2008年3月30日日曜日

停電(爆)

   最近毎日停電があります。ガソリンの値上がりと同時に予想はしていたものの・・・
午後1時~3時まで、多い日には午前11時~12時も加わります。キャピタルヒルと言われるこの地区でこの時間。他の地区では時間をずらして停電させています。経済危機を発令している島ですが、この停電で役所もレストランも全て「仕事ができない」と嘆く状態。レストランは自家発電があるからそれを作動させるわけです。本当はここも大家さんが「発電機を買う」と言ってくれたんです。それは10年程前の事でしたが・・アメリカから取り寄せると言っていたのに、数か月後来たのは奥さんの大きな大きな高級車。発電機が車に化けていました。もしあの時、車ではなく発電機が来ていたらみんな停電でイライラすることは無かったのにな・・・

   今日はカシラがダイビングから戻ってくるまでに大掃除をやってしまおう!と思い、洗濯機の前に行った途端に停電・・・只今午後4時30分、掃除をしています。
高い光熱費を払いながら、この情けない電力供給の事態に日々に爆発している私でした。
前は午後5時~2時間程の停電が続き、ご飯を作る時間の停電にブッチ切れていましたがその時の事を思えば今の時間帯はマシかな・・・でも電気製品が壊れることも多いのです。電力会社に請求したところで無理な話・・・みんな泣き寝入り状態です。日本の生活の中ではこんな事はないし。どっちのスタイルが本当なんだろう?と、この状況に麻痺さえも感じ始めているこの頃です。

天気:晴れ
気温:31度

2008年3月29日土曜日

4種のプルメリア

   気温は日に日にグングン上昇。空から降り注ぐ太陽光線は何の障害もないように直接的にまっすぐに容赦なく辺りを照りつけています。と言っても5月~のような太陽光線よりもまだ優しく穏やかである今日。スッキリ晴れているし写真を撮りに出かけよう!意気込んで外出をしてみれば・・・友人から電話があり急遽予定変更で会いに行くことになりました。グアムから知人も来ていて(メールのやりとりは何度もしているのに対面は今回が初めて・・・)それで井戸端会議のようになり、延々と話し込んでしまいました。彼女のお店を出て目的地に行ってみるのですが、太陽が真上にあって狙っていた「ヤドカリ」が居ません。困った・・・諦めて帰宅の途中・・咲き始めた「プルメリア」に注目。この花は私が1番好きな花。「今日はこれでいこう!」白のプルメリアは定番ですが、私はやっぱり白が1番好きです。サイパンにあるプルメリア(私が見た限り)を写真に撮ってみました。貴方はどれが好きですか?

   黄色のプルメリアはちょっと小ぶりです。まだ満開ではなくて花びらもグンと伸びていませんが、数時間後には花びらにも張りが出て小さいながらも「稟」とした花になることでしょう。はっきりとした「レモン色」ってところでしょうか・・・島にはやはり白が多くて、黄色のプルメリアはちょっと珍しいかな?と思います。


   これも「好き」って人が多いです。
「ピンクプルメリア」私も白の次に好きな花です。可憐な感じでしょ?白のプルメリアと大きさは同じです。こちらの木は絶好調的にほぼ満開状態です。逆に咲いている花はちょっと開きすぎてしまったかな?と思うぐらい。プルメリアはしっかり開きながらも花びらの縁が隣の花びらの縁とちょっと重なっている頃が1番綺麗だし、花の香も強いんじゃないかな?と個人的に思っています。


   この赤い「プルメリア」は初めて見ました。かなり通っている道なので目には入っていると思いますが「プルメリアは白かピンクか黄色」とめちゃくちゃ頑な潜在によって完全に見過ごしていました。何事も決めつけて物事を見てはいけない・・・うん・・・
ちょっと木が痩せているのかな?花の数も多くはないし、葉も少ないのです。ここは数年前に廃墟になってしまったショッピングセンターの道路沿いの敷地に咲いていたもの。手入れをする人も居ないところにひっそりと咲いています。そこで私は思ったのです。「美しく咲くためには愛情が大切・・・」世の中の男性に告ぐ・・・?

天気:晴れ
気温:31度

2008年3月26日水曜日

やって来ました・・・

   夕日が綺麗な季節がやってきました。暑くもなってきました・・・

昨日掲載したレストランのメニューですが、スキャナーの調子が悪く今日はごめんなさい。
明日にはOKかも・・

天気:晴れ
気温:28度

2008年3月25日火曜日

新発見!ローカル料理のレストラン

    まさかの場所にレストランができました。クラブハウスから車で3分・・それも繁華街へ向かう方向とは全く逆方向・・つまり民家&ジャングル方面です。ダイビングポイントのラウラウへ行く道の途中です。去年10月頃から「家が建つのかな・・」とコガシラの学校送迎をしながら日々見ていました。ある日道に面した場所に「Dr Jack's」と書かれた看板に気がつきました。Drの文字を見て「診療所?」と勝手な思い込みをしてしまいましたが、実はレストランだったのです。モノは試しに・・・と早速、行ってみることにしました。

   迎えてくれたのは多分・・・バングラディッシュ出身じゃないかな?と思われるウエイター兼バーテンダー・・きちんとした服装に優しい笑顔でした。品のある感じだったな・・歩く時に足音をたてないし、テーブルに料理やお酒を置く時も音をたてない凄い人でした。上の写真は店内です。前にバーカウンターがあり、品の良いテーブルに椅子。ゴミ1つ落ちていません。素晴らしい・・・室内は禁煙ですが、テラスが屋外にありそこで喫煙者の方はお食事とお酒が楽しめます。

   これ・・バーカウンターの正面。
石が貼りついていて上から水が静かに流れています。「おおぉ~サイパンにもこんな洒落たものがあるんだぁ~」とかなり感動。
クラブハウスから近いからカシラは密かに企んでいました・・「ここは雰囲気もいいしクラブハウスから近いし・・迎に来れる距離だね。飲めるねぇ~」まぁ~その言葉を聞いた時に数人の酒豪のお客様のお顔がフラッシュしました。
この雰囲気でもかなり満足ですが、かなり感動したのは料理です。

   今回私が注文したのは・・・
「ココナッツ 海老天ぷら」削ったココナッツをコロモにして揚げてあります。天ぷらと書いてありましたが、食感はフライと天ぷらのハーフって感じです。大きなプリプリ海老が8匹です。噛んでいるとココナッツのほのかな香りとほのかな優しい甘さが絶妙にプリプリ感にマッチして大ヒットです。野菜炒めも生野菜を使って塩加減も抜群です。めちゃくちゃ美味しかったですよぉ~よくあるのは、メインディッシュに冷凍のミックスベジタブルが横に乗ってご飯。ここはそうゆう手抜きではなく、真面目に真剣に作ってくれています。コガシラとカシラはサラダをチョイスしました。この場合は別のお皿にサラダがあってドレッシングも別にやってきます。自分の好みの量で・・・とゆう気遣いなのです。一品料理からセット料理もあるのですが、セットメニューの場合はサラダか野菜炒めのどちらかを選び、ご飯かマッシュポテトのどちらかを選ぶように出来ています。
  オーナーのおばちゃんはローカルの元気印女性。ショートカットでなかなかお洒落な方です。 「ここはアットホームな感じのレストランを目指しているのよ。全て注文を受けてから作るから作り置きはないの。魚料理も冷凍は使わないでサイパンの海で獲れた新鮮な生のものよ。ローカル料理よ」納得・・・ココナッツも市販のものじゃなくて、ここで実を削っているからこんなに香がいいんだなぁ~とタルタルソースとよく合う海老を食べながら気持ちの良い時間を過ごしていました。
  因みに「チャモロ料理」と言いますと、フルーツバット(コウモリ)とか椰子ガニ・子豚の丸焼きとか連想されがちですが、大きなパーティーでは子豚の丸焼きがあります。でもフルーツバットも椰子ガニもある意味特殊なもの。椰子ガニは美味しいけど、保護規制で禁漁期間もあります。それにその数はかなり少なくてサイパンのレストランで生きた椰子ガニを見ることは近年ないような気がします。ローカルの方々がパーティーで食べるその料理はココナッツを上手く使った物だったり、フライドチキンだったり・・またこのフライドチキンは中がジューシーで美味しいのですが・・・基本的にローカルの女性は料理が上手だと思います。オーナーのおばちゃんが言っていたのは「サイパンは日本人が戦前から居たこともあり、ローカル料理は日本料理の味に近いものがあるの。サシミもそうだしね・・・」と。 確かにローカル料理を食べても違和感がないし、日本人の口に合う味だと思います。
  メニューを貰ってきました。明日にはちょっとそれを紹介したいと思います。それとカシラが食したもの、日本のふりかけを使った魚料理の写真も・・・

天気:晴れ
気温:28度

2008年3月18日火曜日

あっと言う間に・・・

   明日帰国されるM&Kファミリーのお母様2名と私で午後から買い物に出掛けました。
シュノーケルから体験ダイビングの毎日だったからお土産買いは女性にとってウフフ・・の時間です。ほぼ2時頃から買い物ツアーが始まり4件周ったところで時計をチェック「え!もう5時15分」の声に「うっそぉ~」でもこれもMさんのご主人から携帯に連絡が入って初めて時間を気にしたような・・・それでも4件目のお店に駆け込み1時間程物色。本当はもう2件行きたかったけどあえなく時間切れとなってしまいました。
   ローカル御用達の靴屋さん。アメリカではチェーン店ですがリーズナブルだし値段のわりにはデザインも面白いものやら可愛いもの・・そしてワイルドな物と種類も豊富。その後は隣接するように建っているカートン売りをしているお店。そして雑貨も売っている文房具店。
1つのお店に居る時間はだいたい1時間。茹るような暑さの外とは違って店内で涼む・・・しかし!車に乗った途端にサウナに入っているような暑さ。クーラーをかけるよりも窓をあけて暑い空気を出しながら移動。
   ホテルではお父様方が「お腹が空いたぁ~」と言っている子供達をなだめる・・・
お母さん達は「今日はゆっくり買い物ができる」と・・・分かる分かるその気持ち・・・・
素敵なご家族でした。有難うございました。
天気:晴れ
気温:30度

2008年3月17日月曜日

夏ですねぇ~

   1週間前程から空の色が変わってきました。貫けるような青と言いますか・・・
雲の形も夏らしくなってきました。そして何より海の色が明るいブルーへと変わっています。おきまりの温度も上昇し、日陰では涼しく陽当たりの場所では暑く、とゆう南国特有の爽やかな夏を満喫しています。今、この島では世間でニュースになっている事もあり報道人の方が多くいらっしゃっているようです。タクシーの運転手は収入が増えたと喜びのコメントを地元新聞社のインタビューで答えていました。本当はそんな話題でサイパンがクローズアップされるのはちょっと辛いけど・・・・

   今日は北東からの風がやや強く南国の冬を感じさせる空気ですがしっかり空は澄み痛いほどの陽射も実感できる1日です。短い春ですね・・来月になれば初夏を思わせるようになり、5月には長い長い真夏となってゆきます。年中夏のサイパンだけど、雲の形や空と海の色・風で季節の変わり目を知るんです。航空機の往来が極端に減ってしまったサイパンだから
料金もグアムに比べたら高いけど、グアムにはない自然とか海の美しさがあります。この海の色は近代化しているグアムには無いんだなぁ~・・「ハワイの田舎がグアム、グアムの田舎がサイパン」と例えられていますが、今ではグアムの足元にも及ばないぐらい過疎島です。
「物質的には満足しているけど、気持ち的に不自由している」と思われている方!ぜひ、これからのサイパンに遊びに来て下さい。夕日も綺麗になってきましたよ・・・・

天気:爽快 ギンギンに晴れています。
気温:28度(これからもう少し上がるでしょう・・・)

2008年3月5日水曜日

ショックでした。

   公私共にお世話になっている方のご主人が事故に巻き込まれ他界されました。
言葉もなく、気持ちを何所へ持って行っていいのか?苦しかったです。その方のお名前を出せば「ええぇ~あの人が・・・」と言われるお客様も少なくないぐらい、オーシャンクラブとその方との繋がりはあったのです。今は心より「ありがとう・・・」と・・・
島の多くの人達が彼を偲んでいます。凄い人だった。改めてそう思います。
天気:久しぶりに晴天(今年は南国の冬は短く感じます。今日の海の色も空の色も光も初夏を思わせるような色でした)