2008年4月25日金曜日

独り言

   まだCドライブがパンパンですが、整理するのに時間がかかっています。
写真がないとテーマがない!と思ってしまうぐらい、平和な島でございます。もうすぐGWですね。今日夕方に繁華街へ行ってみました。いつもより観光客の数が多いような気がしました。嬉しいですね。島が活気に満ちるのは・・・今年は暑さが強いようです。海はキラキラしています。スコールもあるし、暑いし。緑も花も綺麗な季節がやってきました。

   早く写真が掲載できるように頑張っています。もうしばらくお待ち下さい。
天気:晴れ
気温:33度

2008年4月21日月曜日

すみません・・・

   写真がまだ掲載できないのです・・・天気も良いし絶好の写真日和とゆうのに(たまにはスコールもきますが)前に書いたCドライブとやらが・・・すみません。

   ってことで、しばらく停電の話をしていましたが金曜から長い停電!なんて爆発的な噂は何処へ?と思うぐらい、金曜から今日まで1分たりとも停電がありません。快適だし、信じられないし・・・嬉しいし。日本じゃ当たり前の事だけど、今のサイパンにはお宝のようなご褒美のようなそんな感覚で「電気」とゆう存在があるんです。「恋も電気も失ってその大切を知る」と・・・痛いな。普段当たり前にあるモノが無くなるとその重要さやその価値やいろいろ分ってきます。まぁ~この停電、便利になったサイパンに昔を思い起こさすいいチャンスだと思うようにしています。昔、島にいる日本人女性の方に日の出と共に起き、日没後はロウソクだったなんて聞いたこともあるんですけどね。まぁ~それは家を建てた場所にまだ送電のシステムが無かったとゆう事ですが、そんな場所が島にはけっこうあったようでした。今では島の隅~隅まで電線があって電気のない場所なんてビーチぐらいしかないと思われますが・・・

   しかし・・暑いですよ。今日はスコールが大きくあったり小さくあったりでその度に熱しているアスファルトからどよ~んとした湿気が感じられ足首のあたりはサウナに入っているかのようでした。夏になったんですねぇ~。来月になれば真夏になりますよぉ~
 
天気:晴れ時々スコール
気温:34度

2008年4月18日金曜日

書けましたねぇ~

   気になる停電、今日はなんと1度もありません!!多分、島民の怒りのガス抜きで今日は電気を通していた。って感じでしょうか・・・でも停電していた所もあるとか。まだまだ今日はサイパン時間で4時間20分あります。そのうちに2時間停電になるやもしれません。油断はできません。友達にメールをしても停電時間が気になり伝えたいことの半分しか書けなかったり・・そう言えば島に住む友人がこの停電騒ぎで会社から戻って掃除をして、冷蔵庫の食材を片づけて備えていたようです。もうこうゆうのって大型台風がサイパン直撃!ぐらいの準備が必要なのです。まぁ~ある意味、この噂も台風並みではあったのですが・・・
今日は旦那さんが電力会社に勤めているとゆうフィリピン人の女性がこんな事を・・「昨夜ガソリンが買えたらしいよ」って・・昨夜かよぉ~って・・ギリギリセーフってこうゆう事?本当にサイパンの政府も「ギリギリ政府」ってことで・・・

   今日はブログの写真が掲載できません。ってゆうのは「Cドライブ」とやらパンパンだそうです。Cドライブって何だぁ?今、カシラがその作業にあたってくれていますが、あまりにもパンパンすぎて容量が全くなく大変な作業のようです。機械はよく分りません。そんなこんなで題材を見失い、とりわけ独り言のようなもので・・・聞き流して下さいまし。
天気:晴れ
気温:33度

やったね。

   今インターネットの新聞を読んだら電力会社からの発表が載っていました。
「停電については噂で長い時間の停電はしない」とのこと。1週間分のガソリンが買えたそうです!!やったね!って・・・なんてレベルの低いお話。でもそれよりももっと低いお話が書いてありました。なんと、アメリカ政府がサイパン政府に電気代の前貸しをしてくれたそうです。それも7月分まで・・・サイパン政府は「8・9月分に関してはお金がないから払えない」みたいなことを言っています。あのねぇ~・・・サイパン知事は「給料20%減と電気代の値上げをしろ」と言っているようです。もうお話になりません。それよりも電気代を払ってちょうだい・・・地元純血主義団体の怒り爆発!どうやら知事の罷免請求が出ているようです。気になるのは・・・アメリカが貸してくれた7月分までの電気代、ちゃんと政府は電力会社に払うんでしょうか?ってこと。でもアメリカが前貸しした事は新聞に掲載されているのでみんな知ってしまったからねぇ~
   明日からも停電は余議なくされると思いますが、長い停電は免れたようなので明日もブログは書けるかな?でも、停電に備えて買ったもの。これはいつ来るか分らない長い停電の為に保管しておこう!と思うのでした。

2008年4月17日木曜日

停電かも?の報告

   サイパンの電力会社がガソリンの貯えが明日で無くなってしまいます。「ガソリンを用意すればいいじゃない」と当然思われるでしょう・・そうですよね。でも電力会社ってば、そのガソリンを買うお金が無いんです。どっか~ん!!って信じられないでしょ?もう笑っちゃうよね。でもコレ本当の話なんです。高い高い高熱費をみんなから徴収して、そのお金は何処へ?発電機の修理とかいろいろみたいですが・・今までもサイパン政府が負担してガソリンを買っていたようですが、「元はと言えば政府の電気代の滞納だ」と電力会社は言うんです。
知事は「給料の20%をカットしないからこうなるんだ」と言うんです。もうどうでもいいけど、高い高い光熱費を払っているみんなの事を第一に考えてちょうだい。今日も正午~2時までの停電があり、午後11:00~12:00までの停電。コガシラとカシラは温かいしゃわーができたのですが、その後すぐにシャワーしよう!と腰を上げた瞬間に停電。おかげ様で何年ぶりかのお水シャワー頂きました。浴びれればマシだ、水のシャワーが心地よく思えるのは像とカバと私ぐらいだけだろう・・・

   と、ゆう事で・・・ガソリンが無い電力会社は当然電気の供給ができません。
よって明日からどうやら長い停電があるようです。噂だと言う人もいますが、友人の情報によりますと・・・島内の学校で休校もちらほら出ているらしいのでマジで停電するかもしれません。コガシラの学校も休みです。どうして休みなのか?正直さっぱり分らないのですが・・コガシラ本人も分っていません。何を聞いとるんじゃ!「明日は停電になるから友達とプールへ行ってくる」とお気楽モード。ついでにシャンプーも持って行ってちょうだい。と言いたくなるぐらいにお気楽です。こっちは停電に備えスパゲティソース(温めるだけでOK。もちろんテーブルコンロでの調理になります)とカップ麺。氷を用意しました。今日着た服の洗濯も終わりました。

   万が一停電じゃなければ明日もブログが書けますが、停電ならお休みとなります。
「万が一」は停電じゃない方につけた方がいいかな?と思う緊迫した状況を迎えています。電気が戻った部屋で今はテレビを思う存分見て、クーラーの下で心地よくお酒を飲んでいます。明日の夜はこれができないかもしれません。電気の下でテレビを見ること。これが今のサイパンには最高の贅沢になっています。では・・・停電になったら停電開けにお会いしましょう。
もうドンと来いです(と、言いながら停電ストレスで明日は当たり散らしているかも・・)
天気:晴れ時々スコール(今日は朝から雨が降り止んで、そのせいで道路が滑りやすく事故を3件みました)1件は3台の玉突き事故でした。

2008年4月16日水曜日

はまってます。

   新しい物好きです。でも決して衝動買いをしているわけではありません。たまたま生活用品で新しい物が出ると試してみたくなります。「もう絶対に使わない」と思うのもあれば、探してでも使いたくなる物もあります。勝敗は・・・そうだなぁ~7勝2敗1引き分けって感じです。
   写真のものは柔軟剤。クラブハウスにはダイビング用とお風呂用にタオルを置いてありますが、お客様からはなかなか好評を頂いている柔軟剤の香りのバスタオルでございます。今回はこのDOWNYシリーズの新製品「タヒチの滝」を使っています。今までの香りの中では1番気に入っている代物でございます。必ず購入時にはお店で堂々と蓋を開けて香りを確認。多分、20代だったら出来なかったことでしょう。まぁ~そこは年齢を重ねたこともあり堂々とやってのけてしまう。たださすがに日本では出来ないけど・・・でもローカルのおばちゃん達は消臭スプレーを店内で噴射して香りを確認する人もいます(テスターを置いておけば問題ないけど、そうゆうのが殆どないので・・・・)でもさすがに私、そこまでは出来ません。
多分噴射されたであろう余韻が残る噴射口に鼻を当て確認します(スプレーを買う時は棚の前列に並んでいるのは買いません。噴射された分だけ量が減ってるし・・)
   話はそうじゃなくて、これはお土産にもいいですよ。私は日本に帰る度に大学生の姪に頼まれるので重いのを覚悟して持って帰ります。

   サイパンの水は正直言ってマズイ!
戦争時、爆撃で地下水路がやられて海水が混じっています。工事をすれば全てがクリアーなのでしょうけど・・地下深く掘れば海水の混ざらない水が出てきたりする場所もあるようですが、これは自己負担。かなりの工事費らしいのです。濾過装置がある家もあってそこは蛇口から水が飲めますが・・・それはお金持ちの家で一般家庭は5ガロンのボトルを水屋で買いそれを使っています。
飲料用にはミネラルウォーターを買って飲んだりしています。5ガロンのお水がマズイのです。南国はお水をかなり摂取しないと脱水状態になります。頭が痛くなります。でも味のないお水をガバガバ飲むのは並大抵のことではない?ただジュースなんかは糖分が多いから水のように飲むわけにはゆかず・・・冷蔵庫には冷たいお茶と水は欠かせません。でもお茶とお水だけでも飽きるわけです。昔は紅茶にトロピカルフルーツが入っているのって何か抵抗があったのですが、ビックリする程美味しいものを見つけました。抵抗があるのに、何で買ったのか?と言いますと、簡単なお話で酔った勢いで買ったのです。せっかく買ったから・・とオソルオソル飲んでみると、美味しいではないですか!「棚からぼた餅」のような気分でした。気に入ったのは「パッションフルーツティー」1箱を完飲し、本日2箱目を購入。パイナップルも買ってみました。コガシラも形だけのお勉強時間の休憩に「パッションフルーツティー」を飲んでリラックスしています。なんかいつもリラックスしているように見えるけど・・・
   「パッションフルーツ ナパリ」「パイナップル ワイキキ」って名前の紅茶です。
MADE IN HAWAIIだそうです。サイパンでは作れないのかな・・・
天気:晴れ
気温:本日も暑く33度

2008年4月14日月曜日

停電ストレス・・・

   先週は正午~2時・午後6~8時の4時間停電を強いられました。週末になり、午前の停電は10時~11時30分。午後9時~11時・・・昨日は10時~12時・午後8時~9時30分・・・今朝は午前6時~8時45分、午後は何時から?決まった時間に停電が続けば生活のリズムもそれに合わせていることができますが、時間が変更になりそれがまとまらないうちは「いつ停電になるのか?」と心配にさえなります。お風呂へ入る時間も食事を作る時間もいつも停電を気にしながらの状態で日々を送っています。
   どうやら電力会社にガソリンを買うお金がなく、節約しているから停電が起こるとゆうことのようです。高い電気代は何処へ?と思うのですが、発電機の修理につぎ込んでいるとのこと。次から次へと故障をしてゆくらしく・・・でも家庭の中においても電気製品は次から次へと壊れてゆくのです。強い電力がいきなり切れたり入ったりを日に何度もされ、それが続けばテレビだって冷蔵庫だっておかしくなるのは当たり前のことですよね。案の定・・我が家のテレビも壊れました。長い間使っているものですが、故障の原因は停電なのです。電力会社に修理代を請求したい気持ち。土曜には友人が我が家に来て停電の話で盛り上がり。彼女はこの家で2時間の停電にあい、午前1時に帰宅した時には彼女の家の周辺は真っ暗・・・停電だったそうです。エリアごとに区切って停電を繰り返しているのです。
   交通・エネルギー関係はその国の経済を象徴していると言われますが・・・ビンゴですね。今日もこのタイミングでブログを書いています。またいつ停電になるやら、分ったもんじゃないですからね・・・・本当に嫌ですよ。停電・・・電気代返せ!と言いたくなります。
天気:晴れ
気温:33度

2008年4月10日木曜日

久しぶりの満足感

   長い間欲しかった下駄箱。ようやく完成しました。買えば早いのに・・と思う方もいらっしゃるでしょう。実はサイパンで家具を売っているありとあらゆるお店を何度も行って下駄箱を探して数年。無いんですよね、思うサイズや素材が。数か月前に丁度いいサイズの下駄箱を見つけました。しかもセール・・・レジまで運びました。傷物ってこともあり安かったけどその傷は目立つことはあまりなく「まぁ、いいか」と・・でも底を見たら湿気なのか?お水がかかったのか?板が膨張してドアが完全に閉まりません。サイパンは湿気が多い日は半端なものじゃないので「これはすぐに使い物にならなくなる」と断念。本当にいいサイズだったんですよ。それから数件のお店を廻っても下駄箱が無かったり、あっても天上まであるようなサイズだったり。それでカシラに頼んで作ってもらったのです。最初はホームセンターで板から買うつもりいたのですが、なんと!板がない。あってもスタッフが「某国のやつだから、お水がこぼれたらもうダメだよ。止めた方がいいよ」と教えてくれました。その板は処理するのか?倉庫の奥の奥の奥の方にありました。それで考えた結果、殆ど廃材になろうとしていた必要のないボックスのような何とゆうか・・・でも使用している板は厚くて強かったのでそれを使うことにしました。使わなくなった天津すだれを切って戸につけました。通気性もいいし・・残っていた白とブルーのペンキを合わせてひたすら塗って・・海で拾った貝殻を強力ボンドで付けました。かかった費用はなんと!8ドル80セント。笑いが止まらない・・

   下駄箱の上にまたまたデコレーションをして仕上げました。本当に見る度に笑いが止まりません。8ドル80セントですよ・・約900円ぐらいでしょうか・・それで下駄箱が出来てしまうんですよね。ただ弱点は戸がサイズピッタリに作ってあり、私がペンキを何度も塗ったものだから開ける時に本体を押さえて戸を開けないといけないこと。でも馴れてペンキが削れてくれば大丈夫でしょう・・そこは素人とゆうことでご勘弁です。
天気:くもり時々雨、午後から快晴
気温:33度

2008年4月9日水曜日

やる気満々!

   用意したものは乾燥ローズマリー(料理で使うハーブ)「FIJI」とゆう名のミネラルウォーター。この2つで何をするのか?と言いますと、自家製の化粧水を作るのです。ご存知の方も多いかもしれませんが、先日友人から教わったものです。友人は日本酒に乾燥ローズマリーとアロエを入れて作っていますが、この化粧水の基本形は「水とローズマリー」保湿が欲しい人はグリセリンを入れるようです。サイパンでグリセリンが手に入るのか?疑問ですが・・
友人が「40代の頃はいろんな化粧品を使ってみたけど、市販のものは確かに即効性があって毛穴も閉じるけど肌が馴れてくるとまた開いてくるからその時にまた化粧品を変えて・・なんて何度もやったのね。でもこれは本当にいいのよ・・」と教えてくれました。
「毛穴が開いていると肌の老朽化も早いし・・・」「グサッ・・・」「年齢より老けて見えるし・・」「グサッ・・・」「シワも増えるし・・・」遂にめまい・・・強烈な友人の言葉を受けてやる気になったのです。サイパンの某お店で「グリセリンありますか?」と聞けば「何それ?」「油を作るようなもんですが・・・」そこで店員さんはココナッツオイルを紹介してくれました。「違う・・」「じゃこれ?」とノニオイルを見せてくれました。そうじゃない・・
グリセリンは日本で買った方がいいな・・と。でもこれって発火性?飛行機乗せられないじゃない。ってことで乳液は外せないな。面倒臭いものは全て省略したいから本当はこれ1本ですませてしまいたいところですが・・

   ローズマリーは「オーガニック」にしてみました。やっぱりね、お肌にはオーガニックでしょ・・水はサイパンで1番高いミネラルウォーターじゃないか?と思っている「FIJI」を使います。と言っても500mlで2ドル弱ですが・・・この水にこだわるのは「フィジーウォーターは産業革命より以前のこと何百年もかけて雨として降り注いだもの。火山岩によって濾過されたのち、地中より深く掘りだした井戸から集められたものです。この自然による行程は地殻を形成するのに必要とされるケイ素や鉱物を含ませフィジーウォーターの独特な柔らかな口触りをもたらせました」とボトルの裏書に書いてあったからです。「そんな凄い水ならお肌にも良いはず!」と思ったわけではなく、実は凄く単純でボトルが気に入っているからなのでした。でも飲んでも確かにウマイ!と思うのがこの水だったからとゆう理由もあります。私が選ぶ基準とはおおよそそんなモノですけど、でもマジでこの化粧水に賭けています。何を?と言われても・・・ん・・たぶん、人生?なんでや!っちゅーねん。いや!幾つになっても恋はしていたいじゃないですか。お肌が綺麗になれば恋も・・ねっ!ってカシラはどうなるの?と・・まぁ~彼もこれを使えばいいってことかな・・・お風呂上がりにパタパタ。朝の洗顔後にパタパタ・・・夢を見ることも「恋のうち」ってことで・・・

   まだ準備はしても作っていませんので何とも言えませんが、友人にもらったパック(これもこの化粧水をベースに作ったものですが)良かったのでやってみます。今回は続きそうです。何と言っても年齢と共に化粧品代も増してきますから。痛いなぁ~出費も現実も・・・
天気:晴れ
気温:33度

2008年4月8日火曜日

どうなる?サイパン

  「サイパンからハロー」の名のように元気でありたいのは山々ですが、今日はまいっています。とゆうのも、本日正午~午後2時までの停電があり今日の停電はしっかり2時間あったからもう無いだろう・・と思った午後6時~8時までの2時間また停電に面食らいました。でもね、夕飯を作る時間に平気で電力を遮断するのはどうか?と・・・この経済危機の中、みんな必死で切りつめて生活しているのにレストランなんて頻繁に行けるわけがない。まぁ~そうゆう経験から温めれば食べられる物を午前中に作って6時までにご飯を炊いて、あとはテーブルコンロで仕上げてしまえばレストランには行かなくていいのです。どうしてこんなに頻繁に停電があるのか?と申しますと・・火力発電のサイパン、発電機が6~8機あるそうです。でも作動しているのはその半分以下、あとは故障をしているとか。故障を直しても次から次へと故障して大修理するお金が電力会社に無いようです。高い光熱費を払いながら1日4時間もの停電を余議なくさせられる庶民の身にもなってくれ・・・と怒り爆発。電気代だって払うのがバカらしく思えてくるのです。そして1ガロン(3.8L)の値段は4ドル14セント。十数年前は1ドル80セント代~90セント代。その後2ドルちょっとになり3ドルを越すようになってからは一気に4ドル代まで値上がりました。電気代の基本料金は随分と値上がりした上になんでガソリンサーチャージなんて取るの?と請求書見て爆発!電力の供給が不安定だから電気家具は故障もするし・・・その修理代だってバカにならんのよ。子供達の学年末は5月。そのタイミングで島を出る人達が多かった去年・・・最近、車で走っていると「ガレージセール」の看板を見かけます。今年もどうやら島を出て行く人達は多いようです。物価は上昇、経済危機、収入は減・・・そりゃ考えるわなぁ~この状態がどのぐらい続くんだろう?
食事を作るコンロは電気が多いのですが、電気代が高いためにテーブルコンロで食事を作る家庭も増えています。コンロ用のガスボンベが飛ぶように売れています。その多くはフィリピン人の方々ですが・・でも実際にその気持ちをよく分かるけど、なぜかそこまでして島に居る事を選ばないのが日本人だったりするのでしょう・・・せめて高い電気代に似合う電力供給であって欲しいと当然の事を願っていたりしています。家庭用発電機を何百ドル~何千ドル出して買ってもガソリンが高いわけだから昔ように買う人もいないようです。
本当に困ったものです。この停電は毎日のこと、地区ごとに順にやってゆくのですが・・夜はやらないで欲しいとこれも願っていたりします。コガシラが停電をいい事に勉強しないから・・・
天気:晴れ
気温:33度

2008年4月6日日曜日

自然のままでいいのだ?

   プライベートでビーチへ行くのは半年ぶりです「今日は日曜だからそんなに人は来ていないだろう・・・」と家を出たのは正午近い時間。着いてみれば多くの家族が来ていていい場所がありません。ローカルファミリーの脇を小さくなって横切り確保したのは木が茂ってほとんど海が見えない場所。そんなわけで写真も影ができてごめんなさい。そのうえカメラは要充電マーク・・・トホホ・・・
私達の周りの家族はキャンピングテーブルあり、ビーチチェアーありの豪華ビーチピクニック。私達はその辺にある石を積み重ねて枯葉を拾い、枯木を拾ってライターでシュボッ!と点火。その後はうちわでパタパタ・・・周囲のビーチピクニック組は優雅にバーベキューコンロでパパはトングで火をならす。我が家のパパは軍手をはめて火をおこす・・優雅組の子供は海で遊びゲーム機で遊ぶ。我が家の子供は枯木を足で蹴りながら折っている。優雅組のママはサンオイルなのか日焼け止めなのかをパパに塗ってもらって海に入る。私は煙にまかれて団扇をパタパタ、汗はダラダラ・・・優雅組の食事風景はテーブルでフォークを使い会話を楽しみながらビールを飲みながら笑っている。我が家の食事風景は焼けたお肉を何らかの鉄板の上においてビールは砂の上におき、お皿を使うこともできず手でむさぼっている。テーブルとゆうものをそもそも使っていない・・・周囲の家族からビーチピクニックとゆうものを教わる。私達はサバイバルなのだ・・・きっと人類が火を使うようになった頃の食事風景はこんなものなのだろう・・・と思う。「ビーチテーブル買おうよ・・・」とカシラに嘆願する。今まで何度もビーチでBBQはしているが、私達のBBQはいつもこんなもの・・・一度は優雅にビーチピクニックをしてみたい。食事が終われば海へ直行。
体が冷えたらビーチのど真ん中でバスタオルを敷いて思いきり寝ころぶ。これはいつものこと。風に飛ばされる砂が顔に当たっても平気で爆睡できるのが私の特技。波の音を聞いていると眠くなる・・・寝ている側を誰かが通ってゆく・・でも気にしない。ご迷惑なのは、私のビキニ姿だと分っていても露出部分が多いほど日焼けもできるから止められない。世間が美白と言っていようが、シミ・ソバカス・メラニンと言っていようが私には関係ない!しかし、日本に帰るとやけにシミ・ソバカス対策のコマーシャルを見るとへこんでしまう。でも今日も爆睡して日焼けを楽しみました・・・肌も強化され、ちょっとやそっとの日焼けでも痛くも痒くもないから自分でも凄いと思う。今夜はあっさりと「ざるうどん」だな・・・そのへんはさすがに年齢を隠せない。さすがだ、昼間のお肉で胸やけしている・・・
天気:晴れ
気温:33度

2008年4月5日土曜日

夏の色


   昨日は1か月前に天国へ行ってしまった知人の奥さんの家に行って3時間程ゆっくりまったり話をしてきました。遠くに海が見える木々に囲まれたコテージ。ゆっくり吹いてくる風を感じながら芝生の上に素足を置いて思い出話や犬の話、家の周りに咲いている花の話。その家の地主の息子さん(17歳ぐらいかな?)椰子の木を抱え込むように登ってゆく。ゆっくり流れてゆく時間の中で天国から来る優しくて温かい気を感じながら・・・悲しいはずなのになぜかあの家に行くと「改めて・・」とゆうものを教えられる。何もない事でも当たり前になっている事でもとっても大事に思えるようになる。今日、海が見たくなりました。それも間近で・・ダイビングでも波と戯れる事でもなく、ただ目の前に海があって波の音を聞いて潮風を受けてただ立っていたい!と思いました。小さい頃に海が大好きになった瞬間はやっぱり海の前に立っていたよなぁ~
   やっぱり小さい頃の話・・
小学2年か3年の頃、夏休みで学校のプールへ行く午後1時。プールカードを持って水着を持って自宅から15分程の道のりで見た大きな入道雲。真っ青な空に真っ白な入道雲。今でもあの入道雲を忘れない。「雲がモクモク湧き出ている。だからクモって言うんだ・・・」なんて会話があったのかどうか定かではないけど、小さくてウブだったあの心の中にはそんなモノを感じていたような気がします。今では地球が汚染されありのままの夏の空をあまり見られなくなりました。真っ青な空が広がる夏を日本で何度見られるでしょう?私が日本に帰って見る空はなぜか霞んでいるように見えます。入道雲を見つけた日には心もウキウキします。2年前に高速道路を走っている時に滋賀県と岐阜県の県境で入道雲を見ました。嬉しくなりました。サイパンではこれからどんどん入道雲が見られます。3月下旬から気温が上がり季節風も止み、海の色も貫きに出たブルーと化し雲の形も変わってきます。この時期のサイパンが1番好きです。南国の冬から夏へと変わるこの季節が大好きです。
   クラブハウスはフィリピン海に面しています。西に向いて建物があります。マニャガハ島が正面に見えて1日に何度も色を変えるブルーの海が広がります。そのクラブハウスの裏にある道路がこの写真。向こうに見える海はフィリピン海ですが、この坂をもう少しあがると東側の太平洋が見えます。コガシラの学校送迎やビールを買いに行く時もこの道を通ります。
満月の夜にはこの道を散歩することもあります。椰子の葉が月の光に照らされてキラキラするんです。外灯が無くても月の光でめちゃくちゃ明るいのです。初めてクラブハウスにお泊りされるお客様とこの道を通る時「きゃぁ~凄い綺麗・・・」と必ず言われるのです。その瞬間がめちゃくちゃ好き。そうなんです・・この場所から最初にサイパンの海を見て欲しいから、私はこの坂道を下って行くんです。椰子の木の緑と太平洋と極めの何色ものブルーを見せてくれるフィリピン海・・・実はサイパンの中で一番景色がいい・・・と言われている場所なのです。この周辺は・・・・

2008年4月3日木曜日

暑い!とにかく暑い・・・

   今年は南国の「冬」が短かったような気がするな・・・
「あれ?あれあれ・・暑いぞ・・」と思った日から気温は上昇するばかり。午後から西に面した部屋と東に面した部屋の室内温度の差が激しく違う。
   陸から海を見れば穏やかに見えるけど、今日釣りに出掛けたおじさんの話だと沖は高波だとか・・・3mはあって波間に入れば沖からサイパンの島が見えないとの話。「本当?」と思う程に天気はよく、何がどうして高波なの?と思うぐらいなのです。週末の天気はどうかな?おじさんの話だと「天気が崩れるかもしれない・・・」と。ローカルの自然能力とゆうか、肌で感じる自然は天気予報より当たるからな。とにかく暑いです。しっかり水分を補給しないと頭が痛くなるのです。そろそろ真っ赤に咲く「火炎樹」のシーズンですな・・・
天気:晴れ
気温:33度