余議なくさせられる。暑くて部屋にいられない。テニアンにダイビングへ行っているカシラを羨ましく思う。涼しいだろうな・・・4時~6時までの2時間に電気代が高くてもクーラーを入れて真下にいる。でないと熱中症になりそう・・・体を冷やして午後6時からの停電に備える。

   冷蔵庫も停電後は勢いよくモーターを回す。絶対に壊れる・・・・狂ってる。経済は破綻しているけどこれは酷いんじゃないか?と思う。因みに向かいの丘には政府関係の事務所が多いけど、そこは午後6時~も週末も人はいない。どうして民家の多いこちら側の丘がこんなに停電になって、民家の少ない反対側の丘が全然停電にならないのか?思いきり頭にくる。

   今頃はライブの真っ最中だろう・・・考えないようにしよう・・・
天気:快晴 スコールは夜になって2度程、パラパラと・・・

2008年5月29日木曜日

腹立つこともあれど・・・

   朝起きて見る海は満潮時の海。フラットで深いブルーの海。とても気持ちが良いものです。
午後には干潮になり、深いブルーから水色へと7種類の青の変化が見られるとも言われるサイパンの海が見られる時間です。今日は朝から青い空が広がっています。これから気温もグングン上がります。朝陽の陽射しも強かったなぁ~

   今日はお水のデリバリーを依頼しました。5ガロンを5本。1週間は持ちませんが、ここは水道の蛇口からのお水は飲めません。最近では家庭用の濾過装置を設置して蛇口のお水を飲料水として飲める家もありますが、それには莫大なお金と管理費もかかります。ここに定住する家族ならこれも良しだけど、私達のように骨をこの島で埋めることのない外国人にはどうかな?とも思ったりします。
デリバリーを頼むと5ガロン1本が2ドル。濾過装置を動かす電気代も莫大なものでしょう。デリバリー用の車のガソリン代もガンガン値上がりしています。ガソリンは今年に入って1ガロン4ドルを突破し、2週間単位で値上がりしているような最近。もうすぐ5ドルになろうとしています。そんな中でもお水屋さんは頑張って値上がりを抑えていました。有難いことだったのですが、今日デリバリーのお兄ちゃんが申し訳なさそうに三つ折りにした紙を渡しました。社長のサインが入った値上がりの通達。6月1日から1本2ドルから2ドル50セントになるとか・・・もうそれは仕方がない。「分かりました」と言っておきました。逆に全てが値上がりしている中で1番大事なお水をここまで値上がりもせず供給してくれたものだと感謝。こうゆう値上がりは快く受け入れられるけど、電気代の倍額値上がり(2度目)は理由も何もなく、ただ政府に金がない。の一点張りで強引にされるのは納得できない。それにガソリン代別途料金も取られています。これを徴収しながら基本料金が倍に倍に膨らんでいくのは何で?ローカルの友人が言っていたな。「貴方達はいいよね。帰る場所があるから。私達はここしかないのに、先を考えると不安でいっぱいなんだよ」と。そうだよね・・・腐ったような行政を思い出せば腹が立つ。今日は納得でき逆に今までを感謝できるお水屋の値上がりと穏やかな海から始まった1日だ・・・何も考えないようにしよう。今日は大阪便からのお客様の到着。カシラは海に潜ってる。掃除しなきゃ・・・それでいいのだ・・・
天気:晴れ

2008年5月28日水曜日

天気良くなってきたかな?

   ほぼ1週間程、雲に覆われたサイパン。強い陽射しは避けられたものの青い空が恋しくなったこの頃、今日は青い空がちょっと戻ったようです。また暑い日がやってくるのかな?今日は風もなく、ピッタリと止まったように感じた空気。少し湿気があったのはスコールのせい・・・ジメジメ。スカッと晴れてスコール有りならジメジメ感も少なくなるんだけどな。天気に関しては贅沢を言えば言うだけ限がない。なんと言ってもサイパンの天気予報は「晴れ・曇り・雨」の3種類が1日の天気として伝えられるのですから・・・夜はクーラーを入れて部屋の湿度を取って風を送り込まなきゃドヨ~ンとしてるし・・・

   久しぶりに午後7時ころから1時間停電がありました。発電機の故障かもしれません。しばらく停電がないと不安になっていたのでちょっと安心のわけがない。しばらく快適な生活をしていたから停電は苦痛。ろうそくの灯の中でトランプやってみたりするのです。本当は電気のあるエリアに行って買い物でもしたい気分に一瞬なるのですが、ガソリン代とそこで発生する浪費を考えると暗い家の中でトランプやるのも悪くないかも・・・コガシラ・カシラと私が共通して知っているゲームは「7並べ・ババ抜き・シンケイスイジャク・ジジ抜き」だけ。笑いますよね・・・停電になるとトランプ。ずっと4つのゲームを繰り返す。
明日も停電があれば、同じことを繰り返す。そして明後日も・・・地味だわ・・・

2008年5月27日火曜日

湿度ムンムン・・・

   今日は朝から雲が多く、雨も降りで久しぶりに湿度の高い1日でした。空気が止まっているような感じと高い湿度で体が重い。(決して体重のせいではない)昨夜から肩が重くて首が重かったのはこの湿度襲来のせいなんだろうな(でも冷酒飲みすぎたかな?)

   ここ最近、雷の音を聞くようになりました。南東から1度ゴロゴロとしたと思えば、少し時間をおいて西側で1度ゴロゴロ。それでもう聞くことはなかったけど。サイパンの雷って長く続くこともあれば、このように数回ゴロゴロしただけで消えてしまうこともあります。4・5年前だったかな?真っ黒な雲がテニアン上空にありサイパンからでも稲妻が地上めがけて走る光景をみました。映画観てるみたいでした。それが1時間後程経つとサイパン上空にきて、家の窓からガンガン雷がそこらじゅうに落ちているのを見ては悲鳴をあげました。
どうやらこの家の上にも落ちたようで、壁に設置してある電気ブレーカーから音と共に青い光がパッと家の中に散った時には命縮んだ思いをしました。コンセントは全部抜きましたが、1個だけ抜き忘れたのがPC。お陰様でモデムに雷が入って無残な結果となりました。でも我が家の被害はそれだけ、人に聞けばテレビ・冷蔵庫・PCは当たり前で破損したらしいです。大きな雷があった時には必ず落ちる。そう覚悟をしています。その雷から数年が過ぎ、その後はそんな被害にあうこともありません。これから雷がなる事が多い時期になります。気をつけましょう。

   しかし、この湿度。顔からカビが生えそうです。

2008年5月25日日曜日

暑さが少し和らいで・・

   3月末から異常な程に暑かったサイパン。例年にない暑さはやはり異常気象なんでしょうかね?
コンクリート壁にこもる日中の太陽熱は夜になっても冷めることを知らず、何をしてもどうしても暑さをしのぐ事ができませんでした。クーラー一発フル回転させれば大丈夫だけど、壁の熱まで取り去ることはできないし、異常気象同様に異常な電気代値上がりをしているサイパンだから気ままにクーラーのスイッチなんて入れることはできません。大家さんもフラットな屋根に上がり水巻きをする状態でした。

   しかし、この2・3日はスコールもありで一時的に気温が上がってもスコールがコンクリートやアスファルトにこもった熱を冷やしてくれることもあり快適です。今日は薄い雲が広がって風もあり気温的には強烈なものはなく日陰の心地良いサイパン気候を過ごすことができました。でもこのシーズンに雲があって風が吹くのは「台風」を気にしなくてはなりません。気になるのはサイパンのやや下あたりに雲が集中していること。雲が散ってくれるといいんですが・・・

   ここ2・3日も停電がなく心地良いサイパン生活を過ごしています。でもどうして停電がないんだろう?お決まりの時間にお決まりの2時間。お決まりの停電だったゆえに停電がない今がとても怖いです。慣れとゆうものは恐ろしい・・・・

2008年5月14日水曜日

やっと・・

   先月Cドライブの容量がいっぱいになり整理をして何とかやっと立ち直りました。今までいろんなフォルダに囲まれていたのにすっかり綺麗になってしまい、要領がなかなかつかめません。「女房と畳は新しいほうがいい」と言いますが本当かもしれません。

   さて・・・日本は気温の変化が激しいようですね。風邪をひかれている方も少なくないとか・・・
サイパンは例年になくとても暑い日が続いています。先日、夕暮れ時に大家さんがホースを持って屋根に上がって行きました。日中の太陽熱を冷却しようと屋根いっぱいに水を撒いたのです。この家に住んで13年が経ちましたが、こんなことをした大家さんを初めて見ました。夜になってもコンクリート壁にこもる太陽熱でクーラーも効かないような気分になります。「故障?」と点検を依頼したところ「この暑さだから・・・みんなクーラー壊れた!って電話をしてくるけど、故障してないんだよね・・」って言っていました。電気代はまた今までの倍になるようです。先日新聞には2人の子供を持つローカルの女性が「この暑さ・・子供も2人居るからクーラーをかけたいのに電気代が高くて扇風機を回している。電気代の為に働いているようなもの・・・」とコメントをしていました。まったくその通り・・・

   先週ブッシュ大統領が「連邦法導入」につきサインを完了させました。来年6月からの施行となります。サイパンがどのように変わってくるのか?全然予想はつきませんが、需要と供給が安定しみんなが落ち着いて暮らせるようになることを願って止みません。

   ここ最近のサイパンは暑いし、経済は冷え込んで手のつけようがないし・・・でもそんな中でも少しだけ希望が出てきた話も入ったし。7月からNWの成田ーサイパン間が1日2便体制になったし・・
「捨てる神あれば拾う神あり」そんな事を思い浮かべるこのころです。

天気:晴れ
気温:36度