2007年9月30日日曜日

有難うございます。

   今日午前にグアムでマグネチュード7の地震があったようですが、サイパンにおいてはその地震の被害も影響もありませんでした。って言うより、全く感じることもなく普段通りのサイパンでした。心配メールを下さったお客様には個々に返信しておりますが、改めてお礼申し上げます。津波警報・注意報も発令されることもありませんでした。
ご心配おかけして申し訳ありません。
天気:曇り時々晴れ
気温:31度

2007年9月27日木曜日

ちょっとグロじゃない?

   今日はコガシラのバレーの試合があり他校へ行ってきました。ずっと連敗だったのですが今日は勝ちました。興奮したのは子供達ではなく親達だったかもしれません。試合終了後、コガシラの友人のハリソン君も同乗して一緒に帰りました。途中、文房具店へ行きシャーペンの芯を購入。店内はすっかり「ハロウィン」の仕度に入っていて棚にはその商品が並べられていました。ここは文房具店なのに年行事のグッズも沢山売っています。例えばハロウィン・サンクスギビング・クリスマス・イースター・・・それはそれは目移りしてしまうぐらいの品揃えなんです。が・・・ハロウィンの場合すねぇ~「これはどうかな?」と思うような物があり日本人の私としては戸惑ってしまうことも多々あります。去年は透明プラスティックの中で実物大ぐらいの生首が入っていて(勿論、玩具ですよ)ボタンを押すと顔が変わり頭が割れて赤インクのようなサラサラした赤い水が出てくるんです。血に見立てているんでしょうけど。
今年は置物のような心臓があり、これも実にリアルなのですが・・・ボタンを押すと心臓音がしてドクドクと動くんです。他にも慎重160cmぐらいのミイラ・ドラキュラもあります。
これがめちゃくちゃ怖くて数分も見ていられないぐらいなのです。
シャーペンの芯を買いに行っただけなのに、コガシラとハリソン君はハロウィン玩具で遊びまくり、しばらくの間そのお店に居るはめになりました。でも大人でも充分遊べるし、中には可愛いお化けや魔女のお皿やカップもあって楽しませてくれました。あと1ヶ月程でハロウィン
それが終わると店内はクリスマスムードで盛り上がってきます。
天気:曇り時々晴れ、たまに雨。
気温:30度(相変わらず湿度は高いです)

2007年9月26日水曜日

金縛り・・・後のオチ

   今まで私は3度程「金縛り」ってものを体験しました。1度目は実家で2度目は川崎に住んでいた頃のアパートで、そして3度目は2日前の夜サイパンで・・・「疲れているとなるよ」と言う人と「霊の仕業だ」と言う人。私は前者の話の方が好きですけど・・・でもこうゆう時って性格がでるんでしょうね。声を出しても声が出ない・・何をおもいついたか?と申しますと、ベッドのサイドボードにあるライトを何とかして取って上から乗っているように感じる人にぶつけて殴り倒そうとしました。でもその上からのっかている人に指示を出しているような存在も感じました。それは私の横のベッドに寝転がって見ていたのです。「あいつにライトをぶつければいいんだ!」必死でライトを取ろうとしますが、体が動きません・・30年前に亡くなった祖父がまた助けてくれました。1度目も2度目もそうでした。解放された瞬間、必死でライトを取ろうとした事もあり反射的にライトを摑んでいました。あと少しのところで横のベッドに投げようとしたのです。でもそこにはカシラが寝ていました。カシラ寸前のところでセーフ!もしあの時、カシラに投げていたら?おぉ~こわっ!私は傷害罪。カシラは?
天気:曇り時々雨
気温:30度(湿度は高く顔からカビ生えそうです)

2007年9月24日月曜日

暑かったぁ~

   今日はいきなり暑さが戻ったような・・・外に立っているだけで汗が出てきました。
セールで買った扇風機を組み立てているだけでも汗は出てきます。今日お帰りのお客様をお見送りして、シーツを洗いタオルを洗い・・・やる事は沢山あるのに、暑さにやられてなかなか動けない。カシラはいいな・・海の中は気持ちいいだろうな・・・羨ましく思う。でも帰ってきたカシラは「まだ水温が30度もある」と言っていました。6月頃の陽射しに比べればその強烈さは和らいだもののやはりサイパン、暑さは付き物です。まだまだ水分補給を怠れない日々なのでした。
天気:晴れ
気温:33度

2007年9月19日水曜日

もう・・サイコー!

   今日、日本食材のお店で素敵な豆腐を買いました。
15年前のサイパンじゃ考えられない事でした。日本の豆腐を手に入れることさえ不可能だったのに・・・今じゃ、こんな素敵なネーミングの豆腐が買えるなんて。今日お店で友人にバッタリ会い「ねぇ~この豆腐食べたことある?」と訊ねました。彼女は「あるよ。豆腐って言うよりもヨーグルトのような食感って言うのかな?沖縄の豆腐ようと豆腐の中間って言うのかな?・・ちょっと普通の豆腐とは違うんだよ。わさびと醤油を混ぜて食べると美味しいよ。私は好き・・・」豆腐好きの彼女が言いました。私も買ってみました。でも今夜はスパゲティだったので、明日以降に食してみたいと思います。「男前豆腐店」って屋号もいいな・・・
ん・・感だけど、このお豆腐屋さんはサーファーかしら?
天気:曇り時々雨
気温:30度

2007年9月13日木曜日

サイパンの天気予報

   24時間、ずっと天気予報を流しているチャンネルがあります。一昨日から雨模様のお天気。久しぶりに天気予報番組を観てみました。アメリカ本土の天気までご丁寧に流してくれていますが、肝心なサイパンの分かりやすい雲の動きになるまで数分待っていました。週間天気が発表され週末までこの雨は続きそう。もともと海に囲まれた小さな島、天気はかなり変わりやすいのですが・・・「晴れ時々曇り時々雨」なんて予報が流されることがあります。「全部じゃん!」と思いながらもピッタリそれに当てはまる天気だからビックリです。
   昔に比べサイパンも近代化したもんだなぁ~と・・・15年程前は台風が来るって時もローカルの体感(どうやら体で感じるものがあるらしいのです)それはそれは見事に当たるんです。台風が来るってゆうのに、窓に板を張ったり何か対策をしない場合は弱い台風。そんなにみんなが騒いでいなくても窓ガラスやドアに板をはったり、その対策をしていると本当に強い台風が来ていました。「台風の強弱はローカルの人達の動きを見てから・・」なんて私達も思ったものです。天気予報なんてモノはない・・航空会社から各企業に送られる天気図のファックスを見るだけで、あとは何の情報も無かった頃。お客様に「いつ晴れますか?」と聞かれても正確にお答えできることはありませんでした。それが今じゃ、週末までの天気さえ分かるし、台風の進路も強弱も全て分かります。近代化の波にさらされたローカルの人達も体感が鈍ったのか?台風が来る時でも対策しなくて酷い被害を受けることもあるし、対策をしても空振りで終わってしまったようなこともあります。
   赤道周辺で台風が発生してサイパンに上陸していた昔。今では雲がサイパン周辺で発生してその雲がサイパンを通過し北上している頃に台風になって日本へ行くような現象になっています。これも地球温暖化?
   便利になったサイパンの天気予報。台風時もこの予報でどれだけ情報が取れるようになったか・・・でも1つネックがあるんです。台風の時は停電になるので、天気予報をしていてもテレビが映らないから観ることができないんです。ハハハハ・・・・何にもならない・・
何はともあれ・・早く晴れるといいなぁ~

天気:雨時々曇り
気温:29度

2007年9月10日月曜日

泣けてきた・・・

   15年前、サイパンに来ることが決まった時に頭で描いたのは「青空の下で手を伸ばしてシーツを干す」姿でした。もの凄く漠然とした頭の中での空想描写ですが・・・それが南国での生活の象徴でした。小さな台所で椅子に腰かけて本を読みながら鍋を見ている。静かな午後で扇風機の音しか聞こえない。サイパンにいろんな夢を詰め込んでやって来た92年11月。15年経ってしまうと、最初に描いた夢が遠くなっていて思い出すのは夢とはかけ離れた現実ばかり・・・急に青空が見たくなった。家から出て空を仰いでいると涙が出てきた・・・
悲しい涙でも嬉しい涙でもない・・こんな涙は初めてだな・・
風邪をひいているからかな?
   今日は家で薬飲んでおとなしくしてなきゃ・・コンピューターに向かいちょっと調べたい事があった。ずっと項目を見ているとある名前が載っていました。「まさかぁ~」とそこをクリックすると、いきなり見覚えのある顔・・友人の彼だった人。もう20年以上も前のこと、よくみんなで遊んだ人だった。一緒に飲みに行ったり、遊びに行ったり・・・面影がたくさん残っていて、でもちょっとだけおじさんになっていた。開業医になられて今は歯科医院の院長さんに・・微笑ましく思えた。温かい風が吹いたような気がした。「お前はいつも走りよった。俺とxxと△△とお前と並んで歩いてもお前だけいつも走りよった。それでな、時々ふっと振り返りよんのや。でもそれでええんや。それでええんや」落ち込んでいた時にそんな事を言ってくれた人だった。忘れたことなかった言葉だった。それでまた泣けてきた・・・人の優しい心に触れることが多くなったこの頃・・・感謝です。
天気:晴れ時々曇り
気温:31度

2007年9月9日日曜日

ヤキモキ・・・

   今日はサイパンPICホテルでサイパンに住む子供達対象に「ビーチバレー」の試合があります。金曜にバレー部のコーチから「日曜、PICでビーチバレーのトーナメントがあるからカイ出てみない?3人まで友達誘っていいわよ」と言われたコガシラ。土曜~日曜にかけて親友の家に泊まりに行く予定をしていたコガシラ。誘われたのは嬉しいけど、お泊りもしたい。悩んでいました。カシラがダイビングから帰ってコガシラに「トーナメントには出ろ。遊びに行くのはいいけど、泊まりはダメ」と言われ、コガシラも迷っていました。土曜、カシラがまたダイビングへ行く前に「3人の子を誰にするか、決めて電話してから友達の家に行くようにカイに言っておいて。とやかく言ったら、パパがダメだ!必ず行け!って言っていたって言っておいて」と私に伝え出て行きました。コガシラが起きてきて、3人の子を決めて電話をしてみたけど不在。そのままコガシラは友人の家へ行きました。午後6:00に帰ってからすぐに3人の子に電話をすると、みんなすぐにOKでした。カシラは元バレー部。セッターをやっていたこともあり、かなり情熱的・・・コガシラに「明日はダイビングが無いから、パパが行く」と言っていました。今朝早くに2人で出掛けました。コガシラが誘ったメンバーは、クラスメイトでクリストファー君・RJ君・ラファエル君の3人。クリストファー君のお母さんは「誘ってくれて本当にありがとう。休みになると暑いからって外に出ないで家の中にいるのよ。本当、良かったわ・・・」と気候上、何処の家の子も休みは外に出ないのが悩みのタネだったんですね・・・
   どうやら2回戦まで勝ち進んだようです。今はみんなプールに入って体を冷やしてる。とカシラは言っていました。カシラも友人が来ていたりして楽しく過ごしているようです。
本当は私も今から行って応援したいけど・・・私は試合に応援に行くと必ず負けてしまうジンクスを持っているようで・・・今日は家から応援になりました。コガシラに言われるんです。バレーの試合やバスケットの試合がある度に「ママが行くの?ママが来ると負けるんだよね。パパが来ると勝つんだけど・・・ママ、できるなら来ないで・・・」と。悲しいぃ~
本当、家の中でヤキモキしながら試合が勝てるように祈るしかない私でした。頑張れ!砂に突っ込んで怪我してでも根性でボールを拾うんだよ!帰って来たら、消毒と絆創膏があるからとにかく根性でボールを拾って来い!ボールを落とすんじゃないよ!とホテル方面に向ってエールを飛ばしています。本当は試合を見ながら大声出して応援したいのに・・・・こんな時に縁起を重視するのも親心でしょうか?・・・・
天気:晴れ時々曇り
気温:31度

2007年9月7日金曜日

特別な時間

   家の玄関を入った左側の壁の小さな場所に私が好きなモノを集結させました。壁に掛けてある絵はカレンダーから切り取ったものです。気が向いた時に絵を変えています。と言っても「海」と「オールドハワイアン」の6枚程ですが・・
マーケットで買ったデコレーション用のヒトデ。サングラス・間接照明に椰子の葉、貝殻が数個。アロマオイルは「OCEAN WIND」
   なんて気取っているように思えますが、実はこのスペースだけなのです。目で見てイライラしないのは・・・あとはコガシラとカシラが散らかしてくれます。私は毎日掃除をしなきゃならんのです。家がすっきりしているのは、コガシラが学校から帰って来るまでの時間。そこにカシラが数時間後に加われば、雷の1つや2つ落ちることになります。コガシラが寝て、カシラがクラブハウスに居る時はワクワクします。散らかされた分を手っ取り早く片付けてお酒を用意して・・
部屋を暗くして間接照明の灯りとアロマオイルをつけて、好きなヴォーカリストのDVDを見るのです。私の特別な時間なのでした。つい調子にのって、お客様から頂いた泡盛の古酒を1本空けてしまったことがありました。海が近くにあっても、日常の生活の中でなかなか海へ行く時間を持てないのが現実。せめて1人になった夜だけは、サイパンを満喫させてくれぇ~!
   今もコガシラはPCを広げてリビングのテーブルは片隅に・・・飲んだお水のボトルはそのままに、ヘッドホンも床にありソファーに座らずダイニングテーブルの椅子を持ち出しそれに腰掛けてテレビゲームをしています。カシラはソファーに横になり、本を読んでいますが足元にはシワになったTシャツが。背もたれのクッションは原型を留めていない状態のように波打っています。きっと絶対に必ず2人はこのまま寝室へ行きます。今日は金曜日、明日は学校がありません。コガシラよ!早く寝てくれ・・・と願うけど、只今サイパン時間22:55。私の方が眠くなってきました。今日もまた間接照明は点けられることなく、夜は終わってゆくのです。
天気:晴れ時々曇り、スコール有り
気温:31度

2007年9月6日木曜日

秋ですかねぇ~

   暦の上では9月は秋ですよね・・・ここ数年、9月はまだまだ夏の色を多く残して秋にはほど遠い気候ではありますけど。台風9号が東海~関東に接近中とのこと、この地域にいらっしゃる方々はどうぞお気をつけ下さい。
   南の島にもやはり季節の変化があります。掃除をしていれば滴り落ちる汗、半袖やタンクトップの夏服。基本的には南国ですが、今日コガシラを迎えに行く途中、太陽の光が穏やかになったことを感じました。4~8月中旬頃までのギラギラ焼き付けるような刺さるよう陽射しではなく、太陽の光にオブラードをかけたような・・・至るところで乱反射していた光は落ち着いた光になっていました。先日までの雨は「秋の長雨」だったのでしょうか・・・
   入道雲とポップコーンのようなコロコロした雲が空に広がっています。強引な言い方をすれば、初秋と言いましょうか・・・・しかし、今朝は買い物に3軒のお店を廻りクラブハウスの掃除をしてトイレ掃除をして終わった頃に午前のダイビングを終了されたお客様が到着。
気がつけばタンクトップは汗でビショビショ・・まるでお水を被ったかのようでした。このあたりはやはり南国。しかしすぐに服を着替えなかったこともあり・・どうやら風邪をひいてしまったようです。鼻がつまってます・・・・
天気:晴れ
気温:31度

2007年9月4日火曜日

日本語・ハワイ語&チャモロ語

   KAI。コガシラの名前は「海」と書いてカイ。実はコガシラの学校に「カイ」が2人居ます。1人は1つ年上でアメリカンの男の子。一緒に写真を撮って掲載したいところですが、個人のこともありますので・・・この1つ年上の「KAI」はハワイ生まれだそうです。それで納得!カシラの友人でハワイに住むアメリカンの方の息子さんの名前は「カイカネ」コガシラと同じ歳。彼が言うには「カイカネはハワイ語で(海の男)って意味なんだよ」そこでカイはハワイ語でも「海」を示すものだと知りました。「日本語でも海(カイ)は海って意味なんだよ」と言うと驚いていました。カイカネのお父さんはやはりダイビング関係のお仕事をしていました。「いつか会わせよう!」と約束。
  同じ学校のW・KAIは同じバレー部。コーチが「KAI!」と叫べば2人が振り向く。チームメイトが「KAI!」と言えば2人が振り向く。ってわけでコガシラが「KAI K」アメリカンのKAIは「KAI S」と区別をつけるようになったとか・・先日コガシラを迎えに行くとKAI Sがコガシラに「Bye!KAI!」と言いました。コガシラも「Bye!KAI!」と言いました。笑ってしまった私。おっと!サイパンにあるダイビングポイント「ラウラウ」チャモロ語(サイパンやグアムで使われている言葉)では「豊かな」「活発な」って意味です。ハワイ語にも「ラウラウ」って言葉があるそうです。意味は「食べ物」
   因みカシラは「KIYOSHI」ですが、言いにくいそうなので「KC」と島の人に言われることがあります。「KIYOSHI」が短縮されて「KC」になったんでしょうけど・・・私が大好きなヴォーカリストも同じような呼び名があります。彼もハワイへ行ってからそうゆう呼び名をつけているので、同じような事からそうなったんでしょうかね・・知りませんが・・・
Si Yu'os Ma'ase(シ ジュウス マアセ)←チャモロ語
Mahalo    (マハロ)       ←ハワイ語
ご存知の方もいらっしゃることですが・・・上記2つは「ありがとう」です。
天気:晴れ
気温:31度

2007年9月2日日曜日

お届けしましょ・・・

  えっ~・・久しぶりのクリアーな夕日でございます。あたしゃ嬉しいね。Highになるね。夕日を眺めて炭に火を入れてワインを開けて個人BBQ(わっ!地味~地味やねぇ)今日はスペアリブを焼いたのよ。ジュージューしだしたスペアリブに塩を胡椒をパッパ!とふって、盗りたてサイパンレモン(読んで字のごとく、大家さんが庭で育てているレモンを2個ほどシッケーしたブツ)の果汁をドバーッとかけて食らいついたのです。

  夕日を眺めて海を見下ろしてこれはパラダイスの何ものでもないでしょう。 サラダをラクダのように食べていたら夕日の横の雲もラクダに見えてきました。見える?ヒトコブラクダ・・・海面にできた夕日の道には船が・・・

  台風9号が小笠原諸島に接近中だとニュースで聞きました。サイパンにこの台風の影響なのか?時々、そよ風のような西風が吹きます。でもサイパンは今日も晴れ、見事なサンセットを見せてくれたのです。この夕日を皆さんにお届けしましょ・・・
天気:晴れ
気温:32度

2007年9月1日土曜日

緊張の1日

   今日は久しぶりに朝から晴れ・・いい気分ですねぇ~・・しかし!そんな気分も束の間めちゃめちゃ恐ろしい事態に遭遇したのです。実は数年前、下水が逆流。雨が続いた時期のことでした。衛生局から派遣された清掃プロの方々が厳重な装備で家のものを全て運び出し、水洗い&消毒。家中は全て消毒してカーペットもマットも全てクリーニングへ。徹底的な仕事をしてくれたのですが、衛生局員が来て最終的な検査をしてOKが出るまで家に入ることができませんでした。どうしてこんな事が起こったのか?と言いますと、長雨で土砂がマンホール内部に入ったのも原因ですが、椰子の実が詰まっていたとか・・・どうやってそうゆうもんが入るのか全く分かりませんが。っで・・・今日はその兆候がありました。ここ数日の激しい雨や小降りの雨も含め、連日雨続き・・土砂がマンホール内に流れ込んで詰まったようです。
このマンホールはここよりも坂を上がった場所に建つ家からも流れてきます。この周辺の人達が使わないようにしても、上から流れてくるモノを止めるわけにはゆきません。
大家さんがすぐに下水を管理している会社へ電話してくれましたが・・・何ゆえ「ローカルタイム」バリバリの島です。午前中に連絡するも、バキュームカーが来て吸引してくれて、マンホール内の土砂を取り除き、清掃してくれる作業になったのは午後5時。数年前のように逆流したらヤバイってゆうか、パニックってゆうか・・ブッチ切れるってゆうか・・・トイレのそばから離れられる状態ではありません。今日観た風景?便器です、便器。大家さん、週明けにはその会社の幹部と会って怒ってくる!って意気込んでいたけど、それよりも雨が続いたら定期的に余裕のあるマンホール清掃をしてもらう交渉をした方がいいと思うけどな。
大事には至らなかったから本当にホッとしています。しかし!2007年9月1日。貴重な1日を返してくれ!便器とにらめっこは二度としたくない。想像して笑わないで下さい。トイレの芳香剤が鼻についてしまった。香りはカキ氷のイチゴです(日本から持ってきた夏期限定モノ)まぁ~ほんわかする香りではありましたが・・・この清掃でまた数年大丈夫だけど、やっぱり雨が続く時期はいけませんね・・・もう定期的に清掃してもらいましょ・・・

天気:晴れ
気温:32度